5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2019年5月18日 更新

「美人の特徴」とは?出会いに備えて知っておこう!

「美人だったら出会いにも困らないのに……」。そう思ったことはありませんか?確かに、美人は出会いに恵まれる傾向にあるかもしれません。しかし、そもそも美人とはどのような人を指すのでしょうか。出会いに備えて「美人の特徴」を知り、目指すべき方向を固めておきましょう。

573 view お気に入り 0

美人の特徴①:肌・髪がキレイ

美人の第一条件は、肌や髪がキレイなこと。肌や髪が美しいと、健康的で清潔感があるように見えて外見の印象がグッとアップし、「美人っぽい」イメージを与えることができます。

また、肌や髪の状態は、その人の生活習慣を如実に表すとされています。そのため、キレイにしていることで「きちんとした生活を送っているんだな」と思わせる効果も。普段からしっかりと手入れしておきましょう。

美人の特徴②:好感度の高いメイクやファッション

世間一般で美人とされる多くの人は、万人に愛される装いをしていることが多いもの。美人を目指すなら、まずは好感度の高いメイク、ファッションを研究して実行してみましょう。

美人に見せるポイントは、清潔感を意識することと「やりすぎない」こと。頑張りすぎた派手な装いは、かえってあか抜けない印象を与えてしまいます。ちょっぴり控えめかな?と感じるくらいのメイクやファッションで、誰からも愛されるナチュラル美人を目指しましょう。

美人の特徴③:体型に気を遣っている

美人には、太りすぎず痩せすぎていない、健康的な体型をキープしているという特徴もあります。健康的で美しい体型を維持するには、普段から食事に気を遣ったり、適度な運動をしたりといった努力が必要です。ぜひそういった習慣を身につけ、体の内側からの美しさを目指しましょう。

美人とは「自分を磨く努力を継続できる人」

肌や髪、メイクやファッション、体型などさまざまな観点から「美人とはどんな人か」を説明してきましたが、一言でまとめるなら、美人とは「自分を磨く努力を継続できる人」のことではないでしょうか。

美しい肌や髪、体型も、あか抜けて好感度の高い装いも、一朝一夕で手に入るものではありません。良いものを選び取る研究の手間や、自己管理の継続が求められます。

そういった自分磨きの努力を絶え間なく続けることで、外見はもちろん、内面もおのずと美しくなるはず。振る舞いや表情も洗練されてより美しく見え、出会いの機会も増えるのではないでしょうか。あなたもぜひ自分磨きの努力を続けて、素敵な出会いに巡り合える「美人」を目指してみては?
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

肌がうるおう保湿ケアを!正しい化粧水のつけ方!

肌がうるおう保湿ケアを!正しい化粧水のつけ方!

お肌のケアをするうえで欠かせない化粧水。多くの方は化粧水でしっかりとお肌の保湿ケアを行っているはず。しかし、化粧水による保湿ケアは正しく行わなければ、逆にお肌にダメージを与えてしまう可能性があります。そこで今回は、正しい化粧水のつけ方をご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 289 view
美白だけじゃない!ビタミンCの美肌効果とは?

美白だけじゃない!ビタミンCの美肌効果とは?

美白に効く栄養素と聞いて、誰もが思い浮かべるのがビタミンC。実は美白だけでなくさまざまな効果・効能をもつ、肌にとっては万能の栄養素なんです。意外と知られていない、その驚くべき効果とは?
TUNAGARI編集部 | 251 view
うっかり日焼け!そんなときは正しいスキンケアで肌をいたわって

うっかり日焼け!そんなときは正しいスキンケアで肌をいたわって

「紫外線が美容の大敵」というのはもはや常識。しかし、いくら気を付けていても日焼けしてしまうときはありますよね。そんなときは、直後からのスキンケアがとても重要!日焼けをしてしまったときの正しいスキンケアをご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 76 view
梅雨のメイク崩れを防ぐコツは?

梅雨のメイク崩れを防ぐコツは?

湿度の高くなる梅雨はメイクのヨレや崩れが気になる季節……。かといってメイクをしないわけにもいきませんよね。では梅雨のメイク崩れを防ぐためにはどういった対策をすればよいのでしょうか。今回は梅雨のメイク崩れを防ぐコツをご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 102 view
湿度が高い梅雨も大事な肌の保湿!インナードライに注意!

湿度が高い梅雨も大事な肌の保湿!インナードライに注意!

梅雨は湿度も高く肌の乾燥とは無縁の季節のように感じるかもしれませんが、決してそうではありません。湿度が高くなる梅雨から夏にかけては、肌のインナードライに注意する必要があります。では、インナードライとはどういったものなのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 114 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部