5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
Keyword
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年11月30日 更新

下着の透けている女性って正直どう?男性が冷める4つのこと

流行の薄手の素材や、淡い色のボトムスはとてもおしゃれだと思います。しかし、下着が透けてしまう事が厄介です。どんなに気を付けていても、外で明るい太陽の下で見たりすると、意外と透けてしまっていることも……。人目が気になる下着の透けについて、男性はどう思っているのでしょうか。男性目線での素直な気持ちを4つ集めてみました。

6,303 view お気に入り 0

やっぱり印象はあまりよくない

・だらしない気がしてあまり好感はもてない
無防備に下着が透けて見えてしまっている姿は、男性から見てもあまり印象はよくないものです。透けないような色を選ぶことで避けられるはずなのに、努力を怠っているのはだらしないと思われてしまいます。また、男性に「わざと見せているのでは?」という疑惑も持たれる場合もあるかもしれません。どちらにせよ、あまり素敵な女性とは思われないようです。

・気を遣うからやめてほしい
下着が透けていると気付いても、やはり男性からは指摘しづらいものです。本人が気づいているのかいないのかわからないため、気まずいという印象を持たれるかもしれません。相手が指摘してもいやらしいと思われる心配もあります。そのため、男性は下着が透けているのを見つけると大いに気を遣うのです。

本能には逆らえない?ラッキーと思う気持ちも

・好みのタイプならラッキー!
女性の下着が透けていたら、自分好みの女性であればラッキーと思う男性は多いようです。好みの女性でない場合は、だらしなさや嫌悪感を抱くと言います。やはり男性にとっては見た目も重要です。

下着が透ける女性は、彼女にはしたくない!?

・自分の彼女だったらがっかりする
下着が透けている女性について、彼女にはしたくないタイプと言う男性は多いです。他人ならまだ気にしなくても、みっともない恰好を彼女にはしてほしくないと思います。また、下着が透けても平気な、だらしない女性は嫌と言う意見も少なくありません。

まとめ

どんな男性にとっても、女性の下着が透けている状態は素敵ではないという意見が目立ちます。透けにくい色や素材を選び、だらしない印象を抱かせないようにすることが大切です。出かける前には下着のチェックを忘れずにしましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

輝く笑顔に元気をもらえる♡女性アイドルを応援するメリット

輝く笑顔に元気をもらえる♡女性アイドルを応援するメリット

「女性アイドルのファンは男性が多い」というイメージがありますが、近年は女性のファンが急増中!女性ファンはいったい、どんな魅力を感じて女性アイドルを応援しているのでしょうか?女性が同性のアイドルを応援するメリットをご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 1,310 view
出会いに影響する?サバサバ感の出し過ぎには注意しよう!

出会いに影響する?サバサバ感の出し過ぎには注意しよう!

気軽にコミュニケーションができて、男女問わず多くの人間から好かれるサバサバとした女性は、憧れを抱く人が多くいるかもしれません。しかし、サバサバとした女性を目指すのであれば注意が必要です。サバサバ感をはき違えると、男性からの評価が下がり出会いに影響があるかもしれません。
TUNAGARI編集部 | 1,271 view
思いっきり笑顔になれる!歯を綺麗にできる「審美歯科」とは?

思いっきり笑顔になれる!歯を綺麗にできる「審美歯科」とは?

口の中を気にせず思いっきり笑いたい方におすすめなのが、歯を綺麗にできる審美歯科です。審美歯科の治療内容と、受診するメリットについてご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 832 view
なぜかモテる「魔性の女」の特徴とは?

なぜかモテる「魔性の女」の特徴とは?

「魔性の女」というとあまり良い印象を抱かない方もいるかと思いますが、多くの男性が惹かれてしまうのも事実。なぜ魔性の女はあんなにも男性からモテるのでしょうか?ここでは、モテたいなら見ならうべき魔性の女の特徴についてご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 1,691 view
【海外の反応】日本人女性はどんなイメージを持たれている?

【海外の反応】日本人女性はどんなイメージを持たれている?

外国人男性との交際に憧れのある方にとっては、日本人女性が海外の人からどのように思われているのか気になるところではないでしょうか?今回は、外国人男性が日本人女性にどんなイメージを抱いているかをご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 997 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部