5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年9月25日 更新

旬の食材で作れる「秋の味覚」レシピ3選

「食欲の秋」とも言われる秋が到来しました。暑さが和らいで食欲が戻り、さまざまな食材が旬を迎えるため、食べるのがいっそう楽しくなるこの季節。せっかくなら、今が旬のおいしい食材をたっぷり使った手料理を家族に振る舞ってみませんか?今回は、旬の食材を使った「秋の味覚」のレシピを3つお届けします。

133 view お気に入り 0

茄子のミートソースグラタン

昔から「秋茄子は嫁に食わすな」と言われるように、この時期に収穫される茄子は身が締まり、おいしいものが多いそう。そんな秋茄子に子どもが大好きなミートソースとチーズを加えた、茄子のミートソースグラタンのレシピを紹介します。市販のミートソースを使えば時間を短縮でき、簡単に仕上げられますよ。

◎材料(4人分)
茄子:4本
じゃがいも:2個
市販のミートソース:1缶(2~3人用の袋入りのものでもOK)
とろけるチーズ:ひとつかみ
オリーブオイル:大さじ1
塩コショウ:少々

1.じゃがいもは洗って皮を剥き、厚さ1cm程度の輪切りにして耐熱容器に入れ、ラップをして5分間電子レンジで加熱する。
2.茄子はヘタを取り、1cm幅の斜め切りにして水にさらす。水をよく切り、塩コショウを振ってオリーブオイルを熱したフライパンで炒める。しんなりしてきたら火を止める。
3.グラタン皿に薄くサラダ油(分量外)を塗り、じゃがいもと茄子を並べてミートソースを上からかける。
4.とろけるチーズをかけ、オーブントースターかグリルでこんがりと焼け目がつくまで焼いたら完成。

石狩鍋

北海道の郷土料理である石狩鍋は、鮭や豆腐、野菜などの具を味噌仕立ての汁で煮込んだ鍋料理です。鮭の旬と「食いごろ」の語呂合わせから毎年9月15日が「石狩鍋記念日」とされており、まさに今が食べごろ。少し肌寒い夜にはぴったりです。

◎材料(4人分)
【具】
鮭切り身:200g
木綿豆腐:1丁
キャベツ:3枚
玉ねぎ:1個
しいたけ:4個

【だし汁】
水:8カップ
酒:大さじ2
昆布:10cm
鮭のアラ:200g

【調味料】
味噌:80g
みりん:大さじ2
顆粒だし:大さじ1・1/2
酒:大さじ2

【仕上げ】
白すりごま:大さじ2
バター:15g

1.鍋に昆布を敷き、だし汁用の水・酒・アラを入れて火にかけ、アクを取り除きながらだしを取る。
2.玉ねぎは8等分のくし切りに、その他の具は全て一口大に切る。
3.調味料をボウルに入れ、混ぜ合わせる。
4.具をだし汁の入った鍋に加え、3で混ぜ合わせた調味料を入れて煮立たせる。
5.火が通ったら白すりごまとバターを加えて完成。

栗きんとん

「栗きんとん」というとおせちに入っている栗と芋を甘く煮たものを思い浮かべますが、今回ご紹介するのは、同名でありながら全く別のお菓子です。岐阜県の名産である栗きんとんは、栗に砂糖を混ぜて炊き上げて作る伝統的な和菓子。茶巾のような形をしているため、栗茶巾とも呼ばれます。

◎材料
栗:皮付きで700g
三温糖またはグラニュー糖、上白糖:大さじ5
塩:ひとつまみ

1.よく洗った栗を皮ごと蒸し器に入れ、40~50分ほど蒸す。
2.栗を包丁で半分に切り、切った栗の中身をスプーンでくり抜く。
3.取り出した栗をマッシャーやフードプロセッサーですりつぶす。粒が残る場合は袋に入れ、手のひらでつぶす。
4.栗の半量を裏ごしする。
5.裏ごしした栗を鍋に入れて砂糖半量と塩を加え、混ぜてから弱火にかける。ぐつぐつしてきたら火をさらに弱め、残りの栗と砂糖を入れる。
6.丸められる程度の固さが出たら火を止め、クッキングシートの上に広げて粗熱を取り、軽く丸めてまとめる。
7.まとめた栗をいくつかの玉に分け、それぞれラップの上に載せて包み、上の部分をぎゅっと絞る。底の部分を手のひらに押し当てて平らにすれば完成。

今だけのおいしさを堪能しよう!

生産技術の向上によっていろんな食べ物が1年中口にできるようになりましたが、最もおいしい旬の食べ物が味わえるのはわずかな期間のみ。秋の食材を使った料理をぜひ食卓に取り入れ、今だけのおいしさを家族みんなで楽しんでくださいね。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

離婚率が上がる?夫が単身赴任になったときの乗り切り方

離婚率が上がる?夫が単身赴任になったときの乗り切り方

平穏な夫婦生活を送っていたある日、夫が人事異動などを理由に単身赴任となってしまう可能性はゼロではありません。夫が単身赴任となった夫婦は、離婚の確率が上がるともいわれています。では、これまで通り仲のいい夫婦であるためには、どのようなコツがいるのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 87 view
あなたは大丈夫?実家依存症の危険と解決策

あなたは大丈夫?実家依存症の危険と解決策

社会に出て自活するようになっても、結婚や出産、マイホーム購入などの大きなイベントでは、実家の両親にサポートしてもらう場面も多々あるでしょう。しかし両親の援助が当たり前のことになってしまうと、気づかぬうちにパートナーとの仲を冷ます原因を作ってしまうかもしれません。今回は自覚しにくい「実家依存症」の危険と解決策を考えていきましょう。
TUNAGARI編集部 | 101 view
結婚するにあたって、二人の間で必ず確認しておきたいこと

結婚するにあたって、二人の間で必ず確認しておきたいこと

夫婦は元々、まったく異なる環境で育った他人同士。長い間生活を共にしていれば、相手の行動が我慢ならないと感じる場面も出てくるでしょう。不満を愛情でカバーできるうちはいいものの、それも長く続くとは限りません。良好な関係をいつまでも保ち続けるには、結婚する前に双方の価値観を確認し合い、ある程度のルールを決めておくことが不可欠です。
TUNAGARI編集部 | 190 view
夫がなかなか家に帰らない……「帰宅恐怖症」って?

夫がなかなか家に帰らない……「帰宅恐怖症」って?

「帰宅恐怖症」という言葉を聞いたことがありますか?帰宅恐怖症とは、夫が妻を怖がったり家庭に居場所がないと感じたりし、あえて帰宅を遅らせること。最近急増していると言われており、特に40代の働き盛りの男性によく見られるそうです。「仕事が忙しいわけでもなさそうなのに、なぜか夫の帰りが遅い」という方にとっては、他人事では済まないかも?この機会にぜひ、帰宅恐怖症について知っておきましょう。
TUNAGARI編集部 | 121 view
ママ友との上手な付き合い方とは?

ママ友との上手な付き合い方とは?

子どもを育てていくうえで、ママ友との関りは避けて通れないもの。しかし、ママ友のコミュニティではちょっとしたことが思いもよらないトラブルに繋がってしまうことがあります。険悪なムードになってしまうこともあり、ママ友との関係に悩んでいる方もいるようです。そこで今回は、ママ友との上手な付き合い方をご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 89 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部