5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
Keyword
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年9月23日 更新

いたるところでモテしぐさ!デート中に彼を惚れさせる方法伝授

バラエティ番組などでも時々紹介されている女性のモテしぐさ。テレビでは少しおおげさに扱われているかもしれませんが、男性からすると確かに女性のしぐさでモテる要素につながるものはあるようです。

1,445 view お気に入り 0

べたに髪を耳にかけてみよう

べたな方法かもしれませんが、女性が髪の毛を耳にかけるしぐさというのは男性からするとなんとも可愛く見えるものです。会話をしている何気ない瞬間に髪の毛を耳にかけるのもいいですし、特に男性がドキっとするのは食事の時食べる前に耳にかけるしぐさは好評みたいです。これと同じ効果で麺類を食べる前に髪の毛を縛る女性の姿も男性はドキっとするようです。もちろんあまりに連発するのは良くないかもしれませんから、要所要所でこの技を繰り出してみましょう。

少しずつ目を合わせる

これも王道のモテるしぐさですが、やはり目を合わせることによって男性をドキドキさせる作戦は効果的です。もちろんずっと目を見続けるのは逆にあざといと思われそうですが、ほんの数秒上目遣いで目を合わせるというのは初デートでぜひ試したいモテしぐさの一つです。特に向かい合っている場面よりもむしろ横並びの時に目を合わせるとより効果的です。

笑顔で手を振りバイバイ

デートの終わりでは最後の印象を良いものにしたいものです。男性としては最後の女性の様子が楽しそうかどうかが気になるものです。ですから別れ際にしっかりと笑顔で手を振りバイバイをするのは最強のモテしぐさと言えるでしょう。もし彼が車などで送ってくれたのであれば、車が行くまで見送るというのも男性にとっては嬉しいポイントです。どんなにデートで体力的に疲れたとしても最後の笑顔は力を振り絞ってスマイルしましょう。

まとめ

女性のちょっとしたしぐさは確かに男性にとって女の子らしさを感じる瞬間になっているようです。別段難しいことでも努力を要することでもないので、こうした方法でアピールできるならば儲けものかもしれません。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

見極めておきたい!デート中にキスをする最高のタイミング

見極めておきたい!デート中にキスをする最高のタイミング

恋人とのデート中、最高のタイミングでキスができれば2人のムードがさらに高まっていくのは間違いありません。とはいえ、いったいいつがキスをするのに適したタイミングなのか分からない人もいるでしょう。そこで今回は、デート中キスをするのに最高のタイミングなのかをご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 417 view
海とプール、デートで行くならどっちがいい?

海とプール、デートで行くならどっちがいい?

暑い夏は水遊びにぴったりな時期。夏休みは彼氏と一緒に水遊びへ行こうと計画している人が多いのではないでしょうか。そこで悩むのが、海とプールどちらへ行くかです。それぞれメリット・デメリットが異なるため、ここで詳しくご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 422 view
レングス別・浴衣デートで映えるヘアスタイル♡

レングス別・浴衣デートで映えるヘアスタイル♡

この夏、夏祭りや花火大会などで浴衣を着る機会がある方もいるはず。いつもと違う姿で彼をときめかせたいなら、ヘアスタイルにもぜひこだわりましょう♪今回は、浴衣に似合うヘアアレンジをレングス別にご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 692 view
浴衣デートをするならおさえておきたい注意点!

浴衣デートをするならおさえておきたい注意点!

夏のお出かけでは浴衣を着る機会もあることでしょう。夏ならではの浴衣は、特別な感じがして気持ちがアガること間違いなしです。しかし、普段あまり着ることがないからこそ、注意しなければいけない点も多くあります。そこで、浴衣を着るうえで気を付けておきたいポイントや、あると便利なアイテムなどを紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 4,799 view
女性からでも大丈夫!婚活デートで告白を成功させるコツ

女性からでも大丈夫!婚活デートで告白を成功させるコツ

最近では、婚活の相手に女性から告白するケースも珍しくありません。どれだけ婚活に力を入れていても、「この人と結婚したい」と心から思える人の出会いは決してありふれたものではないはず。相手の出方をじっと待つより、自分から告白をした方が早く幸せを掴めることもあります。そこで今回は、婚活で女性が告白を成功させるためのポイントをご紹介します♡
TUNAGARI編集部 | 656 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部