5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年11月16日 更新

同じ趣味があるから盛り上がる!新しい婚活の「趣味コン」

婚活には興味はあるけど、はじめて会う人と話すのが苦手。そう感じている方は、新しい婚活の形「趣味コン」に参加してみては?共通の趣味があれば初対面の人とも話が盛り上がり、恋人になってからもお互いのことを深く理解することができます。どんな趣味コンがあるのか紹介します。

856 view お気に入り 0

漫画やアニメ好きの趣味コン

漫画やアニメというと以前はオタクの集まりと思われていましたが、今は女性のなかでもファンが増えています。趣味コンにも幅広い人が参加しています。どんな漫画やアニメが好きなのか話題作りもしやすく、これらの趣味を持っている方に悪い人が少ないのも魅力でしょう。

ほかの趣味コンと比べても男性の利用者が多く、女性にとって狙い目となりそうです。

ダイビング好きの趣味コン

ダイビングはやってみたいと思う人が多い趣味のひとつです。しかし実際にはじめる人は少なく、さらに年齢を重ねるごとにダイバー人口が減るという特徴があります。だからこそ出会いを求めている人が多いというのがメリットです。共通の趣味を持っている恋人を探している男性も多くなっています。

結婚したら一緒にダイビングが楽しめます。さらに、子どもも一緒にやればスポーツ一家となり、何歳になってもマリンスポーツが楽しめる環境は、魅力的だといえるでしょう。

野球好きの趣味合コン

野球には女性ファンが少なく、恋人や結婚相手に野球のよさを理解してもらえないことに寂しさを感じている男性は多いのです。野球ファンにとって、恋人と一緒に観戦を楽しめるのはとても嬉しいことです。

野球好き同士がカップルになれば、一緒に球場に出かけることもできますし、お家での観戦や、普段の会話でも野球のことが話せて楽しめます。まだ知り合ったばかりの人でも、2人で公園に行きキャッチボールをすれば、自然と笑顔が出てすぐに親しくなれます。

まとめ

ほかにもたくさんの趣味コンが開催されていますから、何か好きな趣味がある方は調べてみましょう。その趣味に詳しくなくても、これからはじめてみたい方の参加もおすすめです。趣味を持っている男性は楽しそうに話てくれるため会話も弾むでしょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

え、あんなものも!?婚活で「男ウケ」が悪い趣味とは?

え、あんなものも!?婚活で「男ウケ」が悪い趣味とは?

婚活で必ず公開するプロフィールは、マッチングのきっかけとなる重要な要素。年齢や経歴以外で、男性が特に注目するのが趣味欄です。自分を偽ってまで男性に媚びる必要はありませんが、できれば書くのを避けたい「男ウケの悪い趣味」が存在するのも確かです。ギャンブル、ブランドものを買いあさるといった定番以外に、どのような趣味が当てはまるのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 657 view
ゴルフを始めると出会いが増えるって本当?

ゴルフを始めると出会いが増えるって本当?

近年、じわじわ増加中と言われている「ゴルフ女子」。ゴルフは年をとっても長く続けられるため、一生の趣味となり得るスポーツですが、実は男性との出会いの宝庫でもあることをご存知でしょうか。今回は、ゴルフが出会いの宝庫と呼ばれる理由について説明します。
TUNAGARI編集部 | 209 view
相手を知ることも大切、男性目線で見た婚活

相手を知ることも大切、男性目線で見た婚活

婚活を成功させるなら、どんな女性が求められているのか、ということを知るのがポイントになります。男性目線になって婚活をすることで、新たな気づきがあるでしょう。「家事ができる」「趣味が合う」は基本中の基本。そこからもう少し踏み込んでみます。
TUNAGARI編集部 | 1,809 view
素敵な人と出会える?英会話教室のススメ

素敵な人と出会える?英会話教室のススメ

出会いの機会に恵まれずに困っている方は、英会話教室に通ってみてはいかがですか?ビジネススキルを高めたり、自分磨きをしたりするために通うイメージの強い英会話教室ですが、実は素敵な出会いがあることも。今回は、出会いを求める女性が英会話教室に通うメリットについてご紹介します♪
TUNAGARI編集部 | 28 view
婚活でライバルと差別化するにはどうすればいい?

婚活でライバルと差別化するにはどうすればいい?

婚活で運命の相手を見つけようと気合いを入れている女性は多いかと思いますが、最近では男性より女性の方が婚活に熱心な傾向もあり、多くのライバルを相手にしなければいけません。ライバルと差別化し、数多くいる女性の中から自分を選んでもらうには、どのような工夫が必要なのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 47 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部