5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2017年10月13日 更新

流行の「婚活アプリ」では結婚が難しい!?明確な2つの理由

気軽・スマホですぐに出来る・登録者が多い。婚活をまず婚活アプリから始めてみる方が増えていますが、本当に結婚を考えた婚活ならちょっと考えモノかもしれません。

2,758 view お気に入り 0

理由①  本気で婚活をしていない人が多い

婚活アプリの長所は、なんといっても気軽に利用できるところ。
必要なのは本人確認書類やFacebookのアカウントだけとシンプル。
しかしその反面、本気で婚活を望んでいない人も多数登録しているのが実態です。
「結婚したいにはしたいけれど、まずはお友達から・・・」「恋人候補になりそうな知り合いを増やしたい」程度の軽い気持ちで利用している人も多く、本気で婚活をしている人とはモチベーションがまるで異なるケースも少なくありません。

つまるところ婚活アプリとは、「本気で結婚したい人」「恋人がほしい人」「友達が欲しい人」「別の目的がある人」など、さまざまな思惑を持った人々が集まる場所に飛び込んで、出会いを探すサービスなのです。

理由② 30歳以上の女性は相手にされづらい

たとえば「結婚相談所」の場合、登録者の年齢の分布図は、30代、20代、40代以上の順に多く、20~40歳までが登録者全体の5~7割程度を占めています。
ところが「婚活アプリ」の場合、気軽な出会いを求める人が多いこともあり、自立し、結婚を意識している大人の集まりというよりは、若者たちの出会いの場として利用されているのが現状のようです。
そうなると、本気で結婚を意識している30歳以上の方にとってはあまり居心地の良い場所といえず、実際に利用者の多くは若い恋人候補・友達候補を求めているため、なかなか相手にされないことも多いようです。

真剣に結婚を望むなら「結婚相談所」が最短距離

理由①:会員・出会いの質が高い

結婚相談所は誰もが気軽に入会できる場所ではありません。厳密な本人確認を通過し、結婚の意思のある人だけが集まるのです。

そのため、結婚相談所には「友達が欲しい」「気軽に出会いを求めたい」といった消極的な登録者はおらず、結婚を第一目標に活動する「ハイクオリティ」な人材だけが揃っているのです。

さらにプロのコンサルタントによる仲介サポートもあるため、出会いの「質」は婚活パーティーやアプリとは比較になりません。

理由②:専門家によるプロフェッショナルなサポートを受けられる

結婚相談所の最大のメリットといえば「プロのコンサルタント」によるアドバイス・仲介を受けられることです。

コンサルタントは入会時に登録者のカウンセリングを行い、表面的な希望や潜在意識に至るまで徹底的にニーズや性格を調査し、登録者のパートナーとして最もふさわしい人を紹介してくれます。

まとめ

高い成婚率を実現するためには「①会員の質」「②サービスの質」が必要不可欠です。

①について、結婚相手を探す以上、真剣に結婚を考えている人が集まっていなければ、非効率的な婚活となってしまいます。
会員の質を保証する上では、各種証明書類はもちろんのこと、スタッフの目で直接確認し、面談をする必要はあるでしょう。

②について、会員同士が自由にプロフィールを見て、メールを送り合うというだけでは、精度の高いマッチングは実現せず、特に年齢が高かったり、消極的な性格の人にとって、あまり有効な環境とは言えません。

これらをふまえると、本気で結婚したい人にとって婚活アプリはあまり効果的とはいえず、あらゆる側面において結婚相談所には劣っているようです。

オススメの結婚相談所をご紹介します!

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あなたの婚活は間違いだらけかも?女性のための最新婚活事情!

あなたの婚活は間違いだらけかも?女性のための最新婚活事情!

婚活難民・婚活鬱なんてネガティブなワードが飛び交う現代、できれば間違った婚活は避けたいですよね。 実例を元に最新婚活実情をお届けします。
TUNAGARI編集部 | 3,822 view
「もう憂鬱…」婚活に疲れる人が続出!?婚活ストレスに注意!

「もう憂鬱…」婚活に疲れる人が続出!?婚活ストレスに注意!

婚活は将来のパートナーを見つけるためにするもの、なのでそれだけ必死になるのも当然です。しかし必死になるが故に婚活でストレスを溜めてしまう人が今増えています。今回はそんな婚活ストレスについて、原因やどう対処したら良いのかを解説していきます。
TUNAGARI編集部 | 2,042 view
婚活でライバルと差別化するにはどうすればいい?

婚活でライバルと差別化するにはどうすればいい?

婚活で運命の相手を見つけようと気合いを入れている女性は多いかと思いますが、最近では男性より女性の方が婚活に熱心な傾向もあり、多くのライバルを相手にしなければいけません。ライバルと差別化し、数多くいる女性の中から自分を選んでもらうには、どのような工夫が必要なのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 46 view
参加すべき?避けるべき?婚活後の女子会

参加すべき?避けるべき?婚活後の女子会

婚活は、基本的に男女とも複数人が参加するもの。そのため終了後には、参加した女性陣のみでファミレスやカフェなどによって、「女子会」が開催される可能性があります。しかしその女子会、本当に参加した方がいいのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 113 view
結婚を諦めるのは「負け」?婚活をやめたいときは……

結婚を諦めるのは「負け」?婚活をやめたいときは……

婚活は続ければ続けるだけ疲弊感も増していくもの。思い通りにならずストレスがたまっていくと「もうやめようか」と諦めの感情が出てきてしまうかもしれません。しかし、驚くくらいうまく物事が進む人を除けば、誰しもがそういう思いを一度は抱くもの。大切なのは、そこで諦めない気持ちなのです。
TUNAGARI編集部 | 216 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部