5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年12月6日 更新

好きな人とのLINEを長く続けるコツって?

「好きな人とは、できるだけ長く連絡を取り続けたい」と思う女性は多いもの。しかし、せっかくLINEをしていても、相手の反応が悪い、なぜか返信が来ないといったことに悩んではいませんか?今回は、LINEでの会話を盛り上げるコツ、やりとりを途切れさせないコツをご紹介します♡

2,681 view お気に入り 0

会話が盛り上がるオススメの話題

LINEを長く続けたいなら、二人で盛り上がれる話題が必須です!会話を盛り上げたい人には、こんな話題がオススメ♪

話題の映画や音楽

流行中の映画や音楽は、会話が弾みやすくなる話題です。たとえ彼が観たり聴いたりしていなくとも、きっと名前くらいは聞いたことがあるはず。興味がありそうなら、「一緒に観に行かない?」とデートに誘うきっかけにもなります♪

話題のグルメ

話題の飲食店・食べ物の話題もよい反応を得られそう。彼が食べたことがあるなら、「今度連れていってほしいな♡」「オススメのお店教えて!」と、会う約束につなげることもできます。

相手の趣味に関する質問

彼の趣味を知っているなら、積極的に趣味についての質問をしましょう。趣味に興味をもたれて、悪い気がする人はほとんどいません。例えば音楽好きならイチ押しアーティストを、スポーツ好きなら楽しみ方やコツを聞くなどすれば、相手の“教えたい欲”を上手にくすぐることができるでしょう。

こんなメッセージはNG!

相手からの返信がほしいなら、こんなメッセージには要注意。相手の負担を考え、面倒だと思われそうなメッセージを控えるのがカギです。

長文

LINEはメールよりチャットに近いツール。リアルタイムでテンポよく会話できるものなので、長文は「読むのも、返すのも面倒」と嫌がられがちです。送信前に、自分のメッセージが長すぎないか確認しましょう。長すぎた場合は、伝えたい要素を絞り込んでコンパクトにまとめ直して。

1つのメッセージに話題を詰め込み過ぎ

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

たまには彼氏にときめきたい!手っ取り早い方法は?

たまには彼氏にときめきたい!手っ取り早い方法は?

交際期間が長くなると、どうしてもパートナーへのときめきは薄れがち……。しかし、あまりにもときめきのない期間が続くと、「このままじゃ他の男性に浮気してしまいそう!」なんて不安になってしまいますよね。交際中の彼をまだまだ好きでいたいなら、デートや日頃の過ごし方を工夫して、「好き!」というみずみずしい感情を思い出しましょう!
TUNAGARI編集部 | 464 view
「恋の病」ってどんな症状なの?

「恋の病」ってどんな症状なの?

「恋の病」という言葉、一度は聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。しかし、具体的にどんな症状であるかまで、正確に理解している人は少ないでしょう。そもそも、恋の病とは本当に何らかの病気なのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 686 view
チョコ以外で彼氏に喜んでもらえるバレンタインのプレゼントとは?

チョコ以外で彼氏に喜んでもらえるバレンタインのプレゼントとは?

バレンタインデーといえば、一般的にチョコを好きな人や気になる人に渡す日。しかし、渡す相手が「甘いものが苦手」という場合など、チョコではなくプレゼントを贈るという方もいるのではないでしょうか。しかし、何をプレゼントしたらいいのか悩んでしまう方も少なくないはずです。そこで今回は、チョコ以外でどのようなプレゼントが男性に喜んでもらえるのかをご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 4,580 view
彼氏が喜ぶバレンタインのサプライズとは!?

彼氏が喜ぶバレンタインのサプライズとは!?

バレンタインといえば、恋人や気になる人にチョコを渡す日といっても過言ではありません。しかし、ただ渡すだけではちょっと味気ないと感じることはありませんか?また、「どうやって渡したらいいかな?」と悩んでいる方も少なくないはず。そこで今回は、男性が喜ぶチョコの渡し方についてリサーチしてみました。
TUNAGARI編集部 | 1,365 view
40代以降で出会いのチャンスがほしいならどうしたらいい?

40代以降で出会いのチャンスがほしいならどうしたらいい?

年齢を重ねると、若い頃に比べて出会いの機会が減っていくのは避けられません。しかし、40代以上の女性が恋愛できないかというと、決してそんなことはないはず。恋人がほしい、結婚したいと思う40代以上の女性は要チェックです♪
TUNAGARI編集部 | 108 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部