5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年8月20日 更新

ステキな出会いは美脚から♪膝まわりをスッキリさせてモデルみたいな足になるには?

美人というと、顔立ちのキレイな女性をイメージしがちですが、本当の美人は顔だけではありません。真の美人とは、たるんでしまいがちな部分までお手入れをきちんとしている女性のことです。中でも膝まわりがスッキリしていると、しっかり自己管理ができている証に。そんな自分に手を抜かないステキな女性になれば自然と出会いが引き寄せられるはず。そこで、膝まわりスッキリの美脚になる方法をご紹介します。

866 view お気に入り 0

膝まわりはどうしてたるむの?

頑張ってダイエットしたにも関わらず、膝まわりがスッキリしないでたるんでいるという経験はありませんか?実は膝のたるみは脂肪の蓄積が原因でない場合も多いからです。そこで考えられる原因は、筋肉の衰えとむくみ。仕事が忙しかったり運動が苦手だったりすることによる運動不足で筋力が落ち代謝が悪くなっていることが理由に挙げられます。

筋肉を付けて代謝アップするには運動をすること!

筋力と代謝をあげるには、体を動かすことが一番。老廃物を外に出して栄養をきちんと摂りこみながら運動をすればむくみ知らずのしなやかな筋肉がついていきます。もし普段デスクワークが中心で動くことが少ないのなら、こまめに席を立ったり足を曲げたり伸ばしたりして少しでも代謝を助けるようにしましょう。筋肉をつけるには多少負荷を感じるような運動が必要なので、エレベーターをやめて階段を使ったり車でなく自転車を使って移動したりすると下半身の筋肉がつくと共に膝まわりもひきしまってきます。

マッサージでスッキリさせる方法も

疲れがひどくて運動する気になれない時は、プロにマッサージしてもらう方法もあります。膝まわりだけでなく脚全体のむくみ解消にも役立つ上、リラックスもできるので自分へのごほうびとしても選びたいやり方です。もしマッサージだけで膝まわりの引き締まりを保ちたいのなら、そのサロンで相談した上で定期的にマッサージを受ける必要があります。

まとめ

たるみやすい部分をキレイに保つのはとても大変なことです。でも周りと差をつけて美人に見せるには膝のスッキリはステキなアピールポイントになります。スカートの下からのぞく膝が美しいと男性はつい視線を奪われてしまうはずです。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

出会いが見つかる可能性も!バイク女子デビューしよう!

出会いが見つかる可能性も!バイク女子デビューしよう!

バイクといえば、男性の趣味という印象が強いかもしれません。しかし、TwitterやInstagramをのぞいてみれば、愛車と共にツーリングを楽しんでいる女性が意外と存在することが分かります。では、バイクにはいったいどのような魅力が詰まっているのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 227 view
次の出会いまでの自分磨き!意外と大事なヘアケア

次の出会いまでの自分磨き!意外と大事なヘアケア

古今東西、美しい髪の女性に男性は惹かれるようです。そんな美しい髪のためには、正しいヘアケアが必須です!
ママライター | 804 view
舞妓さんの上品さを学んで、レディを目指そう!

舞妓さんの上品さを学んで、レディを目指そう!

京都の祇園などの花街で、唄・踊り・三味線などの芸で宴席に興を添えることを仕事とする女性、それが「舞妓」です。彼女たちの上品で美しい所作は、女性として参考になることも多いはず!
TUNAGARI編集部 | 1,202 view
素敵な人と出会える?英会話教室のススメ

素敵な人と出会える?英会話教室のススメ

出会いの機会に恵まれずに困っている方は、英会話教室に通ってみてはいかがですか?ビジネススキルを高めたり、自分磨きをしたりするために通うイメージの強い英会話教室ですが、実は素敵な出会いがあることも。今回は、出会いを求める女性が英会話教室に通うメリットについてご紹介します♪
TUNAGARI編集部 | 28 view
春は出会いと別れの季節!良い出会いのためには良い別れ方をしよう

春は出会いと別れの季節!良い出会いのためには良い別れ方をしよう

暖かく外出しやすいのに加え、入学式や入社式などのイベントがある春は、出会いの季節とされています。現在付き合っている恋人と先はないと考えているのであれば、新たな恋を探すのにもってこいの時期といえるでしょう。ただし、良い出会いを見つけるためには、今の恋人と後腐れない別れ方をする必要があります。
TUNAGARI編集部 | 47 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部