5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年12月9日 更新

なぜ、女は2番目に好きな人と結婚すると幸せになれるの?

「女は2番目に好きな人と結婚すると幸せになれる」……そんな言葉を聞いたことがありませんか。今、何人かの男性が心の中にいるという女性は、一番目の人と二番目の人の顔を思い浮かべたことでしょう。やっぱり一番好きな人が良いと思った方もいますよね。では、なぜ女は2番目に好きな人と結婚すると幸せになれるといわれているのでしょうか。

3,307 view お気に入り 0

無理に背伸びしなくていいから

一番好きな人ということは、あなたの理想に一番近い人ということになります。すると、人間の心理として、「自分をよくみせたい」という気持ちが生まれます。一番好きな人と結婚するということは、その気持ちが24時間常にあるということ。楽しかったはずの結婚生活も、いつしかストレスに変わる……なんてことがあるかもしれません。その点、2番目の人ならリラックスできる傾向にあるのです。

女は愛するより愛される方が幸せ

一番好きな人への思い入れは、男性より女性の想いのほうが強かったりします。でも、二番目に好きな人への思い入れは、女性より男性の想いのほうが強いことが多いです。漫画やドラマでもよくあるパターンですね。女は愛するより愛されるほうが幸せになれるのです。ですから、二番目に好きな人との結婚生活は尽くしてもらえる傾向にあります。

必要以上に嫉妬をしなくて済む

一番好きな人と結婚すると、相手が浮気をしていないか常に気になってしまうということも。ちょっとした言動で相手を疑ってしまい、ケンカの原因にもなります。しかし、二番目に好きな人と結婚すれば、そこまで気を張る必要もなく、平穏に生活していけるでしょう。むしろ相手のほうから嫉妬されるくらいが丁度良いかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。ここまで読んで「確かに」と納得した女性も多いのでは?今の「好き」の順番は結婚後も同じとは限りません。二番目に好きな人と結婚して幸せになれれば、その人があなたにとって一番良い人になるかも知れませんよ。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来貧乏にならないために……夫婦でしておきたいお金の話

将来貧乏にならないために……夫婦でしておきたいお金の話

夫婦でいつまでも幸せに暮らすためには、愛だけでなくそれなりのお金も必要となります。夫婦という関係であっても中々お金の話はしづらいものですが、将来貧乏とならないためにも話は必ずしておき、さまざまな決めごとをしておいた方がいいでしょう。
TUNAGARI編集部 | 68 view
子どもにも読ませたい!おすすめのマンガ紹介!

子どもにも読ませたい!おすすめのマンガ紹介!

教育において何かと敬遠されがちなマンガ。しかし、名作と呼ばれる作品の中には、学校では教わらないことを学ぶことができるものもあります。そこで今回は、子どもにも読ませたい名作マンガ3選をご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 199 view
ドラム式洗濯機を購入するメリットと選び方

ドラム式洗濯機を購入するメリットと選び方

「家事の負担を少しでも軽減したい」というのは、毎日家事を頑張る主婦・主夫の共通の願いでしょう。特に洗濯は行う頻度が高く、手間もかかる家事のため、少しでも楽になれば嬉しいですよね。そんな方の救世主となるかもしれないのが、「ドラム式洗濯機」です。これまで縦型の洗濯機を使っていた方は、ドラム式洗濯機の購入によって生活が大きく変化するかもしれません。
TUNAGARI編集部 | 255 view
「結婚うつ」について知っておこう!

「結婚うつ」について知っておこう!

結婚直前に気分が落ち込むマリッジブルーは広く知られていますが、実は結婚した後でうつ状態となる「結婚うつ」に苦しむ人がいるとご存知でしょうか。結婚うつになると、最悪の場合、夫婦関係が破綻してしまう恐れがあります。幸せな結婚をしたはずなのに、なぜうつ状態になってしまうのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 3,856 view
新婚生活にぴったり!あると便利なグッズをご紹介

新婚生活にぴったり!あると便利なグッズをご紹介

愛する人と結婚して、始まった新婚生活。ストレスをためず、幸せな時間を少しでも長く続けるためには、新しい生活に少しでも早く慣れる必要があるでしょう。そのためには、いくつかの便利なグッズをそろえておくといいかもしれません。今回は、新婚生活にあると助かるグッズを3つご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 374 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部