5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年11月29日 更新

出会いを求めて婚活BAR (シングルスバー)へ!実際どんな所なの?

結婚相談所よりも手軽なネット婚活に注目が集まっていますが、それよりももっと気軽に利用できるとして話題なのが婚活BARです。シングルスバーとも言われているように、女性一人でも気軽に利用できます。オープンとともにすぐに満席になるほど人気があるようです。

907 view お気に入り 0

女性一人でも安心

婚活バーの特徴は、男性と相席になるという点です。30分ほどすると席替えとなるようですが、BARによってルールは様々です。通常のお見合いでは初対面の人となかなか話がうまく進まないこともありますが、婚活バーはお酒が入るので話が盛り上がりやすいのがメリットです。

男性側の参加費は1万円程度と高めに設定されており、冷やかしで参加してみようという人はいないので安心です。

婚活BARを利用する際の注意点

婚活BARでは相手の年齢や名前をその場で聞くことができますが、学歴や勤務先などの情報まではわかりません。またお酒が入ることで少し話を盛ってしまう人もいます。婚活BARで聞いたことすべてを本当のことだと受け止めるのは危険です。話半分に聞くくらいでもいいでしょう。

誘われることもあります

お酒が入ると開放的な気分になることから、羽目を外してしまう人もいます。また体目的に誘ってくる人もいますので注意が必要です。初めから肉体関係になってしまうと、それ以上関係が進展しないことも少なくありません。

真剣に付き合いたいと思ったら、連絡先を交換して次は明るい場所で会いましょう。ランチを一緒にすれば夜の婚活BARとは違った面が見えるでしょう。「婚活BARで会ったときほど素敵ではなかった」と思うかもしれませんし、「今後も付き合っていきたい」と思えるほど素敵な相手かもしれません。しっかりと見極めることが大切です。

まとめ

婚活BARは、気軽な婚活の場として利用することが出来ます。男性とお酒を飲みながら話をするので話が盛り上がりやすいので、一気に親密になることも少なくありません。しかし、お酒が入ることで話に嘘が入ってしまう人もいるので気を付けましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地元で暮らしたい……Uターン婚を成功させるには

地元で暮らしたい……Uターン婚を成功させるには

地元に居心地の良さを感じる人にとって、「今は都内にいるけど、結婚を機に地元に戻って暮らしたい」と考える人も多いのではないでしょうか?実際に、結婚を境に地元に戻る「Uターン婚」が注目されています。Uターン婚を成功させるには、どのような男性に目をつけるべきなのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 37 view
こんな人は要注意!?気になる婚活相手の貯金事情

こんな人は要注意!?気になる婚活相手の貯金事情

愛があれば他に何もいらないとはよくいったものですが、実際相手と結婚できるかどうかの判断をする段階にまでくると、どうしても相手の経済事情は気になってしまうものです。幸せな結婚生活を送るため、婚活相手から収入を聞き出すのは必須と考えている人も少なくないでしょう。ただ、収入が良いからと安心してしまうのは禁物です。
TUNAGARI編集部 | 118 view
「朝カフェ婚活」って知ってる?

「朝カフェ婚活」って知ってる?

「本気で交際を求めている人が集まる」と話題の朝カフェ婚。婚活は夜に開催されるものだと思っている人が多いかもしれませんが、最近は朝に婚活をする朝カフェ婚が注目されています。ランチ婚活同様、参加する人が増加していますが、その魅力は一体どこにあるのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 133 view
婚活で!心の距離を縮める“褒め”テクニック

婚活で!心の距離を縮める“褒め”テクニック

婚活で出会った人の心を動かして次のデートにつなげるためには、相手を褒めて、自分が好意を持っていることを印象づけることが不可欠です。しかし、初対面の相手を褒めるとどうしてもお世辞っぽくなってしまうのが難点ですよね。相手のことを上手に褒めるにはどのような言葉を使うのがいいのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 943 view
婚活は秋が勝負!

婚活は秋が勝負!

夏は暑さもあり、なかなか婚活を積極的に行えなかった人もいるでしょう。そういう人たちにとって、秋は勝負の季節。この後に控えるカップルたちのビッグイベントに胸を張って参加できるよう、夏に行動できなかった分、今の内から積極的に行動を起こしていく必要があります。
TUNAGARI編集部 | 389 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部