5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2019年4月3日 更新

春の紫外線量はほぼ夏並み!?今から対策を始めよう!

「春の紫外線量はほぼ夏並み」と聞いても、ポカポカな小春日和ではいまいちピンとこない人も多いのではないでしょうか。しかしこれは本当の話!紫外線の一種であるUVAは4~5月にかけて強くなり、シミの原因となるメラニン色素を増やしてしまいます。そのため、紫外線対策は夏になって始めても遅いのです。紫外線対策は早いうちから行っておかなければいけません。

168 view お気に入り 0

日焼け止めクリーム選びのコツ

日焼け止め対策の基本といえば「日焼け止めクリーム」です。4月から日焼け止めクリームを塗るなんてちょっと気が早いと思われるかもしれませんが、決して早いということはありません。

去年の残りなどといわずさっそく日焼け止めを買いに行って欲しいのですが、紫外線には紫外線A波と紫外線B波の2種類があります。春の紫外線は紫外線A波が強くB波が弱いという特徴があるため、SPFは15~25ほどの低い数字のもので構いませんが、紫外線A波対策のPAは+++ほどのものが適切といえます。

ファンデーションでも日焼け対策

コスメでも紫外線対策をしておきたいところ。春といっても気温はまちまちで、ときには初夏を感じさせるほどの暑い日もあります。汗をかいて日焼け止めクリームを塗りなおしたいと思っても、1日に何度も塗りなおせるとは限りません。

そんなときに一役買ってくれるのがUVカット効果のあるファンデーションです。日焼け止めクリームをカバーする意味も込めて、ファンデーション選びもこだわりたいですね。

小物を上手に取り入れよう

日焼け対策には小物を上手に取り入れることも大切!「日焼け止めクリームの独特な香りやベタつきが苦手」という方や「お肌が敏感でなかなか合う日焼け止めクリームに出会えない」という方もいるはず。また、顔・首・デコルテ・腕と毎日日焼け止めクリームを塗っていると、あっという間になくなってしまいます。春は暑い日もあれば風が冷たい日もあるので、ストール・つばの大きな帽子・日傘・アームカバーなど小物を上手に利用して紫外線対策をしていきましょう。

紫外線対策は今のうちから!

紫外線対策には日焼け止めクリーム、ファンデーション、ストールや帽子などの小物を活用してしっかりとお肌を守っていきましょう。これから、どんどんと暑さも増し紫外線の量も増えてきます。今のうちからしっかりと紫外線対策を行っておきましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

肌だけじゃない!夏は「目からの日焼け」にご用心!

肌だけじゃない!夏は「目からの日焼け」にご用心!

日焼けというと「肌に紫外線が当たることで起こるもの」というイメージを抱きがち。しかし、実は目に紫外線が当たることでも肌が黒くなる、シミ・そばかすができるなどの日焼けの症状が引き起こされます。今回は、目から日焼けをする理由と対策をご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 98 view
うっかり日焼け!そんなときは正しいスキンケアで肌をいたわって

うっかり日焼け!そんなときは正しいスキンケアで肌をいたわって

「紫外線が美容の大敵」というのはもはや常識。しかし、いくら気を付けていても日焼けしてしまうときはありますよね。そんなときは、直後からのスキンケアがとても重要!日焼けをしてしまったときの正しいスキンケアをご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 93 view
湿度が高い梅雨も大事な肌の保湿!インナードライに注意!

湿度が高い梅雨も大事な肌の保湿!インナードライに注意!

梅雨は湿度も高く肌の乾燥とは無縁の季節のように感じるかもしれませんが、決してそうではありません。湿度が高くなる梅雨から夏にかけては、肌のインナードライに注意する必要があります。では、インナードライとはどういったものなのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 121 view
花粉症で顔がかゆい!そんなときの肌の手入れって?

花粉症で顔がかゆい!そんなときの肌の手入れって?

花粉症の季節がやってきて、「なんだか最近顔がかゆい……」という人はいませんか?もしかするとそれは「花粉症皮膚炎」かもしれません。花粉症は鼻水や目がかゆいなどのトラブルを想像しがちですが、実はお肌に症状が出ることも多いんです!花粉症皮膚炎になってしまった場合、どんなお手入れをすればよいのかご紹介していきましょう。
TUNAGARI編集部 | 219 view
婚活で困らないために!夏のメイク崩れ防止法

婚活で困らないために!夏のメイク崩れ防止法

夏の婚活はメイク崩れとの闘い。せっかく綺麗にメイクしても、会場に着くまでに汗でドロドロになってしまったり、素敵な人と向かい合っても、ファンデーションのヨレが気になって集中できなかったり……。そんな事態を防ぐために、夏のメイク崩れ防止法を覚えておきましょう。
TUNAGARI編集部 | 75 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部