5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2017年12月7日 更新

寒い季節は温泉に浸かって美肌になろう!

これからどんどん寒さが増してくる季節。できることなら熱い温泉に浸かって、身も心も温まりたい……と思う人は少なくないはず。しかも温泉にはただ身体を温めるだけなく、女性にとっては喉から手が出るほど欲しい美肌をもたらす効果もあるのだとか! そこで今回は、温泉と美容の関係についてご紹介していきます。これを読めば、温泉に行きたくなること間違いなし!

131 view お気に入り 0

どうして温泉に浸かると美肌になるの?

湯船に浸かるのは同じなのに、普段のお風呂より温泉の方が美肌に効果的とされるのはなぜでしょうか。まずはそこから説明していきましょう。

体が温まりやすい

温泉には身体を温めるとされる成分(二酸化炭素、塩化ナトリウム)が入っており、普段のお風呂より保温効果があるのは間違いありません。身体が温まれば、血行が良くなり肌への栄養が行き届きやすくなります。また、肌が温まれば、デトックス効果によって新陳代謝が活発になるのも見逃せません。

肌に嬉しい成分がたっぷり

温泉には肌に嬉しい成分がたっぷり入っています。温泉の種類にもよりますが、上記でもご紹介した保温効果のある二酸化炭素や塩化ナトリウムを始め、血流アップに効果のある硫黄泉や炭酸ガスなど、美肌に欠かせない要素がいくつも入っているのです。美肌を目指すのなら、入らないわけにはいきませんね。

ストレスが解消する!

いつだって肌の大敵はストレスです。ただ残念なことに、普段の生活は仕事や家事などストレスが溜まることばかり。そんなときは、うんざりするような都会の喧騒を抜けて、静かな空間で温泉にゆっくり浸かればストレスが解消されていくのは間違いありません。ストレスが解消すれば、当然肌にも良い効果があるでしょう。

温泉の入り方にはコツがある!

温泉にやってきたとき、何も考えずにザブンと入浴してしまうのは少し待ってください。温泉に入る前のしっかりとした準備こそが、美肌への道を切り開くのです。

メイクは落としておく

温泉に入る前にメイクはしっかり落としておきましょう。温泉の成分を効率よく浸透させるために必要です。それに、ばっちりメイクをしたまま温泉に入れば湯を汚してしまいます。温泉には他の人も入りに来るため、不快な思いはさせないようにしましょう。

水分・カロリー補給

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

冬到来!美肌の大敵【乾燥】を防ぐためにおすすめの肌ケア

冬到来!美肌の大敵【乾燥】を防ぐためにおすすめの肌ケア

そろそろ乾燥が気になる季節。特にお肌の曲がり角とも言われるアラサー世代では、皮脂分泌量の変化もあり、冬の肌の乾燥は大問題です。しっとり潤ったぷるぷる肌を取り戻すためにおすすめの肌ケアの方法をご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 351 view
恋の行方を左右する!冬のスキンケアのポイント

恋の行方を左右する!冬のスキンケアのポイント

クリスマスにバレンタインデーなど、恋の行方を左右するイベントが目白押しです。しかし彼との距離を縮めるチャンスがあっても、肌荒れやテカリが気になって自分に自信が持てなかったら大変。空気が乾燥する冬はスキンケアを徹底して、自分の魅力を最大限に引き出しましょう!
TUNAGARI編集部 | 670 view
身も心もリフレッシュ!都内のオススメ銭湯特集

身も心もリフレッシュ!都内のオススメ銭湯特集

日本が世界に誇る文化「銭湯」。熱めのお風呂に浸かったあとの冷たいコーヒー牛乳は五臓六腑に染みわたる美味しさですよね。ゆっくりお風呂に入りたいけど、温泉地への旅行は忙しくてできない働く女性の自分磨きには銭湯でのデトックスがオススメです!
TUNAGARI編集部 | 383 view
「冬に太る」、全ては腸に原因があった!?3つの対処法で予防しよう

「冬に太る」、全ては腸に原因があった!?3つの対処法で予防しよう

女性がよく言う「冬になると太る」というのには、ちゃんとした原因があるって知っていましたか?実はその原因、ほとんどが皆さんの“腸”にあるといわれているんです。つまり、冬太りを解決するためには、腸内環境を整えることが第一。そのためには、腸の働きを良くすることを考えましょう。寒い冬に負けないよう、3つの対処法をご紹介いたします。
TUNAGARI編集部 | 329 view
乾燥肌にオススメ!米ぬかの美肌効果は試さなくちゃ損!

乾燥肌にオススメ!米ぬかの美肌効果は試さなくちゃ損!

米ぬかは、玄米から白米を精製するときに取れる殻の部分です。昔の日本女性は、石鹸の代わりに米ぬかで洗顔をしていました。米ぬかを使うと、現代の乾燥しやすい女性の肌にいいことがたくさんあります。米ぬかで美肌をゲットする方法を紹介します。
TUNAGARI編集部 | 397 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部