5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年1月13日 更新

結婚を決意するとは、こういうこと

厚生労働省が発表した2016年の離婚率は約30%。これは、結婚したカップルの3組中1組が離婚したという結果です。日本の離婚率は年度によってバラつきが見られますが、一度は永遠を誓い合ったカップルがなぜ離婚してしまうのでしょうか?原因として、結婚に対する意識が低い、勢いで結婚してしまったなどが挙げられています。結婚してから後悔することのないように、結婚する前に最低でもこの3つは決意しておきたいものです。

307 view お気に入り 0

相手のあらゆることを受け入れること

結婚にあたり、一番と言ってもいいほど重要なことは「まず相手を受け入れること」です。相手のいいところを受け入れることは簡単ですが、欠点を受け入れることは意外と難しいもの。だからと言って、相手の欠点を責めてしまうと責められた方は、「なんやかんや言われてばかりでキツイな」と思ってしまいます。その状態が続くと、旦那さんの方は癒しを求めて他の女性のもとに行ってしまうことも。徐々に二人の間に亀裂が入り、結婚生活を続けることが困難になってしまうのです。

この状況を避けるには、相手の欠点を受け入れて、ゆっくり話合える関係を続けていく覚悟を持つことです。相手の欠点見ても、欠点と思わず話し合って改善していけるかを結婚前に考えておきたいですね。

「察してもらう」から卒業すること

女性が男性に求めることの一つに「察する」ことが挙げられています。確かに、女性側の立場になって考えて、いつも器用に察してくれる男性は素敵ですよね。しかし、男性の大半は仕事で脳みそを使い切っている場合が多く、女性がどう思っているのかまで考えが及ばない人の方が多いそうです。「仕事でへとへとになっているのに、家に帰ってからも女性の気分や要望に気づいて行動することが厳しい」と感じてしまうのでしょう。

結婚は、生活。恋愛のときのような甘い関係を望んでしまいがちですが、それよりも円滑に生活を営んでいく方が重要と言えます。自分の思っていることを相手に伝えたり、「こうしたほうがもっと良くなると思うけど、どう思う?」など提案したりと、「察して」から卒業することが必要です。

将来のビジョンを二人で共有し続けること

結婚生活がうまくいっている夫婦は、共通のビジョンを持っています。「海沿いに家を建てる」「子供は〇人」「年1回は旅行に行く」など、大きなビジョンから小さなビジョンまでありますが、結婚後のビジョンを明確に持っておくことが重要です。

二人で共通したビジョンを持つためには、コミュニケーションが必須。彼のことを理解している気になっていても、実際に話すとイメージと違った、なんてこともあるのです。結婚前にビジョンを話し合っておけば、結婚する意味も明確になります。そして結婚したら、そのビジョンのために二人で協力していくという決意が必要です。

結婚は焦らない方がいい

「早く結婚しなきゃ!」と焦って違和感を持ったまま結婚しても、結婚生活は続きません。結婚は焦って決意するものではないのです。結婚してから苦労することのないように、現実面にも目を向けて決心するようにしたいですね。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

長すぎる交際は結婚を遠ざけるって本当!?

長すぎる交際は結婚を遠ざけるって本当!?

交際期間が何年にも及びながらも最終的には結婚に至らないことを、三島由紀夫の小説のタイトルになぞらえて「長すぎる春」と呼ぶことがあります。「周りにもそんなカップルをちらほら見かける」「自分自身、そういう経験がある」という方も多いのでは? 今回はなぜ交際期間が長すぎると結婚に至らないことが多いのか、その理由に迫ります。
TUNAGARI編集部 | 246 view
いい人ばかりじゃない?マッチングアプリで男性と会う時の心構え!

いい人ばかりじゃない?マッチングアプリで男性と会う時の心構え!

近年、出会いの手段の一つとして急速に支持を拡大しつつあるマッチングアプリ。一昔前に流行ったいわゆる「出会い系」とは異なり、利用者には真剣な交際を求める人が多いのが特徴です。とはいえ、やはり利用している男性の中には良からぬ目的で出会いを求めている人も一定数いるよう……。そんな男性に引っかからないためにも、ここでマッチングアプリを使って男性と会う際の心構えについて学んでおきましょう。
TUNAGARI編集部 | 741 view
事実婚届を提出?興味深い海外の内縁関係

事実婚届を提出?興味深い海外の内縁関係

男女が入籍しないまま、夫婦同然に暮らすことを内縁といいます。内縁というと不倫や愛人などのダークなイメージが強いため最近では事実婚といったりもしますが、それはあくまでも呼称であり戸籍上は他人同士。しかし海外では様々なパートナーシップが法的に認められつつあるといいます。今回は海外における内縁関係の実態を調査してみました。
TUNAGARI編集部 | 294 view
ギャップだらけ!?結婚生活の理想と現実とは…

ギャップだらけ!?結婚生活の理想と現実とは…

誰もが憧れを持っているはずの結婚生活。好きな人と一緒に過ごす生活はさぞかし素晴らしいものなんだろうと想像したりすることもあるでしょう。しかし実際に生活が始まってみると理想と現実のギャップに「こんなはずじゃなかった…」と思うことも…!?では一体どんなところでギャップを感じるのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 6,861 view
婚活中の方必見!結婚までの交際期間が与える影響とは?

婚活中の方必見!結婚までの交際期間が与える影響とは?

多くの場合、結婚にいたるまでに恋人としての交際期間があります。ビビッと来た電撃結婚や長い年月がかかった人など、いろいろなパターンがあるはずです。では交際期間の長さは、その後の結婚生活にどのような影響を与えるのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 1,117 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部