5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2019年4月24日 更新

夢の新婚生活!新居選びの外せないポイントとは?

新婚カップルにとって、新居選びは新しい暮らしの場となるのでとても大切なこと。二人に必要な広さと間取りを検討し、生活設計をした上で家賃を想定しなければいけません。また、住みたい地域の相場から初期費用を見積もる必要があります。そこで今回は、新居選びのポイントや気をつけることについてご紹介します。

325 view お気に入り 0

新居選びのポイント

「マイホームを持つのが夢」という人も多いかと思います。しかし、二人のライフスタイルに合った選択をするようにしましょう。転勤の多い仕事や将来的に住みたい土地がある場合には、持ち家よりも賃貸を選んでおくと安心かもしれません。

家を購入する場合は家自体が資産になるというメリットがあります。金利が安い場合は、ローンを組むほうが家賃よりも安く済む可能性もあります。二人のライフスタイルや働き方次第で選択は変わってくるので、しっかりと話し合って将来プランをたてていきましょう。

物件を見学しに行く

インターネットなどで気に入った物件を見つけたのなら、まずは気になる物件を管理している不動産屋に連絡をして実際に物件を見学しましょう。連絡せずに不動産屋を訪れても見学ができる可能性もありますが、不動産屋に先約が入っていることもあるため、希望の物件が見学できるという確約ができません。そのため、事前に連絡を取っておくほうが確実です。

物件を早く決めたい場合には、不動産屋に電話やメールなどで事前に条件を伝えておくことで、物件見学当日におすすめの物件をいくつか見学させてもらうこともできます。物件見学を行う場合には一件や二件ではなく、いくつかの物件の見学を行い、比較するようにしましょう。

新居選びで気をつけること

共働きの夫婦は、子供ができた時のこともしっかり考えて新居探しをすることが大切です。妻が産休に入ったり、仕事を辞めて子育てに専念したりすることを考慮して、世帯の収入が減っても問題ない家賃設定をしておきましょう。また、住む場所や地域にも気をつける必要があります。子供ができた時のことを想定するなら、託児所や保育園などの施設が近い所を選ぶのがよいかもしれません。また、駅やスーパーなどの位置なども忘れずにチェックしておきたいポイントです。

よく吟味して二人の暮らしやすい物件を

新居は、二人の生活の場となるので安易に考えて選ばず将来を見据えて物件を決める必要があります。二人のライフスタイルやプランに合った新居を決めて、過ごしやすい暮らしにを実現していきましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

結婚するなら見極めたいケチと倹約家の違い!

結婚するなら見極めたいケチと倹約家の違い!

結婚をするならどうしても考えておかなければならないのがお金について。浪費家というのは問題外ですが、ケチというのも困ってしまいますよね。しかし、そこで悩んでしまうのがケチと倹約家の境界線ではないでしょうか。そこで今回は、ケチと倹約家の違いについてご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 55 view
離婚裁判の流れと有利に進めるためのポイント

離婚裁判の流れと有利に進めるためのポイント

夫との離婚話がこじれて裁判に発展した場合は、いったいどんなことをすればいいのでしょうか?離婚裁判の流れと裁判を有利に進めるためのポイントをご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 54 view
近年増加中の事実婚とは?メリット・デメリット紹介

近年増加中の事実婚とは?メリット・デメリット紹介

近年増加傾向にある事実婚。名前くらいは聞いたことがあるという方も多いはず。なんとなく事実婚について知っている方は多いかと思いますが、事実婚の詳細やメリットやデメリットについて理解している方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、事実婚について解説していきます。
TUNAGARI編集部 | 100 view
韓国人男性との結婚ってどうなの?注意が必要!?

韓国人男性との結婚ってどうなの?注意が必要!?

近年は韓流アイドルなどが流行っていることもあり、韓国人男性と付き合いたい・結婚したいという方も少なくないはず。しかし、同じアジア圏の国とはいっても韓国と日本では文化や考え方などが大きく違います。なにも知らずに結婚してしまうと、後々後悔してしまうかも……。そこで、今回は韓国人男性との結婚について考えていきましょう。
TUNAGARI編集部 | 109 view
結婚を決意するとは、こういうこと

結婚を決意するとは、こういうこと

厚生労働省が発表した2016年の離婚率は約30%。これは、結婚したカップルの3組中1組が離婚したという結果です。日本の離婚率は年度によってバラつきが見られますが、一度は永遠を誓い合ったカップルがなぜ離婚してしまうのでしょうか?原因として、結婚に対する意識が低い、勢いで結婚してしまったなどが挙げられています。結婚してから後悔することのないように、結婚する前に最低でもこの3つは決意しておきたいものです。
TUNAGARI編集部 | 30,690 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部