5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
Keyword
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年8月23日 更新

愛される女子と愛されない女子はどこが違う!?

彼氏が出来て幸せな気持ちになるけれど、いつのまにか彼氏に浮気をされてしまったりして、不幸になってしまうといった女子も少なくはないのでしょうか。しかし中にはずっと彼氏に愛され続けて、幸せを持続している女子もいます。今回はその違いについて詳しく紹介します。

4,832 view お気に入り 0

■自己肯定感が低いと愛されない女子に!

愛されない女子に共通して言える事は、自己肯定感の低さです。そのため親友と呼べる人がいない方や、居場所がないと常に感じている方は、要注意です。なぜならこういった傾向にある人は、彼氏が出来ると彼氏自体が親友といった存在になってしまうため、彼氏にとって気持ちが重く感じてしまうのです。こういった状況を避けるためにも、何でも相談出来る女友達を作っておく事が重要なポイントになります。彼氏が出来るとどうしても彼氏しか見えないといた女子は多く、友人との時間がなくなってしまう傾向にあります。そういった状況にならないためにも注意しておきましょう。

■愛される女子になるために!

愛される女子になるためには、まず自分自身を好きになる事です。つまり自分自身を全て受け入れる事で、楽しめる事が多くなります。なかなか自分を好きになれないという方は、どんな小さな事でも毎日心地よいと思う事を続ける事をしていきましょう。そうすると楽しい気持ちになっていき、次第に心が満たされていきます。そのため彼氏が出来ても、否定的な気持ちになってり、消極的な気持ちになったりする事はありません。つまり彼氏も気持ちが重くなる事なく、自然と愛される女子になっていくでしょう。

■プラス思考は、幸せを呼ぶ

マイナス思考だと、一緒にいてても楽しい時間を過ごす事が出来ません。ずっとクヨクヨして悩んでいると、彼氏も次第に面倒臭くなってしまい嫌われてしまいます。そうなってしまわないためにも、プラス思考を心掛けていきましょう。プラス思考でいると、一緒にいてる方も楽しい気持ちになり、楽しい時間を過ごす事が出来ます。落ち込んだ時には、適度に彼氏に頼るようにするのがポイントです。そうする事で、彼氏はあなたに対して守ってあげたいという気持ちも芽生えてきます。しっかりと立ち直る事が出来る女子の方が、彼氏も気疲れしないですむでしょう。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

なぜかモテる「魔性の女」の特徴とは?

なぜかモテる「魔性の女」の特徴とは?

「魔性の女」というとあまり良い印象を抱かない方もいるかと思いますが、多くの男性が惹かれてしまうのも事実。なぜ魔性の女はあんなにも男性からモテるのでしょうか?ここでは、モテたいなら見ならうべき魔性の女の特徴についてご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 1,103 view
一瞬で結婚対象外・・。男性から結婚NGを出されてしまう女性の特徴4つ

一瞬で結婚対象外・・。男性から結婚NGを出されてしまう女性の特徴4つ

恋愛と結婚は別だとよく言われますが、結婚したくないと男性が感じる女性の特徴はどんなものなのでしょうか。特徴を理解して、結婚対象外にされる前に改善していきたいですね。ここでは、男性が一瞬で結婚対象外にしてしまう女性の特徴をご紹介いたします。
TUNAGARI編集部 | 17,112 view
女性の憧れ!ウェディングドレスのシルエット別の特徴とは

女性の憧れ!ウェディングドレスのシルエット別の特徴とは

結婚式では純白のウェディングドレスを着たい!多くの女性の憧れですよね。みんなから「素敵!」と言われるために、気を付けるべきドレス選びのポイントやシルエットごとの特徴、似合う体型をまとめました。
TUNAGARI編集部 | 5,406 view
第一印象で、育ちが悪いと思われる女性の特徴

第一印象で、育ちが悪いと思われる女性の特徴

「育ちが悪いと思われたくない」と思うのは自然なことですよね。同性にも異性にも敬遠される原因となってしまうためです。第一印象で育ちが悪いと思われることは、婚活中の女性にとって大きなダメージ。当てはまることがないか、チェックしてみてくださいね!
TUNAGARI編集部 | 3,312 view
婚活では狙い目!?結婚に焦っている男性の特徴とは

婚活では狙い目!?結婚に焦っている男性の特徴とは

女性と同じく、結婚に焦りを感じている男性も当然ながらいます。婚活においては、結婚に焦りを感じる男性は狙い目。ぜひ結婚に焦る男性の特徴を知り、ターゲットを絞りましょう。
TUNAGARI編集部 | 884 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部