5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2017年1月13日 更新

結婚後に夫婦間でトラブルが起きたら!?円満に解決する心得を覚えておこう!

どんなに仲の良い恋人同士でも、結婚したら何らかのトラブルは起きるはず。もし、結婚後に夫婦の間でトラブルが起きたら、あなたはどうやって解決しますか?いきなり感情的になる、というのは最もやってはいけないことです。どんな場合でも、まずは話をすることから始めましょう。今回は、是非覚えておきたい「夫婦間で起きたトラブルを円満に解決する心得」をご紹介します。

944 view お気に入り 0

お互いによく話し合うこと

結婚後のトラブル――例えば、あなたに不倫疑惑が上がったとしましょう。あなたにはもちろん心当たりなどありません。疑ってかかっている旦那に、いきなり「知らないわよ!」と食ってかかるのではなく、まずは疑っている根拠を説明してもらいましょう。話し合いの場では、あなたは常に冷静でいてください。どうしてこういう状況になったのか、一旦整理することが大切です。

誤解があれば分かりやすく弁解する

旦那の話を聞いていて、実際と食い違う点があったなら、その誤解は早めに解いておくことが肝心です。旦那が誤解していることの、実際の経緯や状況、相手との関係性などを分かりやすく説明しましょう。旦那が感情的になっていて話を聞いてくれない場合、誤解を解くための証拠を一つでも用意しましょう。弁護士に依頼されて離婚が進んでしまう状況だけは何としても避けたいところです。

自分にも非があったことを認める

自分では悪気がなかったことも、相手にとっては大きなストレスになっているということもあります。「自分は潔白だ」ということをひたすら主張するだけでは、かえって逆効果になることも。ここは、自分にも非があったこと(疑われるような言動をしたこと)を素直に認め、謝罪しましょう。どうしても上手くいかない場合、弁護士に相談してみるのも一つの手です。

まとめ

どんなケースであれ、お互いの感情をぶつけ合うことで解決することはまずありません。あなたが本当に心当たりのないことで誤解されてしまったなら、第三者を通してでもあなたにとってマイナスな結果にならない策を練りましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

結婚するにあたって、二人の間で必ず確認しておきたいこと

結婚するにあたって、二人の間で必ず確認しておきたいこと

夫婦は元々、まったく異なる環境で育った他人同士。長い間生活を共にしていれば、相手の行動が我慢ならないと感じる場面も出てくるでしょう。不満を愛情でカバーできるうちはいいものの、それも長く続くとは限りません。良好な関係をいつまでも保ち続けるには、結婚する前に双方の価値観を確認し合い、ある程度のルールを決めておくことが不可欠です。
TUNAGARI編集部 | 134 view
結婚を機に田舎で暮らす女性の心構え

結婚を機に田舎で暮らす女性の心構え

都会で生まれ育った人が、結婚を機に田舎で暮らすことになったときには心構えが必要となります。田舎のスローライフに憧れて嫁いでも、これまでの生活とのギャップに耐えられなくなる人もいます。今回は結婚をして田舎で暮らすときの心構えをご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 1,480 view
婚活中の方必見!結婚までの交際期間が与える影響とは?

婚活中の方必見!結婚までの交際期間が与える影響とは?

多くの場合、結婚にいたるまでに恋人としての交際期間があります。ビビッと来た電撃結婚や長い年月がかかった人など、いろいろなパターンがあるはずです。では交際期間の長さは、その後の結婚生活にどのような影響を与えるのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 2,254 view
何年住む?将来の家族設計にあわせて新居を探そう

何年住む?将来の家族設計にあわせて新居を探そう

夢いっぱいの新婚生活。新しい部屋・新しいキッチン。楽しいこといっぱいの新居選びです。将来はどうする?家を建てる?転勤有り?子どもは何人欲しい?それぞれの夫婦の形に合うような新居選びのポイントをまとめてみます。
TUNAGARI編集部 | 928 view
こんな嫁が気に入られる お姑さんからほめられる嫁業とは

こんな嫁が気に入られる お姑さんからほめられる嫁業とは

夢にまでみた、幸せな結婚生活!でも、ちょっとお姑さんが…。なんてことは、よく聞く話です。結婚をするからには避けて通れぬこの問題。できることならお姑さんと仲良くしたいですよね。
TUNAGARI編集部 | 3,061 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部