5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2019年8月13日 更新

海とプール、デートで行くならどっちがいい?

暑い夏は水遊びにぴったりな時期。夏休みは彼氏と一緒に水遊びへ行こうと計画している人が多いのではないでしょうか。そこで悩むのが、海とプールどちらへ行くかです。それぞれメリット・デメリットが異なるため、ここで詳しくご紹介していきます。

201 view お気に入り 0

海のメリット・デメリット

メリット

海のメリットは、なんといってもその開放感です。ただ水遊びをするだけでなく、自然の空気に触れ、周囲の美しい景色が楽しめるのは海ならではのポイントといえるでしょう。耳に心地よい波の音もまた、普段の都会の喧騒を忘れさせてくれます。また、海によってはスキューバダイビングやバナナボートなど、さまざまな楽しみ方ができるのも特徴です。

デメリット

海のデメリットとして、大きいのが「日焼け」のリスクです。遮るものがなく、真夏の日差しをダイレクトに浴びる海は、どれだけ日焼け止めクリームを塗っていても防ぎきれないもの。また、海は海水特有のベタベタ感があるのも見逃せません。海水や砂で肌が汚れるのは嫌という人には、海は向いていないでしょう。

プールのメリット・デメリット

メリット

プールは海に比べるとアクセスが良いケースが多く、さらに施設が清潔なため余分なストレスを感じずに済みます。また、ウォータースライダーや波の出るプールなど、さまざまな楽しめるアミューズメントがあるのも特徴。さらに屋内プールであれば、日焼けの心配が減らせるのも嬉しいポイントです。

デメリット

プール最大のデメリットといっても過言ではないのが「人の多さ」でしょう。場所によっては人が多すぎて、泳ぐどころか移動もままならない状態になる可能性もあります。また、海が基本的に無料なのに対して、プールは入場料がかかるのもデメリットでしょう。

どちらかというとプールがおすすめ!

どちらにも魅力的なポイントがある海とプールですが、働く女性に向けた総合サイト「マイナビウーマン」が、22~34歳の女性158人に「デートで行くならどっち派?」とアンケートをとったところ、「プール」と回答した女性が7割近くにもなりました。

肌のことを考えて、日焼けのリスクを軽減できるプールの方が良いと考える女性が多いようです。都心であれば、近くに設備の充実したプールが複数あるのも大きなポイントといえるでしょう。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

レングス別・浴衣デートで映えるヘアスタイル♡

レングス別・浴衣デートで映えるヘアスタイル♡

この夏、夏祭りや花火大会などで浴衣を着る機会がある方もいるはず。いつもと違う姿で彼をときめかせたいなら、ヘアスタイルにもぜひこだわりましょう♪今回は、浴衣に似合うヘアアレンジをレングス別にご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 506 view
浴衣デートをするならおさえておきたい注意点!

浴衣デートをするならおさえておきたい注意点!

夏のお出かけでは浴衣を着る機会もあることでしょう。夏ならではの浴衣は、特別な感じがして気持ちがアガること間違いなしです。しかし、普段あまり着ることがないからこそ、注意しなければいけない点も多くあります。そこで、浴衣を着るうえで気を付けておきたいポイントや、あると便利なアイテムなどを紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 4,613 view
この夏絶対行きたい!関東のオススメ花火大会3選

この夏絶対行きたい!関東のオススメ花火大会3選

夏の定番デートといえば花火大会。今年行きたい花火大会はもう決まりましたか?どこに行こうか迷っている方のために、2019年に開催される関東のオススメ花火大会を3つご紹介します♪ぜひ参考にしてみてくださいね。
TUNAGARI編集部 | 382 view
夏は涼しい場所へ!彼氏と行きたい高原スポット

夏は涼しい場所へ!彼氏と行きたい高原スポット

夏はどこへ行っても暑いものですが、できることならなるべく涼しい場所へ彼氏と行きたいと思うもの。そんなカップルたちにおすすめしたいのが国内の高原スポットです。都心などに比べて涼しく、豊かな自然と触れ合える高原は、夏に旅行するのにぴったりなスポットといえるでしょう。
TUNAGARI編集部 | 271 view
夏の婚活デートでお弁当を持って行くならココに注意!

夏の婚活デートでお弁当を持って行くならココに注意!

デートでは、ときに「お弁当を作っていく」という場面もあるはず。もし、そんな状況になったら腕によりをかけてとっておきのお弁当を作ってあげましょう。しかし、暑い夏はお弁当の持ち運びに関して、注意しなくてはいけないポイントをおさえておく必要があります。
TUNAGARI編集部 | 512 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部