5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年7月26日 更新

夏休みは近場で過ごそう!都内から電車で行けるおすすめの避暑地

夏休みの旅行先は、もう決まりましたか?飛行機に乗って遠出もいいですが、移動時間は短いほうが疲れなくて済みますし、交通費も節約できます。そこで都内から電車で2時間以内で行けて、観光もたっぷり楽しめるスポットを紹介します。

1,051 view お気に入り 0

憧れの軽井沢へ

日本を代表する避暑地、軽井沢へは東京駅から北陸新幹線を利用すれば、わずか1時間で到着します。
軽井沢駅に隣接する「軽井沢プリンスショッピングプラザ」は広大な敷地内に240店ものショップが軒を連ねており、1日いてもまわりきれないほど。長野銘菓などのお土産も買える、便利な巨大アウトレットです。
軽井沢と言えば、一番の有名観光スポット旧軽井沢銀座は必見。おしゃれなショップや有名パン店、スイーツ店が並んでいるので、食べ歩きやショッピングをたっぷり楽しみましょう。夏休みは循環バスが運行されますので、お目当ての店や観光スポットめぐりに便利です。
涼を楽しみたいなら「白糸の滝」へ。浅間山の伏流水が、白糸のように幾筋も岩肌に沿って流れ落ちる、マイナスイオンたっぷりのスポットです。売店の名物、白糸湧水どうふはブルーベリーやメイプルシロップをトッピングできる、ここでしか食べられない人気グルメです。

伊豆高原で新鮮な魚介を堪能

伊豆高原へは東京から特急踊り子号で約2時間、車だと90分の道のりです。美術館やさまざまな体験ができる施設が多い伊豆高原ですが、ワンちゃんと旅行を考えている人に特におすすめしたい場所です。
伊豆高原は、リードをつけたワンちゃんと一緒に歩ける美術館や観光スポットがたくさんある、珍しい観光地。普段は車の中でお留守番か、ケージに入れたままのワンちゃんと一緒に動物園でチーターを見物したり、リフトに乗って山の上からの景色をながめたりと色々な体験をともにできます。一緒に食事ができるレストランやカフェ、専用のホテルもバッチリ。犬連れで旅行を楽しみたい飼い主さんに大人気です。
もちろん人間だけでもお楽しみはいろいろ。ダイビングやスノーケリングなど、海のアクティビティや新鮮な魚介類で伊豆を満喫して。

箱根で婚活の成功を祈願

日本で最も人気のある観光地の1つ、箱根へは新宿からロマンスカーで1時間半。登山電車やロープウェー、海賊船やケーブルカー、登山バスなどで観光名所が繋がっているので、フリーパスを買えば最大3日間、箱根をぐるぐるめぐって存分に観光できます。
婚活中の女子なら、ぜひ元箱根で神社巡りを。箱根神社と九頭竜神社で祈りをささげれば、縁結びと強運のご利益をいただけます。良縁ゲットのためにぜひうかがいましょう。
箱根ガラスの森やラリック美術館など、多数の美術館めぐりや芦ノ湖をのぞむレストランでの食事、足を延ばして御殿場アウトレットでショッピングなど、箱根は退屈する暇のない観光地です。急こう配のケーブルカーやロープウェー、海賊船など子どもが喜ぶ乗り物もあるので、家族旅行にもおすすめです。
大涌谷で起こった小規模噴火は、2016年6月現在心配はないようです。場所を変えて仙石原の「旧ロッヂ富士見苑」で販売されている大涌谷名物の黒玉子は、販売時間をチェックして必ずゲットしましょう。
家との移動時間が少なければ、それだけ旅先でゆっくりできる時間がとれますね。今回ご紹介した軽井沢、伊豆高原、箱根は温泉も楽しめます。おいしい食べ物と温泉でのんびりと仕事の疲れをいやして、リフレッシュできる休暇をお過ごしください。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

家族で楽しめる!夏休み関東おススメスポット

家族で楽しめる!夏休み関東おススメスポット

夏休みに家族でどこかにお出かけする予定はありますか?夏休みは、どこに出向いても人が多く疲れてしまうかもしれませんね。お子さんが小さい場合にはなおさらでしょう。しかし、せっかくの夏休みですから、家族の思い出作りにやっぱりお出かけしておきたいですよね?今回は、家族での夏休みのお出かけにピッタリな、関東のおススメスポットをご紹介します!
TUNAGARI編集部 | 615 view
夏休みに行きたい!ビーチがきれいな東南アジアの島3選

夏休みに行きたい!ビーチがきれいな東南アジアの島3選

夏休みにはきれいなビーチがある東南アジアの島に行ってみませんか? LCC(格安航空会社)を利用すれば、お手頃価格で東南アジアの国々に旅行ができます。ここでは夏の東南アジアでおすすめのリゾートアイランドを3つご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 752 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部