5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2017年1月25日 更新

意外とやりがち!離婚の危機を引き寄せる悪い癖

人によって癖は様々ですが、治そうと思ってもなかなか治らないものが癖ですよね。実は、その癖が離婚の原因になってしまうかもしれません。結婚前から、悪い癖を見直して離婚の危機を回避しましょう!離婚の危機に繋がる悪い癖を紹介いたします。

726 view お気に入り 0

離婚率が高い!?「浪費癖」

浪費癖のある女性は、結婚前に直しておいた方がいいかもしれません。結婚は、生活を共にすること。夫婦で共同生活を送る上で、お金の管理はしっかり行う必要があります。男性は、お金を大切にしない女性のことを将来を大切にしていない人と考えてしまう傾向があり、女性がつい購入してしまう「高級化粧品」や「バッグ」、「靴」「エステ」や「美容院」、「ネイル」など、男性によっては無駄に感じる人もいるので、一度見直してみましょう。ストレス発散に浪費癖がある女性は、特に注意が必要です。結婚し、子どもを授かると、育児によりさらに想像以上にストレスは溜まっていくかもしれません。買い物以外に上手にストレスを発散できる違う何かを早めに見つけておくと良いでしょう。

誰でもありがち!?「スマホいじり」

現代病のひとつと言われるスマホいじり。実は、男性には不人気です。男性だってスマホをいじる人は多くいますが、仕事から疲れて帰宅し、夫婦団欒タイムに話を聞かずにひたすらスマホをいじる妻のことは許せないみたい。結婚したら、仕事で疲れた夫を労ってほしいと感じるものです。スマホいじりの癖のある人は、結婚前から、デート中には、いじらないように心がけておくと良いでしょう。もちろん、結婚してからも、夫の前ではできるだけ控えて!夫の話をよく聞き、目の前では、スマホを手にしないこと。そうすることで、夫婦円満の秘訣の一つになることでしょう。

「自己中な予定を入れる癖」は、離婚の危機に!

恋人時代であったとしても、勝手に予定を入れたり、ドタキャン、変更など振り回されるのは、男女ともに、嫌でしょう。結婚すると男性は特に自己中な予定の変更を嫌う傾向があります。男性の中には予定は仕事の一部であり、大切なものとして考えている方もいます。しかし、夫の予定を考えずに、「明日は外食につれてって!」や、「週末出かけるから、子守よろしく!」などと言われることを快くは思わないでしょう。妻の立場であっても自分勝手な予定を入れられるのは嫌でしょう。結婚は共同生活です。お互い譲り合いによって円満な家庭が気づかれるものです。自己中な行動をすることで、お互いの気持ちが離れてしまい、離婚に繋がる可能性が高まります。離婚の危機を回避するためにも、自己中な予定を立てる癖があれば早めに直しておきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?何か一つでも、あなたの悪い癖と一致していたら要注意。結婚したら離婚の危機を迎えてしまうかもしれません。できるだけ早い段階で意識的に直し、夫婦円満な家庭を築いていけると良いですね。男性にも同じことが言えます。お互いに悪い癖を直していけると離婚の危機を迎えずに済むことでしょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

"価値観の違い"は離婚の原因になるの?

"価値観の違い"は離婚の原因になるの?

よく離婚の原因として挙げられている「価値観の不一致」。自分たちがそれぞれ大切にしていることが大きく異なる場合「これ以上一緒に生活はできない」と感じ、離婚に至ってしまうケースが多くあります。しかし、必ずしも価値観や性格の不一致が離婚を招くわけではありません。では、離婚にならないようにするにはどのような点に気を付ければ良いのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 226 view
恋愛したいなら「話しかけやすい女性」を目指せ!

恋愛したいなら「話しかけやすい女性」を目指せ!

勇気を出して参加した婚活パーティーや、友達に誘われて行ったバーベキューなどで初対面の異性に囲まれると、緊張でついオドオドしてしまいますよね。しかし、そういった出会いの場でスマホをいじったり、ひたすら料理を食べたりしているだけでは恋愛のチャンスを逃してしまいます。恋愛を楽しみたいなら、まず男性が「話しかけやすい女性」を目指しましょう!
TUNAGARI編集部 | 553 view
カップルがケンカする原因は些細なことだった!?

カップルがケンカする原因は些細なことだった!?

恋人といっても元々は他人。一緒に過ごしていくうえでどうしてもケンカしてしまうこともあるでしょう。しかしケンカの最中はお互いにヒートアップしてしまっても、後々に思い返すと「ケンカの原因はくだらないことだった…」なんてことありませんか?そこでカップルのケンカとなりうる些細なことをピックアップしてみました。
TUNAGARI編集部 | 1,581 view
離婚調停をするときは弁護士を雇った方がいいの?

離婚調停をするときは弁護士を雇った方がいいの?

うまくいく結婚生活があれば、当然うまくいかない結婚生活もあります。夫婦生活の継続がこれ以上は不可能だと判断した場合、離婚は現実的な選択肢となるでしょう。しかし、結婚生活がうまくいかないのと同様、離婚も思うように進まない可能性は十分に考えられます。慰謝料や親権、養育費などを巡り夫と対立するケースは少なくありません。こうした状況の解決策として用いられるのが、離婚調停です。そしてこの離婚調停は、弁護士を雇うかどうかで大きく結果が変わってくる場合があります。
TUNAGARI編集部 | 419 view
あなたは”アレ”が食べられますか?離婚を決断する基準とは!?

あなたは”アレ”が食べられますか?離婚を決断する基準とは!?

憧れのウェディングドレスを着て永遠の愛を誓ったのもどこへやら…どこでボタンを掛け違えたのか、気付けば離婚を考えてしまっている…夫婦生活にはこんなこともあるかもしれません。しかし離婚と口でいうのは簡単でも、実際は人生を左右する大きな決断です。そんな大事な決断だからこそ「本当に離婚をして良いのか」「離婚を回避することはできないのか」などを考え激しく悩むことになるでしょう。今回は離婚の基準となるようなポイントをご紹介していきたいと思います。
TUNAGARI編集部 | 9,907 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部