5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2017年12月11日 更新

その部屋で大丈夫?同棲が失敗する危険な間取り

恋人との同棲は、家具やお揃いの食器を買い揃えたり、家事の分担を決めたりと、まるで新婚のような気分が味わえますが、相手の生活習慣や生活音がストレスに感じられることもしばしばです。同棲生活を快適に過ごすには、相手の情報を遮断できる完全プライベートな空間も必要ではないでしょうか?

3,518 view お気に入り 0

ワンルーム・1Kの問題点は狭さだけじゃない?

ワンルームや1Kなど、部屋の数が少ない物件での同棲は、家にいる間ずっと相手が視界の片隅に入りこむのが難点。付き合いたてで「ひと時も離れたくない」というカップルはいいかもしれませんが、相手のいい部分も嫌な部分も丸見えの暮らしを長く続けていると、恋人としての緊張感がなくなってしまいます。また、ケンカをしても逃げ場がなく、冷静になって相手を許すことができません。そんなことで不満が溜まっていけば、同棲生活は長く続かないでしょう。

また、ワンルームや1Kの物件の多くは1人暮らしを想定して作られているため、キッチン周りに食器を置くスペースがなかったり、コンロが1口しかなかったりと家事に関わる設備が最低限に抑えられています。部屋の設備が乏しければ、彼のためにせっかく作った料理が冷めてしまう、冷蔵庫がいっぱいで残りものが保管できないなど、些細な不便があなたの家事欲を喪失させることにもなりかねません。部屋のせいで「家事のできない女」と認定されてしまっては困りものです。

広い空間なら圧迫感がないとは言っても……

1LDKは「2人の時間が大切にできる」と同棲カップルに人気の間取りですが、寝室が1部屋しかないので生活時間が違うカップルが同棲するのには不向きです。音や光で寝ている恋人を起こしてしまうことも多いので、ケンカの種を作らないためには、遅く帰ってきた方がリビングで寝るなどのルールを設ける必要があります。

また、完全に自分だけで使えるスペースがないので、恋人に見せたくないものを隠す術がありません。どんなに仲のいいカップルであっても、自分だけのプライベートルームを持っていたほうが精神の健康が保てるのではないでしょうか。

同棲の物件選びのポイントとは?

物件選びにおいて重要なのは間取りだけではありません。バスとトイレが別になっていることは、2人がストレスなく暮らすために欠かせない条件です。2人とも浴槽につかる習慣がないとしても、ユニットバスは1人が入浴している間に、もう1人はトイレを使うことができません(使ってもいいですが恋愛のドキドキは遠のいていくでしょう)。お風呂やトイレの時間はお互いが完全にリラックスできるように、空間を分けるのが賢明です。予算に余裕があれば、服を脱ぐ姿も隠すことができる脱衣所付きの物件を探してみてもいいでしょう。

同棲がうまくいく間取りは2DK以上!

同棲は、恋人と結婚して家族になっても一緒に生活できるかを見極める最終チェック。2人でテレビを見たり、食事をしたりして仲良く過ごす時間も必要ですが、1人の時間がないとリラックスできず、相手は何も悪くないのにイライラしてしまうかもしれません。お互いの性格や生活リズムを尊重し合うためには、2DKなど2人の個室が独立している物件を選んで、自分1人の時間を確保することが大切です。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「恋愛と結婚は別」の理由に迫る

「恋愛と結婚は別」の理由に迫る

多くの人が口にする言葉の一つに、「恋愛と結婚は別」があります。恋愛の先に結婚があるはずですが、実際のところ結婚は恋愛の延長線上にあるわけではないようです。では具体的に恋愛と結婚にはどのような違いがあるのでしょうか?この違いを知ったら驚くかもしれません。
TUNAGARI編集部 | 1,957 view
カップルがケンカする原因は些細なことだった!?

カップルがケンカする原因は些細なことだった!?

恋人といっても元々は他人。一緒に過ごしていくうえでどうしてもケンカしてしまうこともあるでしょう。しかしケンカの最中はお互いにヒートアップしてしまっても、後々に思い返すと「ケンカの原因はくだらないことだった…」なんてことありませんか?そこでカップルのケンカとなりうる些細なことをピックアップしてみました。
TUNAGARI編集部 | 689 view
ケンカから別れに発展…?こんなパターンは危険かも!

ケンカから別れに発展…?こんなパターンは危険かも!

付き合っていれば、どうしても避けることができないのがケンカです。付き合っていたり結婚したりしていても元々は他人なのですから、ケンカをしてしまうのは当然といっても過言ではありません。たとえケンカをしてしまっても落ち着いて話し合いや仲直りができれば「雨降って地固まる」というように、より二人の仲を深めることも可能です。しかし時にはケンカからそのまま別れに繋がってしまう可能性もあります。特にこの様なパターンのケンカは危険かもしれません……。
TUNAGARI編集部 | 690 view
彼の浮気が発覚!強い女たちのスカッとする一言集

彼の浮気が発覚!強い女たちのスカッとする一言集

「私の彼・夫は浮気なんてしない」。そう固く信じたいものですが、中には彼女や妻を浮気という最悪な形で裏切ってしまう男性もいます。浮気をされた側は、はらわたが煮えくりかえるほどの怒りがこみ上げることは言うまでもありませんね。しかし、中にはその怒りをぐっとこらえて最高の形で浮気を反省させる強い女性もいます。今回は「もしも」のことが起きたときに思い出してほしいスカッとする一言集3選をお送りします。
TUNAGARI編集部 | 2,200 view
そんなことで?彼氏の機嫌を悪くするNG言動集

そんなことで?彼氏の機嫌を悪くするNG言動集

女性には自分の感情を言葉で説明するのが得意な人が多いのに対し、男性は自分の気持ちを言葉で説明するのが苦手な人が多いといいます。急に機嫌を損ねた彼に対しては、どうして?私悪いことした?と疑問がわくものですが、女性が納得できるような答えはまず返ってこないと考え、普段から彼を不機嫌にしないために先手を打つようにしましょう。
TUNAGARI編集部 | 10,759 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部