5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年11月28日 更新

自分と向き合う武道「弓道」を始めてみよう!

自分磨きの一環としてスポーツを始めてみる人は多いのではないでしょうか。スポーツをすれば、身体だけでなく精神的なリフレッシュも期待できるでしょう。今回はそんなスポーツの中から、自分と向き合える武道である「弓道」をご紹介します。

94 view お気に入り 0

自分と向き合う弓道ならではの魅力

海外で人気が広がりつつあり、2018年にはNHKで弓道を扱ったアニメの放送も開始された弓道は、最近注目を集めている武道といえます。特徴は、対戦相手が存在しないことです。弓道は柔道などと違い、向き合うのは人ではなく不動の的。つまり、良くも悪くも結果を出すのは自分次第であり、自分と向き合い常に冷静であることが求められる武道なのです。

対戦相手が存在しないため、弓道は常に自分のペースで続けられるのも大きな魅力といえます。自身の筋肉量などを考えたうえで弓の重さを調整できるため、男女差が生まれにくいのも特徴です。そのため、弓道は老若男女問わず多くの人から愛されています。

弓道では、なにより所作の美しさが求められます。実際に、段位を取得する際には「的にいくつ矢を命中させたか」よりも「所作が美しいか」が判断基準となっているのです。弓道を続けていれば、自然と美しい姿勢が身についていくでしょう。

弓道を始めるにはどうしたら良い?

「弓道を始めたい」と思っても、どのようにして始めればいいか分からない方も多いでしょう。基本的に弓道を始めるときは「初心者対象の弓道教室」を受講するのが一番です。弓道は一歩間違えると事故につながるケースがあるため、初心者が一人で弓道場に行っても練習をさせてもらえない場合がほとんどといえます。

練習をするためには有段者の師範に見ていてもらう必要があるため、弓道教室に通うのがもっとも手っ取り早いのです。各地域にある弓道場では、弓道教室の公募をしているところが多いため、そこで申し込みをするようにしましょう。

弓道を始める際の注意点

最近ではスポーツとしても人気を集めている弓道ですが、元々弓矢は狩りや戦などで使われてきた飛び道具であることを忘れてはいけません。練習をする際は、常に安全に気を使う必要があります。初心者のうちは指導者が近くにいてくれるため安心ですが、一人で練習ができるまでに成長したときには特に安全に気を配らなければいけません。

弓道には「射法八節」という正しい弓の引き方があるため、これを厳守するようにしてください。間違っても、独自の引き方はしないようにしましょう。また、弓や矢の状態には常に気を配り、傷んだりしている箇所があればすぐに取り換える必要があります。

弓道を初めて心身共に美しくなろう!

弓道を続けていれば姿勢が矯正され所作が美しくなるだけでなく、自分と向き合うことで精神的な成長も期待できます。心身共に美しくなりたいと願うのであれば、ぜひ弓道を始めてみてください。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目指せ完走!ハーフマラソン大会で心身を鍛えよう

目指せ完走!ハーフマラソン大会で心身を鍛えよう

気温が下がって過ごしやすくなる秋は、ランニングに最適な季節です。体力づくりや出会い探しの一環として、マラソン大会に出場してみてはいかがでしょうか?とはいえ、普段運動する機会がない人がいきなり大会に出場して完走できるほど、マラソンは甘くありません。大会出場をスケジュールに入れたら、完走を目指してトレーニングに励みましょう!
TUNAGARI編集部 | 127 view
初心者でも大丈夫!気軽に始められる運動3選

初心者でも大丈夫!気軽に始められる運動3選

いつまでも若々しく素敵な女性でありつづけるために、日常に運動を取り入れてみませんか。気分転換はもちろん、シェイプアップの効果も期待できるものであればうれしいですよね。初心者でも簡単に始めることができて、自分の好きなタイミングで楽しめる運動をご紹介していきましょう。
TUNAGARI編集部 | 819 view
できる女子は朝時間を有効活用!【運動・ストレッチ編】

できる女子は朝時間を有効活用!【運動・ストレッチ編】

座りっぱなしあるいは立ちっぱなしのお仕事をしている女子におススメなのが、朝に運動やストレ¬ッチをすることです。体を整えることで心身ともに健康で豊かな生活をおくることができるといっても過言ではありません。できる女子が取り組んでいる朝の運動についてお伝えします。
TUNAGARI編集部 | 827 view
プチプラ派?デパコス派?コスメはパーツごとの使い分けを!

プチプラ派?デパコス派?コスメはパーツごとの使い分けを!

コスメ(化粧品)には、百貨店などにある高価な「デパコス」とドラッグストアなどで安く買える「プチプラコスメ」があります。近年はプチプラコスメのクオリティも上がり、大人の女性にも愛用者は少なくありません。しかし、実は顔のパーツには、できるだけデパコスを使うべき部分、プチプラコスメで十分な部分があります。デパコスとプチプラは、どう使い分けるのが正解なのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 54 view
セルフィーに自信を!今日から使える自撮りテク

セルフィーに自信を!今日から使える自撮りテク

友達と撮った写真をSNSで共有しようとして、自分の写りの悪さに投稿をやめてしまった経験はありませんか?スマホのカメラの性能は上がり、画像編集アプリのバリエーションも増えるなか、セルフィー(自撮り)が得意な人と、そうでない人の二極化はますます進んでいます。今回は、自撮り上手になるために実践したい3つのテクニックをご紹介します!
TUNAGARI編集部 | 82 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部