5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2019年3月9日 更新

花形役者で目の保養!今こそ歌舞伎にハマろう!

テレビ番組やCMで歌舞伎役者さんの活躍を見ることはあっても、実際に歌舞伎を見たことがあるという方は少ないのではないでしょうか?「話が難しそう」「チケットが高そう」と食わず嫌いをしている女性のために、歌舞伎ファン歴2年の筆者が歌舞伎の魅力をご案内します。

122 view お気に入り 0

歌舞伎とは?

歌舞伎は芝居、踊り、音楽の3要素で成り立つ舞台芸術で、400年以上続く日本の伝統芸能のひとつです。出演しているのは子役を除いて男性のみで、男性が女性を演じる「女方」などの役があるのが特徴的。顔に施す独特の化粧は「隈取り(くまどり)」と呼ばれるもので、役によって少しずつ模様が違います。

歌舞伎の演目は大きく「時代物」と「世話物」の2つに分けられます。時代物は、江戸以前の武家社会を題材にしたもので「勧進帳」などの演目が有名です。言葉遣いや時代背景がやや難しいので、時代物を見るときは形式美(舞台装置や衣装、隈取り、見得など)に注目しましょう。世話物は、江戸時代の庶民、町人の暮らしがベースになっているので、時代背景やオチの趣もわかりやすいものが多いのが特徴です。事前知識がなくても楽しめるものが多いでしょう。

ほとんどの歌舞伎公演は、昼夜でお客さんを入れ替える2部制で行われ、3つの演目を40分、80分、40分くらいの配分で上演し、その間に20~25分程度の休憩が挟まるタイムテーブルが基本です。チケット1枚で半日(3~4時間)は楽しめるので、イメージするよりコストパフォーマンスは高いでしょう。ひとつの公演に世話物と時代物がバランスよく配分されているので、演目ごとに言葉遣いや衣装、音楽の違いを楽しむのもおすすめです。

会場は?チケットは?

東銀座にある歌舞伎座は、1年を通して、毎月違った演目が上演される歌舞伎の聖地。ほかの主な座館は新橋演舞場(東京)、南座(京都)、博多座(福岡)などがあります。重厚な歌舞伎が見たい方には、60代以上の幹部俳優が主役を務め、ドラマや映画で活躍する30~50代の俳優(花形役者ともいう)が脇役で出演する「大歌舞伎」がおすすめ。花形役者が主役を務める月もあるので、気になる俳優さんが出る公演を狙ってチケットを取るといいでしょう。

多くの歌舞伎公演は、1等席が18,000円、2等席が14,000円ほどの価格で設定されています。これらの席は役者さんの表情や声が直に伝わってくるので、お値段以上に見ごたえがある席です。初めての歌舞伎なら、1枚4000円から買える3階席でも十分楽しめるでしょう。

また、3つの演目のうちひとつだけを見られる当日券の「幕見席」なら1000円程度で入手できます。席は3階席のさらに上なので舞台からは結構な距離がありますが、サラッと見てみたい方にはおすすめです。

初めての観劇の前に知っておきたいこと

2階以上の席なら、用意しておきたいのがオペラグラスです。視力が抜群に良くない限り、3階席から役者さんの細かい表情まで確認するのは難しいでしょう。

また、初めての演目を見るときは、歌舞伎に慣れている人でもイヤホンガイドを借りることが珍しくありません。セリフや音楽の意味は、舞台の進行に合わせてイヤホンガイドが解説してくれるので、舞台とイヤホンの両方に耳を澄ましましょう。耳を片方塞ぐので役者さんの声は聞き取りにくくなるものの、話が理解できなかった……という失敗が防げます。

各会場で1000~1500円ほどで売られている「筋書」も理解を助けてくれるアイテムです。配役やあらすじのほか、出演している役者さんのちょっとしたプロフィールなども載っているので、観劇後に「あの演目で、あの役を演じていた人は誰?」という疑問が解消できるでしょう。筋書を買わなくても、公演チラシの裏面にはあらすじと見どころが書いてあるので、あらかじめそれを読み込んでおくと内容がわかりやすいですよ!

まずは歌舞伎座に行ってみて!

歌舞伎は既存の考えにとらわれずに流行を取り入れ、江戸時代から止まることなく発展を続けてきました。人々を楽しませる工夫がたくさん詰まっているので、一度歌舞伎の魅力を知ったら、何度も足を運びたくなってしまうでしょう。新しい趣味が欲しい方や、楽しみながら教養を身につけたい方は、ぜひ一度歌舞伎を見に行ってみてくださいね!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本の美しさを再発見できる「俳句」を始めてみよう!

日本の美しさを再発見できる「俳句」を始めてみよう!

自分磨きのため、何か新しい趣味を見つけたいと考えているのであれば「俳句」はいかがでしょうか。長い歴史を持ち、技術を習得すれば自分の気持ちをしっかり言語化につなげられる特徴を持つ俳句は、初めてみて損はありません。
TUNAGARI編集部 | 135 view
本当に磨けている?自分磨きが恋愛につながらない理由

本当に磨けている?自分磨きが恋愛につながらない理由

日々自分磨きに精を出し、「女として輝けている!」と自信を持っている……にもかかわらず、なかなか恋愛と結びつかないと悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか。ひょっとしたらその自分磨きは、男性からするとあまり魅力に思えない、恋愛向きではないものなのかもしれません。
TUNAGARI編集部 | 1,201 view
出会いが見つかる可能性も!バイク女子デビューしよう!

出会いが見つかる可能性も!バイク女子デビューしよう!

バイクといえば、男性の趣味という印象が強いかもしれません。しかし、TwitterやInstagramをのぞいてみれば、愛車と共にツーリングを楽しんでいる女性が意外と存在することが分かります。では、バイクにはいったいどのような魅力が詰まっているのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 326 view
派手な結婚式はもう古い?「地味婚」の魅力

派手な結婚式はもう古い?「地味婚」の魅力

昨今結婚式のスタイルは多種多様になり、ひと昔前に比べると派手な結婚式が減ってきました。それは控えめな演出にするなど費用を抑えた「地味婚」が増えてきていることも要因の1つ。では、地味婚の魅力とはどういったものがあるのでしょうか?メリットを理解し、選択肢の1つにしてくださいね!
TUNAGARI編集部 | 333 view
人生において非常に重要となる「何もしない日」を作ろう!

人生において非常に重要となる「何もしない日」を作ろう!

「自分を磨くためには、常に何かしらの行動を起こし続けていなければ!」と考えている人は多いかもしれません。しかし意外にも、人生ではあえて「何もしない日」を作ることが大切です。それは、「何もしない日」を作ることが、結果的には自分を磨くことにつながるため。その理由とはいったい何でしょうか?
TUNAGARI編集部 | 228 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部