5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年12月16日 更新

後々困る?友達に男性を紹介してもらうデメリットとは?

友達に一度は「誰か紹介してよ」と、お願いした経験がある人は多いのではないでしょうか。友達にはお願いしやすいですが、よく考えて紹介してもらわないと後々困ってしまうかもしれません。友達に男性を紹介してもらうデメリットをご紹介していきます。

1,085 view お気に入り 0

うまくいかなかったときに気まずい

・紹介してもらった男性と合わない場合
友達に男性を紹介してもらっても、自分とは合わないことも多いです。しかも、通常であればメールをそっけなく返したり、無視したりすることもできますが、友達の友達なので無下にはできません。対応に困ることも多いようです。自分からお願いしておいて「やっぱり合わないから無理」と思っても、友達には伝えづらく、彼からの誘いも断りづらくなります。

・別れるときや別れた後
紹介してくれた友達だけでなく、共通の友達も自然と増えていくので別れづらくなります。また別れた後は、その彼や紹介してくれた友達と気まずくなってしまいがち。別れても友達との付き合いもあり、ばったり出くわしてしまう可能性も高いです。

友達に自分の情報がバレる

紹介してもらった男性と付き合うと、紹介してくれた友達にあなたの話をしたり、友達のほうから「どうなの?」という話になったりすることも多いです。どこへ行ったなどの話だけで終わればいいですが、彼にしか見せていないあなたのことや、エッチの話などが筒抜けになってしまう可能性もあります。

紹介してくれた友達に恩を返さないといけなくなる

紹介してくれた友達に恋人がいない場合は、次は自分が紹介してあげないといけない雰囲気になりやすいです。紹介してあげる人が何人もいればいいですが、「また紹介して」と恋人ができるまで何度もお願いされることも。紹介だけでなく、多少面倒なお願いでも断りづらくなるケースもあります。

まとめ

友達に男性を紹介してもらうのは比較的簡単ですが、共通の友達がいることがデメリットになることもあります。紹介してもらう際にはデメリットも含め、よく考えてからお願いするように心がけましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

嫉妬必至?彼氏に男友達を紹介するときの注意点

嫉妬必至?彼氏に男友達を紹介するときの注意点

結婚も視野に入れて交際している彼氏には、大切な友達を紹介してお互いに理解を深めてほしいもの。しかし男友達を彼氏に会わせる場合は、過去の関係や浮気を心配されないようさっぱりとした振る舞いが必要です。やましいことが一切なくても、仲がいいというだけで嫉妬する男性もいるので、彼氏に男友達を紹介する際には次のことに気をつけましょう。
TUNAGARI編集部 | 652 view
夢じゃない?自分好みのイケメンと出会う方法

夢じゃない?自分好みのイケメンと出会う方法

彼氏を作る!と決意したのはいいものの、目ぼしい彼氏候補が近くにいなければ、素敵な異性を探すことから始めなければいけません。性格が良ければどんな人でもいいと口ではいっても、どうせなら自分の理想に近い外見の人を捕まえたいというのが本音でしょう。今回は自分好みの外見の異性と本気で出会うための3ステップをご紹介します!
TUNAGARI編集部 | 730 view
同性の友達が多くいる=出会いが多い は本当か

同性の友達が多くいる=出会いが多い は本当か

「同性の友達が多ければ多いほど、異性との出会いも多い」と言う人もいれば、「いつも同性とばっかり遊ぶから、異性との出会いがない」と言う人もいます。果たして同性の友達が多くいることが、異性との出会いにつながるのでしょうか?今回は、その真相に迫ります!
TUNAGARI編集部 | 799 view
【なぜ?】友達が男性を紹介してくれない理由

【なぜ?】友達が男性を紹介してくれない理由

彼氏が欲しいと思っても、なかなかすんなり見つかるものではありません。そんな中で、彼氏を作る有効な手段が「友達に良い人を紹介してもらう」というもの。しかし「誰か紹介して」と頼んでいるのに、誰からも紹介してもらえないという人もいるのではないでしょうか。「なぜ?」と感じる方に向け、その理由を紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 4,647 view
婚活で必ず出会う「非モテ男性」の扱い方

婚活で必ず出会う「非モテ男性」の扱い方

モテる人がいればモテない人もいるのが婚活。できることならモテる男性のハートを射止めたいところですが、競争が激しくなるのは火を見るより明らかであり、時間を費やしたにもかかわらず「何の成果も得られなかった……」というパターンは十分考えられます。確実に婚活を成功させるため、狙い目なのは「非モテ男性」かもしれません。
TUNAGARI編集部 | 1,494 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部