5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2017年2月1日 更新

失恋した時に切り替えを早くする方法!

振られたショックはとても大きくなかなか立ち直れない人も多いのではないでしょうか?愛していればいるほどその傷は深くなります。振られたときに立ち直りを早くするにはどうすればいいのでしょうか? 今回のテーマは、失恋した時に立ち直りを早くする方法をご紹介します。

1,018 view お気に入り 0

一人で悩まない!

振られて傷心のときに一人で悩んでしまうと、更に深みにはまってしまうことに。
ですので、そうした時は友達と飲みに行ったり誰かと一緒に過ごしたりすることを心がける事が大切です。
振られたり別れたりするのは、とてもショックを受けてしまいますよね。大好きな彼だと特にショックから立ち直るのに時間が掛かります。ですので、気持ちの切り替えが大切だと思っていても、なかなかすぐにはショックから立ち直れないことあります。そんな時は友達と飲みに行ったり一人にならないように心がけましょう。
振られたばかりの時は一人でいると余計にショックから立ち直りにくくなりますので、友達と楽しむことでショックを和らげましょう。

思い切って泣くことでストレス発散

ショックを受けた時は、我慢せずに思い切って泣いてしまうのも、ショックから立ち直る良い方法になります。
涙はストレスを洗い流してくれる効果もあるといわれているので、失恋で受けたストレスを和らげてくれます。
失恋のショックは、涙をこらえて感情を殺してしまうよりも、思い切って大泣きしてショックを出してしまったほうが立ち直るのにはよほど効果的です。

気分転換をしましょう

振られた後に気持ちを切り替えるのは、切り替えようと思ってもなかなか難しいと思われる人も多いかと思います。でも、いつまでもクヨクヨしていると、さらに落ち込んで考え込んでしまいますので、そんな時は気分転換をしてみましょう。
友達と飲みに行ったり、ショッピングに行ったり、カラオケに行ったり、スポーツをしたり、気分転換になることを色々試してみることで少しずつショックが緩和されていくでしょう。

まとめ

振られたショックは中々立ち直りにくいかと思いますが、今回紹介した方法で緩和することもありますので、ぜひ試してみてくださいね。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の出会いはリゾートバイトにあり!?

夏の出会いはリゾートバイトにあり!?

夏休みなどを利用し、期間限定で行うリゾートバイト。実は、まとまったお金を稼げるだけでなく、異性との出会いも期待できる絶好の機会なんです♪そんなリゾートバイトの魅力と出会いが多い理由、出会いが多いバイト先の選び方をご紹介します!
TUNAGARI編集部 | 40 view
夏の恋は魔法か幻か……サマーマジックに気を付けて!

夏の恋は魔法か幻か……サマーマジックに気を付けて!

「ひと夏の恋」という言葉もある通り、夏は恋が一気に燃え上がり、すぐに消えてしまう儚い季節。その理由はどうやら、夏のシチュエーションが相手を実際以上に魅力的に見せる「サマーマジック」にあるようです。夏限りで終わる恋で時間を無駄にしないためには、一体どうすればいいのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 94 view
片思い中の人が失恋したら……

片思い中の人が失恋したら……

片思い中の人が失恋したと知ったとき、気の毒に思いつつ「これで自分に振り向いてもらえるかも」と期待を抱く人は多いのではないでしょうか。実際、ここで立ち居振る舞いを間違えなければ、恋愛成就の可能性はグンと跳ね上がるでしょう。では、片思い中の人が失恋したときは、どのような行動が正解なのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 477 view
幼馴染が恋愛相手になる可能性ってある?

幼馴染が恋愛相手になる可能性ってある?

なかなか出会いが見つからないと嘆いている方は多いかもしれませんが、「灯台下暗し」ということわざがあるように、運命の相手は意外と身近にいるかもしれません。たとえば、幼馴染。漫画やアニメでは幼馴染から恋愛に発展するケースはよく見ますが、実際のところはどうなのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 132 view
出会った人は「運命の人」かも?出会いを恋愛につなげるための行動とは?

出会った人は「運命の人」かも?出会いを恋愛につなげるための行動とは?

せっかく出会いがあったとしても、それを恋愛につなげることができなければ意味がありません。では、出会いを恋愛につなげるには一体どのような行動をする必要があるのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 1,416 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部