5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年9月15日 更新

【秋の】旬を知って美味しい料理を!【味覚】

秋といえば忘れてはいけないのが味覚の秋!いつの時代も料理ができる女性に男性は惹かれるものです。秋の味覚を使った料理を覚えれば、気になる男性の胃袋を掴むことも夢ではないかもしれません。食欲の秋を思いっきり楽しみながら、自分磨きしてみませんか?

432 view お気に入り 0

里芋のジャーマンポテト風

里芋はイモ類の中でも低カロリー・低糖質。そして食物繊維やカリウムが豊富に含まれているため、腸内環境改善やむくみの解消にも効果的な食材です。さらに特有のネバネバに含まれている成分は美容や健康にもいいとされています。そんな里芋を使った料理「里芋のジャーマンポテト風」をご紹介します。

・材料(2人前)
里芋……200g
玉ねぎ……1/2個
ベーコン……2枚
にんにく……一片
オリーブオイル……適量
バター……小さじ2
塩コショウ……少々
黒コショウ……少々
パセリ……少々

1. 里芋の皮をむき、厚さ5~7mm程度の輪切りにして水にさらす。

2. にんにく、玉ねぎをスライス。ベーコンは1cm幅でカット。パセリはみじん切りにする。

3. フライパンにオリーブオイルを引き、スライスしたにんにくを入れ弱火にかける。にんにくがきれいなきつね色になったら取り出す。

4. 強火にして、よく水気を切った里芋を入れる。両面に焼き色をつけたら、蓋をして火を止めて4~5分ほど置き余熱で火を通す。

5. 里芋を取り出し、ベーコンを入れて中火で色がつくまで炒める。

6. 玉ねぎを加えて火を強めて、玉ねぎに色がついてきたら里芋を戻しバターを加えて一緒に炒める。この時に塩コショウで味を調える。

7. お皿に盛りつけて、パセリのみじん切り、取り出していたにんにくチップ、黒コショウをかけて完成。

焼きさんまのすだちしょうゆ

秋の食材の定番でもあるさんま。さんまに含まれる「DHA」と「EPA」という必須脂肪酸は、血中のコレステロール値や脂質を下げる働きをしてくれます。また脂質や糖質の代謝を促すビタミンB2も多いため、健康的にすっきりとした体づくりをするのにもピッタリの食材といえるでしょう。

・材料(2人前)
さんま……2尾
塩……少々
大根……100g
青じそ……5枚
みょうが……2個
すだち……適量
じょうゆ……適量

1. さんまの頭と尾を切り落とし3~4頭分して、内臓を取り除いた後塩水で洗い水気を切る。

2. 全体に塩をふってグリルで両面を焼く

3. 大根は5~6cmほどの長さで千切りにする。青じそも細かく千切りにしておく。

4. みょうがは縦半分に切って根元をV字に切り、薄切りにして水に2~3分つけて水気を切る。

5. 3と4を合わせる

6. 器にさんまを盛りつけ、上に5をのせる。すだちを添えてしょうゆをかけて完成。

さつまいもの豆乳グラタン

さつまいもは糖分の吸収を抑えるクロロゲン酸、腸内を整える食物繊維やヤラピン、余分な塩分を排出してむくみ解消効果が期待できるカリウムが含まれている食材です。また、食べても血糖値の上昇が緩やかな低GIの食材なので、脂肪を溜め込みにくくなっています。さつまいもは一見ダイエットには不向きなように思えますが、実はダイエットにも効果的な食材なのです。

・材料(4人前)
さつまいも……大1本
ハム(ベーコン)……3枚
にんじん……1/2本
玉ねぎ……1/2個
豆乳……300~400cc
バター……大さじ2
コンソメ……小さじ1.5
塩コショウ……少々
とろけるチーズ……お好みの量
乾燥バジル……少々
小麦粉……小さじ1
水……大さじ1

1. さつまいもをよく洗い、芽や皮の汚れた部分を取り除いた後輪切りにして水につける。

2. 玉ねぎ・にんじん・ハムをみじん切りにして、さつまいも・豆乳・バターと一緒に鍋に入れ強火にかける。

3. 沸騰してきたらコンソメを加えて、弱火で10分ほど具材が柔らかくなるまで煮る。

4. 材料が柔らかくなったら火を消して、水で溶いた小麦粉を少しずつ加えながらとろみをつける。(煮込んだ時点でとろみがついていた場合は、水溶き小麦粉を入れなくてもよい)

5. 耐熱皿に具材を盛りつけた後チーズをのせて、200℃で予熱したオーブンで15分ほど焼き乾燥バジルをふりかけて完成。

マカロニを入れる、豆乳を牛乳に変える、生クリームを加えるなどのアレンジをしても美味しくなるでしょう。

ヘルシー&美味しい旬の料理を試してみては?

秋に旬を迎える食材は、うまく食べていけば健康にもダイエットにもピッタリの食材が多いです。食欲の秋は旬の食材を使用した、ヘルシー&美味しい料理を作ってみてはいかがでしょうか。料理がうまく作れれば、男の胃袋を掴むこともできちゃうかもしれませんよ!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

誰でも気軽にできる!ダイエットにもなるエアロビクスの魅力

誰でも気軽にできる!ダイエットにもなるエアロビクスの魅力

エアロビクスは誰でも気軽に始められて、健康で美しい体を手に入れられる運動です。ここでは、エアロビクスの効果とエアロビクスを行う際の注意点についてご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 139 view
水泳で体を引き締めよう!大人になってからでも通えるスイミングスクール

水泳で体を引き締めよう!大人になってからでも通えるスイミングスクール

自分磨きとして、何か体を引き締められるスポーツを始めようと思っているのであれば、おすすめなのが水泳です。まったくの初心者であっても、スイミングスクールに通えばすぐに効果的に体を引き締められるようになるでしょう。そこで今回は、水泳を始める魅力についてご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 206 view
ストレス解消!キックボクシングで健康的なカラダを目指そう

ストレス解消!キックボクシングで健康的なカラダを目指そう

ストレスは美と健康の大敵。身も心も美しい女性になるには、いらぬストレスはできるだけ早く解消するに限ります。ストレス解消にはやはり運動が一番ですが、女性におすすめなのがキックボクシング!今回はそんなキックボクシングの魅力についてご紹介します♪
TUNAGARI編集部 | 191 view
ダイエットのモチベーションを保つにはどうしたら良い?

ダイエットのモチベーションを保つにはどうしたら良い?

美ボディを目指し、ダイエットを始めようとしている女性は少なくないはず。しかし、ダイエットは始めるよりも続けるのが難しいもの。続けるために必要なのは、高いモチベーションです。では、モチベーションを維持し続けるには、いったいどうすればいいのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 349 view
お腹だけ?顔も?お正月太りのタイプ別解消法

お腹だけ?顔も?お正月太りのタイプ別解消法

お酒を飲む機会が多く、贅沢な料理をもりもり食べがちな年末年始。この時期は食生活の乱れに加えて運動量が少なくなるので、短期間で一気に体重が増えてしまうことも少なくありません。しかし、体重の増加はぜい肉ではなく、排出されずに溜まっている水分が原因の場合も!正月太りのタイプに合わせて、もとの体型、体調を取り戻すケアを考えていきましょう。
TUNAGARI編集部 | 498 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部