5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
Keyword
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年11月10日 更新

食事のマナーの悪さは結婚にも左右する?魚の食べ方が悪い人は要注意

食事のマナーの悪さは意外と見られているものです。ましてこれからずっと一緒に暮らしていく結婚相手となれば当然でしょう。とくに注意したいのが魚の食べ方です。食べ散らかしてしまう方は、婚活の前に見直してみましょう。

1,833 view お気に入り 0

食事のマナーがなっているかわかる魚の食べ方

食事のマナーがちゃんとできているか判断するには、魚の食べ方を見ればわかると言われています。とくに食べ方の差が出てしまうのが、サンマなど1本のまま出てくる魚料理です。切り身ならうまく食べられる人は多くいますが、サンマの姿焼きを綺麗に食べられる人は意外と少ないようです。

焼き魚を食べる方向は、頭から尾に向かってです。上の身を頭→尾の順番で食べてから、下の身を頭→尾と進むのが正しい食べ方です。上の身から下のほうに移るときに中骨を外しましょう。食べにくいからといって魚をひっくり返すのはマナー違反です。

ヒレや中骨の置き場所

焼き魚を食べるとヒレや尾、中骨など食べない部分が出てきます。最初に胸ビレや背ビレなどを外したら、お皿の隅に置いておきます。途中で外した中骨も同様に一箇所にまとめておきましょう。

食べ終わったときにはヒレ・中骨などはお皿の隅にまとめられているようにします。小骨が出たら同じように一箇所に置くと、最後に見たときお皿が綺麗に保たれているのがわかります。

焼き魚の綺麗なほぐし方

最初どこに箸を入れてよいのか迷う方も多いでしょう。頭から尾に向かって中骨に箸を入れ、背骨から上の身と下の身へと切り離しておきます。次に上の身から順番に食べていけば、身がほぐしやすく綺麗に食べられます。

上の身をすべて食べ終わったら、中骨を持ち上げて外します。このときには箸で尾の部分を折っておくと、中骨を取り出しやすくなります。頭の部分は懐紙で押さえてもよく、このやり方なら手も汚れずスマートな食べ方になります。

まとめ

魚の食べ方はその人の家柄や育て方までも出てしまうものです。魚の食べ方が悪いと、ほかのマナーまでなっていないと思われてしまうこともあります。結婚を考えている女性は最低限のマナーとして身に付けておきましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

口約束だけじゃダメ?知っておきたい「婚約」の定義や役割

口約束だけじゃダメ?知っておきたい「婚約」の定義や役割

二人の関係性が明白な結婚とは違い、婚約の定義は非常にあいまいなもの。しかし、お互いの結婚の意思を固めるためにも、万が一結婚を取りやめることになったときの処理のためにも、結婚前にはきちんと婚約することをおすすめします。今回は、意外と知られていない「婚約」のアレコレについて解説します。
TUNAGARI編集部 | 1,277 view
焦らないで!結婚してはいけないタイミングとは?

焦らないで!結婚してはいけないタイミングとは?

結婚はタイミングという言葉もありますが、結婚してはいけないタイミングというものも確かに存在します。それはいったいいつなのでしょうか?幸せな結婚ができるように、結婚してはいけないタイミングについて知っておきましょう。
TUNAGARI編集部 | 1,209 view
結婚してからはじめてわかる、一緒に暮らしにくい男性

結婚してからはじめてわかる、一緒に暮らしにくい男性

結婚したら幸せになれそうと思っていた男性の特徴が、意外に嫌なものに変わっていくことが少なくありません。婚活中なら、もう一度条件としてあげているものを見直してみましょう。
TUNAGARI編集部 | 28,100 view
より感動的な結婚式に♡プロフィールムービーの上手な作り方

より感動的な結婚式に♡プロフィールムービーの上手な作り方

二人の生い立ちや出会いのきっかけ、歩みなどを知ることができるプロフィールムービー。 パソコンのソフトを使い、自分たちで手作りする新郎新婦も増えています。ここでは、出席した人みんなが楽しめる素敵なムービーを作るコツをご紹介します♪
TUNAGARI編集部 | 736 view
理想の結婚相手「スパダリ」ってなに?

理想の結婚相手「スパダリ」ってなに?

皆さんは「スパダリ」という言葉を知っていますか?スパダリとは、「スーパーダーリン」を略した言葉。最近は、このスパダリが結婚相手の理想という声も少なくありません。いったい、スパダリとはどのような人を指すのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 1,301 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部