5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年7月9日 更新

豪華な副賞も!ご当地のミス○○を目指してみない?

「人前に立つのが好き」「女性アイドルのオーディションを受けにいこうか真剣に悩んだことがある」「今しかできない経験がしたい」という方は、地域のイベントで活躍するミス○○に立候補してみてはいかがでしょうか?ミス○○になれば、地域の顔として活動するうちに運命の出会いを掴めるかも……?

305 view お気に入り 0

自分磨きのきっかけに!ミス○○に応募するメリット

今回紹介する「ご当地のミス○○」とは、自治体や商工会議所で組織される○○まつり実行委員会が「地元のPR役」にふさわしい独身女性を選んだコンテストの受賞者のこと。夏まつりや地域の名前が冠されるミス○○は、日本全国のまつりの数だけ存在するといっても過言ではなく、応募条件を満たしていれば誰もが気軽に応募できる、身近なミスコンです。

ミス○○の審査では、容姿のほか、聡明さや地域に対する熱意によって応募者の優劣がつけられ、グランプリと準グランプリ合わせて毎年3~6人ほどの女性が選ばれます。つまり、ミス○○という肩書きは、第三者から「聡明な美人」であるというお墨付きを得たことと同義であり、その経験は女性が人生を歩んでいくうえで、大きな自信となるはずです。もしミスに選ばれなくても、自分の外見に気を遣った経験が、女性としての魅力の向上につながるでしょう。

また、ミス○○に選ばれると、賞金や商品券などの副賞がもらえるのも嬉しいポイントです。あくまでも一例ですが、ミス浜松に選ばれると、ハワイ5日間の旅行ペアチケットや、ホテルのスイートルームのペア宿泊券がもらえます。また、新潟県加茂市の「ミス雪椿クイーン」には、賞金20万円に加えて、特産品である「加茂総桐タンス」の贈呈も。ご当地のミスコンに参加することは、自分磨きをしながら、豪華な副賞をゲットできる大きなチャンスなのです。

ミス○○の年間の活動内容とは?

ミス○○の活動期間は入賞日から一年が基本。年間を通して県内外で行われる観光行事等に参加し、地域の魅力をアピールすることもミス○○の大切な仕事です。パレードで沿道に手を振ったり、姉妹都市との交流行事に参加したりと活動内容は多岐にわたりますが、その活動を全うするためには、地域の魅力を正しく理解することが必要になるでしょう。

たとえば、山形花笠まつり実行委員会が募集する「ミス花笠」は、選考後に花笠踊りのレッスンを受ける必要があります。ミス花笠としての活動は、平日・休日問わず年間10件程度ありますが、そのすべてに参加することが応募条件に含まれています。

あなたにピッタリのミス○○の見つけ方

ミス○○に選ばれると、その地域の男性から憧れのまなざしを向けられる機会が多くなります。自然と出会いの機会も多くなりますが、恋人募集中なら、活動頻度の高いミス○○に応募して、積極的に役所や商工会議所の関係者と交流を深めるのが吉。また、ミスターとミスを同時募集するコンテストなら、同世代のイケメンと出会える確率もアップするでしょう。

ミス○○への応募を周囲に知られるのが恥ずかしいという方は、応募者の居住地域を限定しないコンテストを探して、家や職場から少し離れた場所のミス○○を目指しましょう。また、過去には「マスク美人コンテスト」など、顔を出さずに応募できるユニークなミスコンも開催されていました。ぜひ自分にピッタリのテーマを見つけて、上位入賞を狙ってくださいね。

絶世の美女じゃなくても挑戦の価値あり!

ご当地ミスコンの参加資格は「18歳以上の未婚女性」そして「○○市に在住、または通勤・通学している」の2つが挙げられているのが一般的です。ほかにも、芸能事務所との契約がなく、同種コンテスト等での入賞経験がないことを条件とする場合もあります。ご当地ミスコンなら、応募者のレベルが同等に揃うので、自分自身を「取り立てて美人ではない」と謙遜する人も入賞が狙えるでしょう。今年は自分磨きの一環としてご当地ミスコンに応募してみては?
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

恋愛したいなら「話しかけやすい女性」を目指せ!

恋愛したいなら「話しかけやすい女性」を目指せ!

勇気を出して参加した婚活パーティーや、友達に誘われて行ったバーベキューなどで初対面の異性に囲まれると、緊張でついオドオドしてしまいますよね。しかし、そういった出会いの場でスマホをいじったり、ひたすら料理を食べたりしているだけでは恋愛のチャンスを逃してしまいます。恋愛を楽しみたいなら、まず男性が「話しかけやすい女性」を目指しましょう!
TUNAGARI編集部 | 613 view
夏の婚活で相手の“本性”を見極められる?

夏の婚活で相手の“本性”を見極められる?

ついに平成最後の夏がやってきました。「平成のうちになんとかゴールイン(結婚)したい……!」とひそかに野心を燃やしている方も少なくないのではないのでしょうか。ただし、婚活に焦りは禁物!一生を共にする相手ですから、勢いだけで乗り切らずじっくりと相手を見極める必要があります。そんな婚活においては、この“夏”という季節が相手選びの意外なアシストをしてくれる可能性があります。一体どういうことなのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 238 view
帰省は恋が芽生えるチャンス!お盆に出会いを見つけよう

帰省は恋が芽生えるチャンス!お盆に出会いを見つけよう

地方から東京や大阪などの都会に出てきているのであれば、これからお盆にかけて帰省するという人が多くなるのではないでしょうか。故郷への帰省は身も心も休まるものですが、恋愛においてもチャンスが眠っている可能性があります。もしも良い恋愛を探しているようなら、チャンスは逃さないようにしましょう。
TUNAGARI編集部 | 169 view
ただの浪費になってない?できる女の自己投資

ただの浪費になってない?できる女の自己投資

自分磨きのための投資のつもりでも、活かせない資格を取得したり、目的のない旅行に行ったりするのはただの浪費になりがち。できる女は自己投資の仕方がうまいのです。せっかく稼いだお金を無駄なことには使いたくないですよね。今回はためになる自己投資をご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 234 view
婚活で狙うべきは長男?末っ子?一人っ子?

婚活で狙うべきは長男?末っ子?一人っ子?

一般に、性格形成に大きく影響すると言われているきょうだい構成。「末っ子ならこう」と必ず決まっているわけではありませんが、婚活で相手を見極める判断材料のひとつとしては有効です。婚活で狙うべきなのは、長男?末っ子?それとも一人っ子でしょうか?
TUNAGARI編集部 | 3,258 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部