5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年12月9日 更新

なぜ、女は2番目に好きな人と結婚すると幸せになれるの?

「女は2番目に好きな人と結婚すると幸せになれる」……そんな言葉を聞いたことがありませんか。今、何人かの男性が心の中にいるという女性は、一番目の人と二番目の人の顔を思い浮かべたことでしょう。やっぱり一番好きな人が良いと思った方もいますよね。では、なぜ女は2番目に好きな人と結婚すると幸せになれるといわれているのでしょうか。

3,377 view お気に入り 0

無理に背伸びしなくていいから

一番好きな人ということは、あなたの理想に一番近い人ということになります。すると、人間の心理として、「自分をよくみせたい」という気持ちが生まれます。一番好きな人と結婚するということは、その気持ちが24時間常にあるということ。楽しかったはずの結婚生活も、いつしかストレスに変わる……なんてことがあるかもしれません。その点、2番目の人ならリラックスできる傾向にあるのです。

女は愛するより愛される方が幸せ

一番好きな人への思い入れは、男性より女性の想いのほうが強かったりします。でも、二番目に好きな人への思い入れは、女性より男性の想いのほうが強いことが多いです。漫画やドラマでもよくあるパターンですね。女は愛するより愛されるほうが幸せになれるのです。ですから、二番目に好きな人との結婚生活は尽くしてもらえる傾向にあります。

必要以上に嫉妬をしなくて済む

一番好きな人と結婚すると、相手が浮気をしていないか常に気になってしまうということも。ちょっとした言動で相手を疑ってしまい、ケンカの原因にもなります。しかし、二番目に好きな人と結婚すれば、そこまで気を張る必要もなく、平穏に生活していけるでしょう。むしろ相手のほうから嫉妬されるくらいが丁度良いかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。ここまで読んで「確かに」と納得した女性も多いのでは?今の「好き」の順番は結婚後も同じとは限りません。二番目に好きな人と結婚して幸せになれれば、その人があなたにとって一番良い人になるかも知れませんよ。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

兄弟姉妹の結婚式でアラサー女性は何を着る?

兄弟姉妹の結婚式でアラサー女性は何を着る?

人生で幾度とない兄弟姉妹の結婚式。新郎新婦の姉妹としてははりきって衣裳を準備したいところですが、マナーを無視した華美な衣裳では家族の顔に泥を塗ることにもなりかねません。今回はアラサーを自覚する女性が兄弟姉妹の結婚式に参加するときに、着るべき衣裳とその注意点をご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 26 view
義母の干渉がウザい……苦手な義母との付き合い方の正解とは?

義母の干渉がウザい……苦手な義母との付き合い方の正解とは?

結婚後、夫婦の関係は良好だったとしても、悩みの種になりやすいのが「義母」との関係です。こちらを尊重してくれるタイプならともかく、やたらと干渉してくるような義母の場合は、大きなストレスになってしまう恐れがあります。では、そうした義母との付き合い方に正解はあるのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 72 view
幸せな国際結婚がしたいなら――

幸せな国際結婚がしたいなら――

以前の記事でもご紹介しましたが、国際結婚には注意しなければいけないポイントも多くあります。しかしそれでも国際結婚をしたいという方も少なくないはず。そこで今回は幸せな国際結婚をするために押さえておきたいポイントをご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 55 view
別居婚を選択した場合、住民票や扶養はどうなるの?

別居婚を選択した場合、住民票や扶養はどうなるの?

一般的にはいまだに「夫婦はひとつ屋根の下暮らすもの」というイメージが強いものの、お互いの仕事の都合などにより、入籍はしているものの別々に暮らす「別居婚」を選択する夫婦も増えつつあります。そこで今回は、別居婚をする場合に気になる人の多い、住民票や扶養について説明します。
TUNAGARI編集部 | 186 view
増加中の余興なし披露宴!代わりに何をする?

増加中の余興なし披露宴!代わりに何をする?

新郎新婦の友人が歌やダンスを披露する「余興」は、一昔前の結婚披露宴には欠かせないプログラムでしたが、近年は「ゲストに負担をかけるのが申し訳ない」「親族も多い披露宴に内輪ネタを持ち出したくない」などの理由で、披露宴に余興を入れないカップルも増えています。余興なし披露宴では、どんなプログラムでゲストをもてなすのがいいのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 521 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部