5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年2月6日 更新

彼に嫉妬してしまう……そんなあなたに知ってほしい3つのこと

彼氏が男友達との遊びを優先したり、趣味に没頭していたり、他の女性と楽しげに会話をしている姿を見ると「自分より〇〇を優先する彼」に嫉妬してしまうもの。一度嫉妬心を抱いてしまうと、しばらく彼氏に冷たく接してしまう、という女性も少なくないでしょう。そういった行動は徐々に二人の関係にヒビを入れてしまうことになりかねません。一方で、嫉妬心をうまくコントロールすれば、ジェラシーは恋の活性剤になってくれるのです。

3,321 view お気に入り 0

嫉妬の原因

そもそもなぜ彼に嫉妬してしまうのでしょうか?それは、「彼にとって一番重要なはずの自分よりも、他のことを優先して楽しんでいる」と感じたときに嫉妬心がこみ上げてくる場合がほとんどです。そして「別に私がそばにいなくてもいいんじゃん?」とすねてしまうことに。

自分と何かを比較して嫉妬してしまったり、彼の彼女でいることに自信が持てなかったりと、彼に対してネガティブな思いを抱えたりしているときに嫉妬心が湧いてきてしまうのです。

嫉妬心をコントロールするには?

「できれば嫉妬したくないけど、毎回嫉妬してしまう自分に嫌気がさす」という女性の声も多く耳にします。実は、嫉妬心をうまくコントロールするだけで、彼との心の距離をグッと縮めることができるのです。

コントロールするための第一歩は、嫉妬している自分の感情を一度受け入れることです。多くの人は「嫉妬している自分にもイライラする」と感じるそうですが、「そうだよね、嫉妬しちゃうよね。わかるよ」などと素直に嫉妬心を受け入れることで張りつめている感情がスッと楽になります。

彼に一人の時間をプレゼントするという気持ちを持つこと

嫉妬心を受け入れたら、「嫉妬してしまうくらい彼のことが好きなんだ」という感情も受け入れてみましょう。嫉妬の矛先を彼に向けて冷たい態度をとるのではなく、彼のことを大切に思っているがゆえに抱いた感情だと、嫉妬をポジティブに捉えることが大切なのかもしれません。

大人の男性は、どれだけ大切に思っている彼女がいても「ずっと一緒にいるのはちょっと息苦しいかも……」と思う人が多いそうです。彼女を大切に思い続けたいからこそ、周りの友達や趣味なども大切にしてバランスを保とうとしているのかもしれませんね。嫉妬心を活用して、彼と心の距離を縮めたいときは、「ちょっと寂しいけど、楽しんできてね!帰ったら話聞かせて♪」など寂しさを少しだしつつ、彼のプライベートタイムを尊重してみましょう。彼に一人の時間をプレゼントすることで、「この子は大人の女性だ」と、彼にとって手放せなくなる彼女になるかもしれません。

自分も友達や家族、そして一人の時間を大切にしてみる

とはいえ、彼ばかり楽しんでいる生活が続いてしまうとイライラしたり、「やっぱり彼には私じゃない方がいいんじゃないかな」などネガティブに考えたりしてしまうものです。そんなときは、自分も友達や家族、そして趣味など一人の時間を大切に過ごしてみることをおすすめします。
自分の時間を大切にするようになると、彼がなぜ一人の時間を大切にしているのかが理解できるかもしれませんね。嫉妬心をうまくコントロールして、彼との心の距離を縮めてみてください。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハンコは傾けて押す?賛否ある大人のマナー集

ハンコは傾けて押す?賛否ある大人のマナー集

平成が終わりを迎える2019年現在においても、日本には「不合理なマナー」がたくさん存在しています。時代遅れと一蹴することもできますが、そうした不思議な慣習を大切にしている人がいるのもまた事実。相手の気遣いを尊重できるよう、代表的なマナーと、それぞれにどんな意味があるのかを知っておきましょう。
TUNAGARI編集部 | 283 view
日本の伝統文化「能」を見て感性を磨こう!

日本の伝統文化「能」を見て感性を磨こう!

日本で古来より多くの人に親しまれてきた「能」。現在でも全国に点在する能楽堂で能の舞台は開催されており、能好きの人々が足しげく鑑賞に通っています。「能は難しい」というイメージを抱いている人も多いかと思いますが、実際には初心者であっても十分に楽しむことが可能です。
TUNAGARI編集部 | 104 view
知らなきゃ恥!正しいテーブルマナー【和食編】

知らなきゃ恥!正しいテーブルマナー【和食編】

日本に生まれ育っていても、和食のときの正しいテーブルマナー(食事作法)をきちんと知らない人は決して少なくありません。「日本人なら自然に身に付いているはず。自分は特に意識していないけれど大丈夫」という思い込みで、あなたも知らない間に恥をかいているかも……?ぜひここで正しいマナーを確認し、格式高い場所でも恥ずかしくない振る舞いを身に付けておきましょう。
TUNAGARI編集部 | 417 view
ムダ毛にさようなら!脱毛で新しい自分に生まれ変わろう!

ムダ毛にさようなら!脱毛で新しい自分に生まれ変わろう!

ダイエットやメイクなど、日々自分磨きに力を入れている女性は多いかもしれませんが、忘れたくないのが「脱毛」です。せっかく美しいシルエットを手に入れても、ムダ毛をもっさり生やしていては台無し。これから暖かくなっていく季節に向けて、脱毛はしっかり施しておきましょう。
TUNAGARI編集部 | 200 view
日本の美しさを再発見できる「俳句」を始めてみよう!

日本の美しさを再発見できる「俳句」を始めてみよう!

自分磨きのため、何か新しい趣味を見つけたいと考えているのであれば「俳句」はいかがでしょうか。長い歴史を持ち、技術を習得すれば自分の気持ちをしっかり言語化につなげられる特徴を持つ俳句は、初めてみて損はありません。
TUNAGARI編集部 | 163 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部