5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2019年8月23日 更新

30過ぎからの恋愛学~モテる女に年齢は関係ない~

「30代に入ってから、どのように恋愛をしたらいいのかわからない」という悩みを抱えている方はいませんか?そんな、悩みを解決するべく、30過ぎからの恋愛学を紹介していきます。今回のテーマは「モテる女に年齢は関係ない」です。

318 view お気に入り 0

30代だから?いえ!モテに年齢は関係ありません!

男性目線で考えれば、「キレイさ」や「若々しさ」を意識するのも確かに大切でしょう。しかし、それらと同等に求められるのが、「気遣い」や「応援」といった男性を元気づけることができるスキル、そして「付き合いやすさ」です。30を過ぎてもモテる女性は、こういったポイントをしっかりとおさえている傾向にあります。30代からの恋愛は、年齢や見た目だけにとらわれず、いかにそれらを修得して周りと差をつけられるかがカギといっても過言ではありません。

30代の恋愛に必要なのは?

男性が何を求めているのかを考える

恋愛において自信を持つことは決して悪いことではありません。ただし、表面的な美しさ、今まで積み上げてきたキャリアに自信を持ち、自分を高く見積もりすぎてしまわないように注意が必要です。多くの男性が求めているのは「癒し」や「付き合いやすさ」。需要と供給がかみ合っていなければ、恋愛に発展する可能性も低くなってしまいます。

受け身から攻めの姿勢へ

若いころは受け身でいても恋愛ができたでしょう。しかし、30代に差し掛かると同年代の人たちも結婚し始めるため、自然と恋愛のチャンスも減ってしまいます。30代からの恋愛は受け身から攻めの姿勢に切り替えて、恋愛のチャンスを増やしていくことが大切です。

満点の男性はいないと心得る

基本的に理想を全て満たすような完璧な男性は存在しません。どこかしら足りない部分や、欠点があるものです。見つけることが困難な満点の男性を見つけるよりも、少し理想を下げて視野を広げて恋愛のチャンスを掴みに行きましょう。

30代の恋愛を成就させるために

30代は自活を!

女性に「家庭的な一面」を求めている男性も少なくありません。最近では30代でも実家暮らしをしている方も多くなってきましたが、家庭的なスキルを磨くためにも自活を開始してみましょう。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

30過ぎからの恋愛学~恋を見極めよう~

30過ぎからの恋愛学~恋を見極めよう~

「30代に入ってから、どのように恋愛をしたらいいのかわからない」という悩みを抱えている方はいませんか?そんな悩みを解決するべく、30過ぎからの恋愛学を紹介していきます。今回のテーマは「恋を見極めよう」です。
TUNAGARI編集部 | 206 view
30過ぎからの恋愛学~上手な恋の見つけ方~

30過ぎからの恋愛学~上手な恋の見つけ方~

「30代に入ってから、どのように恋愛をしたらいいのかわからない」という悩みを抱えている方はいませんか?そんな、悩みを解決するべく、30過ぎからの恋愛学を紹介していきます。今回のテーマは「上手な恋の見つけ方」です。
TUNAGARI編集部 | 245 view
憧れの小顔に♡顔が大きいのが気になるなら髪形で解決

憧れの小顔に♡顔が大きいのが気になるなら髪形で解決

小顔は女性の永遠の憧れ。同じ人でも、ヘアアレンジなどで顔が小さく見えるだけでグッと素敵な印象になることがあります。今回は顔が大きいことに悩んでいる方に向けて、小顔に見せる髪型・ヘアアレンジをご紹介します♪
TUNAGARI編集部 | 127 view
遠距離恋愛からの結婚もできる!遠距離恋愛を成功させるコツ

遠距離恋愛からの結婚もできる!遠距離恋愛を成功させるコツ

遠距離恋愛といえば一般的に「長続きしないもの」というイメージがあるかもしれません。しかし、ポイントをおさえて付き合いを重ねていけば、遠距離恋愛でも結婚までたどり着くことが可能です。そこで今回は、遠距離恋愛をうまく運ぶコツについて紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 142 view
婚活で重視するべき「いい意味」での“開き直り”

婚活で重視するべき「いい意味」での“開き直り”

少しでもいいご縁を求めて、日々婚活にいそしんでいるにもかかわらず、「なかなかいい結果が得られない!」と悩んでいる女性は多いかもしれません。必死でやっているのに出会いに恵まれないと、焦りは増していく一方でしょう。そんなときに大切なのは、いい意味で開き直ることかもしれません。
TUNAGARI編集部 | 179 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部