5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
Keyword
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2016年7月7日 更新

先輩ママに聞いてみた!子育てにかかる費用ってどれくらい?

今や大学・短大への進学率は約6割、専門学校を含めると4人に3人は高卒後進学する時代。教育費もバカになりません。子ども1人の子育ての費用はどのくらいかかるのでしょうか?内閣府の調査などを元に探ってみました。

1,005 view お気に入り 0

中学卒業までにかかる子育て費用

内閣府が2009年に行った調査をもとに、中学卒業までにかかるお金を見てみましょう。それぞれの年代の年間の子育て費用を見てみると、未就学児が約84万5千円、保育園・幼稚園児が約121万円、小学生が約115万5千円、中学生が約155万5千円という結果でした。
どの年代も、衣服・服飾費、レジャー費、子どものための保険・貯蓄費などはそれほど変化がありません。生活用品費は未就学児で約17万円の他は、だいたい9万前後。食費は、未就学児で約16万円、中学生は約36万円となり、成長とともに多くなります。
教育費は、中学生で約58万円、次いで幼稚園の約42万円、小学生の約31万円。私立に通うとこれよりも高くなり、公立だとこれよりも低くですみます。小・中学生は学校よりも塾や習い事の費用が多くなっています。
中学生卒業までにかかる費用は、未就園期間が約340万円、保育所・幼稚園で約245万円、小学校6年間で約690万円、中学校3年間で約470万円、合計は約1740万円という結果に。こんなにかかるの?!という印象を受けますが、この金額は第一子の平均なので、第二子以降はもう少し少なくなるかもしれません。

高校でかかる教育費

高校の学費は公立高校か私立高校かによって大きく変わります。
公立高校の平均学費は年間約23万円、私立高校は約72万円で約3倍ほどの差が見られました。
ただし、これは2009年の調査。2010年から公立高校の無償化が始まり、年間11万8800円の授業料が免除されるようになったので、差し引くと年間11万円くらいで済むように。
私立高校でも、所得制限があるものの助成金が支給されるようになりました。
例えば、子どもが2人の場合、所得の目安が910万円未満だと、公立高校と同じ年間11万8800円の助成金が支給。
さらに、各自治体で所得に応じて助成金が加算されるので、大半の家庭で公立高校との差がかなり少なくなってきています。
学校外の活動費は、公立高校で年間約16万円、私立高校で年間約24万円でした。
しかし、これも2009年の調査。最近では、私立高校の進学校化が進んでいて、塾に通わなくても大学受験の対応ができる私立高校が増えてきました。
2012年の文部科学省の調査によると、幼稚園から高校まで公立の場合、子ども1人にかかる教育費は約504万円という結果でした。

大学4年間の学費

4年制の大学の学費は国立か私立かによっても違いますが、学科によっても学費は大きく変わっていきます。国立大学の場合、年間授業料は約82万。私立大学だと、文系の年間授業料の平均は約120万前後、理系の平均が約150万前後、医学・歯学系では約460万前後。私立大学は授業料に加えて設備費や実習費などが別途かかります。遠方のが抱くに通う場合は交通費も高くついてしまいます。さらに下宿する場合は生活費もかかってきます。下宿生の親からの仕送り額は、近年の不景気の影響からかなり減ってきています。2016年の調査では、首都圏近郊の私立大学の自宅通学生への仕送り平均月額は8万6700円でした。大学の受験料も意外に高額です。2015年で、センター試験の受験料が18000円、国立大学の二次試験が17000円前後、私立大学の受験料は35000円前後、医学系だと50000前後が平均。私立大学の場合、同じ学校の同じ学科でも複数の受験が可能なため、受験回数が増えれば増えるほど受験料もかかってきます。また、浪人した場合、予備校に通うと年間約100万円の学費が必要です。
子育ての費用は、幼稚園から大学まですべて国公立だと約1000万円、すべて私立で、理系の大学の場合は約2,500万円と、学校が公立か私立かによって大きく変わります。その大半が高校と大学の学費。子どもが小中学生の間に保険や貯蓄などで蓄えるようにしましょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供が学校に行きたくないと言い始めたら……

子供が学校に行きたくないと言い始めたら……

子供から「学校に行きたくない」と言われたとき、親としてどう対応すればいいか悩んでしまうかもしれません。しかし、何らかの悩みを抱えている子供を前に、親まであたふたした姿を見せるのは避けたいところ。では、いったいどのような対応をしたらいいのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 747 view
都会と田舎…子育てするならどっちがいいの?

都会と田舎…子育てするならどっちがいいの?

今お子さんがいる方、将来子どもをつくる予定の方なら、一度は「子育ては都会と田舎、どちらでした方がいいのか」と考えたことがあるのではないでしょうか。育つ環境は子どもの人格形成に大きく影響するポイントのため、頭を悩ませている方も多いでしょう。そこで今回は、都会での子育てと田舎での子育て、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。ぜひ今後の人生設計の参考にしてみてください。
TUNAGARI編集部 | 1,010 view
出産の前に準備しておきたいものとは?

出産の前に準備しておきたいものとは?

赤ちゃんが産まれた直後はママも家族も大変。新生児の子育てに必要なグッズは、出産の前にできるだけ準備しておきましょう。ここでは、出産前に済ませておきたい準備についてまとめました。
TUNAGARI編集部 | 314 view
子供が学校で問題行動を起こしたときの対処法

子供が学校で問題行動を起こしたときの対処法

学校に通う子供がいる家庭で、恐れているものといえば「学校からの呼び出し」でしょう。教師から電話があると、動揺してどう対応すれば良いのか分からなくなってしまう人も多いかもしれません。もし子供が学校で問題を起こしたとしたら、親はどんな対応をすればいいのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 710 view
婚活で玉の輿を狙うなら「茶道」を習うのが近道?

婚活で玉の輿を狙うなら「茶道」を習うのが近道?

「お金持ちと結婚して優雅に暮らしたい……」そんな願いをかなえるためには、セレブ男性との出会いと、その生活水準に釣り合うための教養が必要不可欠です。茶道を習えば日常生活での作法が自然と身に付くほか、お茶会に参加することでセレブ男性との出会いを手繰り寄せることができるかもしれません。
TUNAGARI編集部 | 1,836 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部