5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2019年3月20日 更新

春になっても油断は禁物!ベースメイクの乾燥・崩れ対策!

乾燥が厳しい冬もあと数ヶ月で終わり、暖かな春がやってきます。「お肌の乾燥からも解放される」と思われるかと思いますが、まだまだ油断はできません!春には春の乾燥肌があるんです。お肌が乾燥しているとメイクもうまくいかないもの……。そこで今回は、春のメイクに役立つベースメイクの乾燥・崩れ対策をご紹介していきます。

449 view お気に入り 0

春も肌が乾燥する原因とは?

乾燥といえば冬というイメージがありますが、実は春にも乾燥肌の原因はたくさんあります。まずは、春に乾燥肌を引き起こす原因を知っておきましょう。

花粉や黄砂の影響

春はスギやヒノキなどの花粉が飛散する季節。また、黄砂やPM2.5の濃度が増加する傾向にもあります。そうしたアレルゲンが肌にダメージを与えることで乾燥肌に繋がってしまいます。

環境の変化によるストレス

春は就職・転勤・異動などで環境が変化することも多くなるでしょう。そうした環境の変化がストレスとなりホルモンバランスが崩れ、乾燥肌や一時的な敏感肌の原因となってしまうことがあります。

寒暖差が大きくなる

日中は暖かさの増す春ですが、夜になればまだまだ冷え込むこともあり寒暖差の激しい季節といえます。こうした寒暖差によって、肌の油分と水分のバランスが崩れ乾燥肌を引き起こすことがあります。

まずは化粧水などでしっかりと保湿ケア!

乾燥肌対策をするなら、メイクをする前に化粧水や乳液などでしっかりと保湿ケアを行っておきましょう。特に乾燥がひどいときは、保湿用のオイルなどを1滴~少量肌になじませておくのがオススメです。こうしたひと手間がメイクの出来を左右するため、メイク前はもちろん日ごろからしっかりと保湿ケアを行う必要があります

下地は保湿成分を含んだものを!

化粧下地にも様々な種類がありますが、乾燥対策をするのであればカバー力よりも保湿成分を多く含んだものを選ぶようにしましょう。化粧下地を塗る際は、以下のようなポイントを意識しながら塗ると効果的です。

適量・均一がカギ!

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

花粉の季節もこれでバッチリ!今から知っておきたいメイク術

花粉の季節もこれでバッチリ!今から知っておきたいメイク術

暖かくなる春は過ごしやすい季節です。しかし、毎年花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。花粉症の症状自体も辛いとは思いますが、それによってメイクが崩れてしまうというのも困ってしまいますよね。そこで今回は、今のうちに知っておきたい花粉症対策メイク術をご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 228 view
婚活で困らないために!夏のメイク崩れ防止法

婚活で困らないために!夏のメイク崩れ防止法

夏の婚活はメイク崩れとの闘い。せっかく綺麗にメイクしても、会場に着くまでに汗でドロドロになってしまったり、素敵な人と向かい合っても、ファンデーションのヨレが気になって集中できなかったり……。そんな事態を防ぐために、夏のメイク崩れ防止法を覚えておきましょう。
TUNAGARI編集部 | 217 view
梅雨のメイク崩れを防ぐコツは?

梅雨のメイク崩れを防ぐコツは?

湿度の高くなる梅雨はメイクのヨレや崩れが気になる季節……。かといってメイクをしないわけにもいきませんよね。では梅雨のメイク崩れを防ぐためにはどういった対策をすればよいのでしょうか。今回は梅雨のメイク崩れを防ぐコツをご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 177 view
肌がうるおう保湿ケアを!正しい化粧水のつけ方!

肌がうるおう保湿ケアを!正しい化粧水のつけ方!

お肌のケアをするうえで欠かせない化粧水。多くの方は化粧水でしっかりとお肌の保湿ケアを行っているはず。しかし、化粧水による保湿ケアは正しく行わなければ、逆にお肌にダメージを与えてしまう可能性があります。そこで今回は、正しい化粧水のつけ方をご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 380 view
流行を先取り!2019春夏の流行メイクとは?

流行を先取り!2019春夏の流行メイクとは?

「2019年の春夏なんてまだ先のこと」と思っていませんか?確かに暦上ではまだ先のように感じられますが、春夏の流行はもうすでに決まり始めているんです。今のうちからしっかりとトレンドのメイクやカラーをチェックしておき、きたる春夏シーズンに向けてしっかりと備えておきましょう。
TUNAGARI編集部 | 2,885 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部