5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2017年2月1日 更新

失恋した時に切り替えを早くする方法!

振られたショックはとても大きくなかなか立ち直れない人も多いのではないでしょうか?愛していればいるほどその傷は深くなります。振られたときに立ち直りを早くするにはどうすればいいのでしょうか? 今回のテーマは、失恋した時に立ち直りを早くする方法をご紹介します。

897 view お気に入り 0

一人で悩まない!

振られて傷心のときに一人で悩んでしまうと、更に深みにはまってしまうことに。
ですので、そうした時は友達と飲みに行ったり誰かと一緒に過ごしたりすることを心がける事が大切です。
振られたり別れたりするのは、とてもショックを受けてしまいますよね。大好きな彼だと特にショックから立ち直るのに時間が掛かります。ですので、気持ちの切り替えが大切だと思っていても、なかなかすぐにはショックから立ち直れないことあります。そんな時は友達と飲みに行ったり一人にならないように心がけましょう。
振られたばかりの時は一人でいると余計にショックから立ち直りにくくなりますので、友達と楽しむことでショックを和らげましょう。

思い切って泣くことでストレス発散

ショックを受けた時は、我慢せずに思い切って泣いてしまうのも、ショックから立ち直る良い方法になります。
涙はストレスを洗い流してくれる効果もあるといわれているので、失恋で受けたストレスを和らげてくれます。
失恋のショックは、涙をこらえて感情を殺してしまうよりも、思い切って大泣きしてショックを出してしまったほうが立ち直るのにはよほど効果的です。

気分転換をしましょう

振られた後に気持ちを切り替えるのは、切り替えようと思ってもなかなか難しいと思われる人も多いかと思います。でも、いつまでもクヨクヨしていると、さらに落ち込んで考え込んでしまいますので、そんな時は気分転換をしてみましょう。
友達と飲みに行ったり、ショッピングに行ったり、カラオケに行ったり、スポーツをしたり、気分転換になることを色々試してみることで少しずつショックが緩和されていくでしょう。

まとめ

振られたショックは中々立ち直りにくいかと思いますが、今回紹介した方法で緩和することもありますので、ぜひ試してみてくださいね。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

動くなら今でしょ!寒い季節が「出会い」に向いている理由

動くなら今でしょ!寒い季節が「出会い」に向いている理由

日々素敵な出会いを探し求めている人は多いはず。そんな人たちにとって、これからの寒い時期は勝負どころであり、積極的に動くとしたら「今」なのは間違いありません。なぜなら、冬は出会いを得るのになにかと好都合な季節だからです。その理由について、これから説明していきます。
TUNAGARI編集部 | 60 view
女性からの逆ナンが成功しやすいスポットって?

女性からの逆ナンが成功しやすいスポットって?

女性から男性に声をかける逆ナン。自分にはハードルが高い!と考えている女性も多いかもしれませんが、場所や方法を選べば、できる限り自然な流れで初対面の男性と話すきっかけを作ることができます。新しい恋を始めたいなら、これから紹介するスポットでタイプの男性に声をかけてみましょう!
TUNAGARI編集部 | 64 view
気付けばアラサー!20代のうちに結婚するには?

気付けばアラサー!20代のうちに結婚するには?

「結婚したいけれど良縁に恵まれない」というアラサー女性は多いもの。実は、ゴールインのためには、NG行動・心がけたい行動がありました。20代のうちに結婚したいなら、ぜひチェックしてみましょう。
TUNAGARI編集部 | 114 view
出会いを引き寄せる髪型&メイクとは!

出会いを引き寄せる髪型&メイクとは!

「なかなかいい出会いがない!」とお悩みの方はいませんか?もしかしたら、いい出会いがない原因は髪型やメイクにもあるのかもしれません。では、出会いを引き寄せるためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。今回は、“出会いを引き寄せる”といわれているヘアスタイルやメイクを学んでみましょう。
TUNAGARI編集部 | 200 view
年末年始がチャンス!「再会恋愛」をつかむには?

年末年始がチャンス!「再会恋愛」をつかむには?

同級生や昔の同僚など、久々に会った人と恋愛に発展する「再会恋愛」。多くの人が地元に帰省する年末年始は、そのチャンスをつかむ絶好のチャンスです!今回は、恋愛のターゲットとなる知り合いと再会し、デートの約束を取り付けるために実践したい行動をご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 57 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部