5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年8月25日 更新

人をうっとりさせちゃう!香水のもてるつけ方で魅了しちゃおう!

匂いというのは、より女性を魅力的にすることができる大切なアイテムです。ですが、つけ方というのが重要なのですが、自分ではつけている匂いに慣れてきてしまうことによって付けすぎてしまうなんてこともあるんです。付きすぎてしまうことによって、周りに不快感を与えてしまうこともあるので要注意です。上手に香水をつけるためにはどうしたら良いのかその方法をご紹介しましょう。

1,385 view お気に入り 0

つけるのは外出の30分前!

香水の香りは、つけた直後だと非常に強い香りを感じます。そのため、外出間際につけてしまうと強い香りを放ってしまうんです。なので、外出間際につけるよりは、30分前など時間に余裕を持ってつけることによって外出時に程よい香りをはなってくれます。外出の時に香水を付ける際にはつけるタイミングに注意したいものです。

香水をこするのはNG

香水をつけるときに、香水を振りかけた後で擦っているという方は非常に多いのではないでしょうか。ですが、実はそれはNGだって知っていましたか?擦ってしまうと香りの粒子が潰れてしまうために香りが長持ちしなかったり、香水本来の香りがでなくなってしまったりするデメリットがあるので気を付けましょう。

つける場所にも注意

香水をつける場所として代表的なのは耳の後ろや手首などなのですが、この部位は香りやすい場所なため注意が必要なんです。強い匂いを相手に与えることもありますし、相手に香りが届きやすすぎる場所につける際には加減してつける必要性があります。

つけるならどこがいい?

香水をつける場所というのは非常に重要ですが、どこにつけたら良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。ほのかに香らせたいならば、上半身よりも下半身につけるのがおすすめです。例えば、ウエスト部分や、足首、太もも、胸の谷間付近に着けると強すぎずほのかに香ってくれるのでおすすめです。また、洋服や持ち物などにつけるのもおすすめです。

まとめ

香水はつけ方次第で自分をもっともっと魅力的な女性に変えてくれます。上手に活用して、相手に良い香りのする女性だという印象を与えていきましょう。そうすることによって、人からの評価も大きく変わってくるはずです!
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自分磨きをして元カレと復縁したい女子必見

自分磨きをして元カレと復縁したい女子必見

この記事を読もうとしているあなたは、「チャンスがあるなら自分を磨き直して、元カレとやり直したい!」と前向きに考えている方ではないでしょうか? 「今でも好き」という気持ちをエネルギーに自分磨きにチャレンジして、元カレに「やっぱいいな」と思わせましょう! 今回は、元カレと復縁希望の女子に自分磨きの方法をご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 1,873 view
男心を掴める女になる!自分磨きの方法は?

男心を掴める女になる!自分磨きの方法は?

「オシャレやメイクに気を遣ったり、ヨガに行ったりしているのに、なかなか男性から声を掛けられない」というあなた。もしかすると、自分磨きの方法が合っていないのかもしれません。今回は、「男心を掴める女になるための自分磨きの方法」をご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 3,699 view
【賞金総額30万】結婚相談所が既婚未婚問わずのミスコンを開催!?

【賞金総額30万】結婚相談所が既婚未婚問わずのミスコンを開催!?

結婚相談所の大手として20年以上婚活サービスを提供しているノッツェ結婚情報センターが既婚未婚問わずのコンテスト開催決定!結婚相談所ならではの趣向を凝らしたコンテスト、目標をもって生きている女性必見です!
TUNAGARI編集部 | 2,767 view
次の出会いまでの自分磨き!意外と大事なヘアケア

次の出会いまでの自分磨き!意外と大事なヘアケア

古今東西、美しい髪の女性に男性は惹かれるようです。そんな美しい髪のためには、正しいヘアケアが必須です!
ママライター | 728 view
汚部屋は人生をダメにする。片付けこそ幸せ引き寄せ法!

汚部屋は人生をダメにする。片付けこそ幸せ引き寄せ法!

あなたのお部屋は、「汚部屋」になっていませんか?片付けなくても問題ない!と思っていても、汚部屋は幸せを遠ざけてしまいます。片付けることのメリットをみていきましょう。
TUNAGARI編集部 | 2,316 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部