5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2019年8月21日 更新

好きなの!?嫌いなの!?好き避けの見分け方!

恋愛において「好きだけど避けてしまう」ということは決して少なくありません。しかし、される側からすれば、気にしてくれているのか、本当に避けられているのかわからないものですよね。そこで今回は、好きだけど避けてしまう「好き避け」の見極め方について紹介していきます。

344 view お気に入り 0

好き避けとは

好き避けとは、その言葉の通り「好きだけどつい避けてしまう」ことを指す言葉です。中学生や高校生の青春真っ盛りの頃は、皆さんもこういった経験があるのではないでしょうか。ただ、大人になってもこの好き避けをしてしまう方も多いようです。

この好き避けをしっかり見抜けるかどうかで今後の恋愛の進展を大きく左右されるため、特徴をしっかりと見極められるようにしておきましょう。

好きなのになぜ避けてしまうの?

好き避けといっても、その行動をしてしまうのには様々な心理が働いています。では、その一例を見てみましょう。

気持ちをどうやって伝えたら良いのかわからない

恋愛経験が少ない方や恋愛に苦手意識を持っている方は、気持ちの使え方や行動の仕方がわからず、ついつい避けてしまうことがあるようです。また、恋愛に関して自信がないから避けてしまうというケースも……。

相手の気を惹こうとしている

「自分の気持ちに気付いてほしい」という思いから、あえて避けるような行動をとることで相手の気を惹こうとしているケースです。自分から気持ちを伝えることや素直になることは、非常に単純ではありますが難しいことですよね。

単純に恥ずかしい

好きであることを意識すると、近づくことや話すことも恥ずかしくなってしまうというケースです。「もっと一緒にいたいしたくさん話したい」という気持ちはあるけれど、恥ずかしくて避けてしまうというのは初々しい感じもしますね。

嫌われることを恐れている

好きな相手に嫌われたくないあまり、「初めから避けてしまおう」と考えてしまうケースです。特に大人の男性の場合は、プライドや今後のことを考えてしまうというのも理由の一つとなっているのかもしれません。

好き避けをしている男性のとる行動とは

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

婚活に参加する人ってどれくらい「本気」なの?

婚活に参加する人ってどれくらい「本気」なの?

婚活をしていると「この人はどの程度結婚に本気なのだろう」と不安に感じてしまう場面があるかもしれません。こちらは真剣に結婚を考えているのに、向こうが遊び半分では時間の無駄にしかならないでしょう。相手の本気度を知ることは、婚活において非常に重要な要素なのです。
TUNAGARI編集部 | 401 view
連絡先が分からないけどあの人にもう一度会いたい!そんな時は……

連絡先が分からないけどあの人にもう一度会いたい!そんな時は……

「あの人に会いたいけれど、連絡先がわからない……」そんな経験はありませんか?しかし、技術が発達した現代においても、連絡先がわからない人と会うのは至難の業。会いたい人ともう一度会うためには、どんな方法があるのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 21 view
太ももが太い原因はひとつじゃない!原因を知って効率的に痩せよう

太ももが太い原因はひとつじゃない!原因を知って効率的に痩せよう

多くの女性が悩む「太ももの太さ」。細い太ももに憧れて脚痩せしようとしても、なかなかうまくいかないという方も多いでしょう。それもそのはず、実は太ももが太い原因はひとつだけではないのです。太ももが太くなるいくつかの原因と、原因ごとにおすすめの脚痩せ方法をご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 36 view
男性から恋愛相談されたときのベストな対応とは?

男性から恋愛相談されたときのベストな対応とは?

恋愛相談といえば同性間で行われるイメージがあるかもしれませんが、時には男性から恋愛相談を持ち掛けられるケースもあります。そんなときは、どんな対応をするのが正解なのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 97 view
憧れの小顔に♡顔が大きいのが気になるなら髪形で解決

憧れの小顔に♡顔が大きいのが気になるなら髪形で解決

小顔は女性の永遠の憧れ。同じ人でも、ヘアアレンジなどで顔が小さく見えるだけでグッと素敵な印象になることがあります。今回は顔が大きいことに悩んでいる方に向けて、小顔に見せる髪型・ヘアアレンジをご紹介します♪
TUNAGARI編集部 | 128 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部