5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2019年4月17日 更新

なぜ?結婚式の引出物にかつお節が入っている理由

披露宴に参加するともらえる結婚引出物。大きめの袋には焼き菓子やお皿などのさまざまな記念品が入っていますが、そのなかに必ずと言っていいほど入っているのが「かつお節」です。なぜ引出物にはかつお節が入れられているのでしょうか?ためてしまったかつお節を消費するレシピもご紹介します。

202 view お気に入り 0

かつお節は「夫婦の象徴」!

かつお節が引出物として用いられるようになった理由としては、かつお節が「夫婦の象徴だから」という説が有力です。かつお節は3枚に下ろしたかつおの半身を、さらに2枚に下ろして作られます。このとき、かつおの背側の身で作られるものを「雄節」、腹側の身で作られるものを「雌節」と呼びます。

かつお節は雄節と雌節がぴったりと合わさる形であることから、「夫婦の象徴」とされ、古くから縁起物として扱われてきました。また、かつお節はだしとしてもトッピングとしても実用性が高く、持ち運びに苦労しない軽さであることが、今もなお多くのカップルに選ばれる理由となっています。

バームクーヘンにも意味があった!

かつお節と同様に、引出物として入っていることが多いのがバームクーヘンです。バームクーヘンは芯となる棒に生地をかけ、棒を回しながら焼いていき、表面が均一に焼けたら再び生地をかけて焼くという工程を何回も繰り返すことで作られます。この工程が、これから2人の力で新しい家族を作っていく二人の門出にふさわしいとして、引き出物や内祝いの品に選ばれているようです。

かつお節の大量消費レシピ

かつお節は和食に欠かせない材料とはいえ、「結婚式に行くたびにかつお節をもらうので置き場所に困っている」なんて人も多いのではないでしょうか?かつお節は常温で保存できますが、湿気を吸いやすいので、引き出物としてもらった後はあまり時間を置かずに食べるのがおすすめです。

かつお節を大量に消費したいときは、すぐ手の届く位置にかつお節を常備しておき、さまざまな料理にかけてみるといいでしょう。お好み焼きやゴーヤチャンプルーなどの料理はかつお節をのせることでより美味しくなります。

あまり料理をしないという方でも、冷ややっこや卵かけご飯にかけるだけで見る見るうちにかつお節が減っていきますよ。また、時間がある日はかつお節と昆布で本格的にだしをとってお吸い物やみそ汁を作ってみるのもおすすめ。女子力が上がりそうですね!

幸せのおすそ分けを美味しく食べよう

かつお節やバームクーヘンなどの引出物は、いつか食べようと思っているうちに賞味期限が切れてしまいがち。せっかく「縁起物」としていただいたからには、美味しく食べられるうちに積極的に消費しましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

結婚式で忙しくても!最低限しておきたい新婚旅行の準備

結婚式で忙しくても!最低限しておきたい新婚旅行の準備

結婚式を控えているカップルの中には、結婚式の準備で新婚旅行のことにまで手が回らないという人もいるのではないでしょうか?とはいえ、式の直後に出発したいのであれば、並行して新婚旅行の準備を進めなければなりません。今回は、新婚旅行に向けて最低限しておきたい準備についてご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 20 view
結婚式の二次会は出会いが多いって本当?

結婚式の二次会は出会いが多いって本当?

男女の出会いの場というイメージが強い、結婚式の二次会パーティー。しかし我が身を振り返ると、「そもそも二次会で初対面の男性と話した覚えすらない」という方も少なくないでしょう。結婚式の二次会は、本当に巷で言われるほど出会いが多いイベントなのでしょうか?今回はそんな疑問に迫りました。
TUNAGARI編集部 | 49 view
結婚式を盛り上げる!余興ムービーの作り方

結婚式を盛り上げる!余興ムービーの作り方

最近よく目にするようになった、結婚式で流す余興ムービー。結婚式がいっそう盛り上がるムービーを作るには、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか?今回は楽しく見やすい余興ムービーを作るコツをご紹介します♪
TUNAGARI編集部 | 316 view
夏の結婚式は夏らしさを感じる演出でもっと素敵に♡

夏の結婚式は夏らしさを感じる演出でもっと素敵に♡

せっかく夏に結婚式を行うなら、演出にもぜひ夏らしさを取り入れてみましょう♪暑い夏の結婚式でも、ゲストに「素敵な式だった」「楽しかった」と思ってもらえる演出を紹介します。
TUNAGARI編集部 | 101 view
夏の結婚式でゲストを迎えるならこんな工夫を!

夏の結婚式でゲストを迎えるならこんな工夫を!

夏に結婚式を開くのであれば、暑い中来ていただくゲストの方への気遣いもしっかりと考えておきたいものです。ちょっと外へ出ただけで汗をかいてしまう季節に、正装でやってきてくれる方たちに向けて心を配るのは、招待した側の務めでもあります。そこで今回は、ゲストの方が快適に過ごせるような工夫をご紹介していきたいと思います。
TUNAGARI編集部 | 434 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部