5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年1月12日 更新

大人の常識!結婚式の招待状に返信するときのマナー

そろそろ式を挙げるよ!とは聞いていても、忘れたころに急に届くのが結婚式の招待状です。返信を後回しにして、うっかり期限を過ぎてしまった!なんてことにならないために、返信ハガキの書き方に自信をつけておきましょう。

489 view お気に入り 0

返信ハガキを出すタイミング

結婚式に招待される場合は、多くの場合招待状が届く前に結婚式の日取りを伝えられていることでしょう。予定通り結婚式に出席する場合は、口頭やLINEなどで出席の意思を伝えていたとしても、速やかに返信ハガキを書いて投函します。招待状を受け取ってから2~3日、遅くても1週間以内には返信しましょう。

やむを得ず欠席する場合は、最初から出席する気がなかったと思われないために、少し時間を置いてから返信するのがベター。招待状が届いた後すぐに電話でお祝いの言葉を伝え、出席できないかもしれない旨を伝えましょう。それから欠席のハガキを出すと丁寧です。

返信ハガキの書き方で気をつけたいこと

返信ハガキは黒の筆ペンか万年筆(なければ水性のボールペン)を使って書きます。二重線を引くときはフリーハンドではなく、定規を使って真っすぐ引きましょう。手順は次の通りです。

1. 宛名の「行」や「宛」は二重線を引いて隣に「様」と書き直す
2. 出席する場合は、御出席の「御」を二重線で消し、出席に〇をつけたうえで御欠席の3文字を二重線で消す(欠席の場合は逆)
3. 余白(もしくはメッセージ欄)に招待へのお礼とお祝いの言葉を一言添える
(お祝い事に終止符は打たないという意味で、句読点を使わずに書くのが理想)
4. 御住所の「御」、御芳名の「御芳」に二重線を引き、住所と名前を記入する

欠席する場合は理由を簡単に書きますが、お祝い事に水を差さないよう弔辞の場合は「やむを得ない事情により」などとぼかして書くのがマナーです。

招待状アートが許されるのはどんな場合?

近年、新郎新婦から送られてきた返信用はがきに、凝ったイラストやデコレーションを施して返信する「招待状アート」が流行しています。しかし、送り主が会社の上司や取引先、宛先が友人本人ではなく親の名義であるなどの場合は、どんなに絵が得意でも自重すべきです。

非常識な返信で新郎新婦を不安にさせないように!

結婚式は新郎新婦の友人だけでなく、親戚や会社の上司も一堂に会する格式高いイベントです。主役の新郎新婦としては、返信ハガキも正しく書けないような友人を結婚式に招くのは怖いというのが本音でしょう。自分なりの方法で祝意を表現したいという方は、返信ハガキを常識的に返したうえで、手紙や電話をするといいのではないでしょうか。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

結婚式で乾杯の挨拶を頼まれた!マナーや禁句を知っておこう

結婚式で乾杯の挨拶を頼まれた!マナーや禁句を知っておこう

披露宴開始の音頭になると言っても過言ではない乾杯挨拶。新郎新婦をはじめ、ご両家の両親、職場関係人や知人など多くの人が集まるからこそ、マナーを押さえた挨拶をしたいものですよね。とはいえ、いざ乾杯挨拶を依頼されると慌ててしまう人が多いでしょう。そこで今回は、披露宴をスタートから盛り上げるために、乾杯挨拶のマナーや禁句例をご紹介します!
TUNAGARI編集部 | 413 view
結婚式に行くなら知っておきたいご祝儀のマナー!

結婚式に行くなら知っておきたいご祝儀のマナー!

友人や親族などの結婚式に出席する際、必要となるのがご祝儀です。一度結んだら解けないという意味を持つ、結び切りの水引の祝儀袋を使用するのが常識ですが、ご祝儀にはその他にもさまざまなマナーが存在し、知らないと恥をかいてしまう可能性があります。昔からのしきたりでもあるご祝儀のマナーを、ここでしっかりと覚えておきましょう。
TUNAGARI編集部 | 1,084 view
結局男女ともに共通している!?結婚相手に求める条件

結局男女ともに共通している!?結婚相手に求める条件

結婚相手に求める条件、というと「料理ができる女性」や「収入が安定している男性」など、男女別のものを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、男女ともに共通している“相手に求める条件”も存在します。これだけは最低限あってほしい!とみなが口をそろえて言う条件は、一体どのようなものなのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 316 view
結婚式!新郎新婦の母親もドレスの時代が到来?

結婚式!新郎新婦の母親もドレスの時代が到来?

結婚式の主役は当然新郎新婦ですが、親族顔合わせや披露宴などで人前に立つという意味では、新郎新婦の両親にとっての晴れ舞台でもあります。そんな人生で何度とない機会には、両親にも素敵な装いで参加してほしいもの。会場の格式や両家の意向と相談して、お母さんにも好きな格好をさせてあげましょう!
TUNAGARI編集部 | 234 view
【必見】2018年春夏トレンドのウェディングドレスをご紹介!

【必見】2018年春夏トレンドのウェディングドレスをご紹介!

せっかくの結婚式、素敵なウェディングドレスを着たいですよね。しかしウェディングドレスにも様々なシルエットやデザインがあって、いざ選ぶとなると迷ってしまう方も少なくないはず。ウェディングドレスにも洋服などと同様に流行があります。2018年春夏のキーワードは「デコラティブとイージーの二極化」!今回は2018年春夏に流行が予想されるウェディングドレスをご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 554 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部