5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
Keyword
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2019年6月9日 更新

婚活で敬語をやめるタイミングっていつ?

婚活をしていてふと気になるのが、「敬語のやめ時」。いつまでもお互いに敬語ではなかなか親近感を抱きにくいけれど、いきなりタメ口になるのも考えものですよね。婚活では、どのタイミングで敬語をやめるのが適切なのでしょうか?

1,525 view お気に入り 0

出会ってすぐにタメ口はNG!まずは距離を縮めて

婚活で知り合った人とは、最初の方はメッセージであっても対面であっても敬語でやり取りするのが一般的です。すぐにタメ口に切り替える人もいますが、親しくなる前のタメ口はあまり好印象を与えません。

たとえ向こうの方が年下であっても、相手が敬語を使ってくる限り、親しくなるまでは敬語が鉄則です。形から入るよりも、まずは距離を縮める努力を重ねましょう。

慣れてきたら敬語にタメ口を混ぜてみよう

とはいえ、「親しくなった」という状態がどんなものかは実際のところわかりにくいもの。距離感を計るのにおすすめなのが、会話の中で敬語にタメ口を混ぜてみる話し方です。

「〇〇が好きなんですね。私と一緒だ!」というようにちょっぴりタメ口を混ぜてみて、相手の反応を伺いましょう。相手もタメ口を混ぜて返してくれば、親密になりつつあるサインと言えるでしょう。

「敬語をやめてもいいですか?」と直接聞くのが◎

タメ口を混ぜた喋り方で相手が同じように返してくれても、いきなり完全に切り替えるのはNG。「もっと仲良くなりたいので、敬語をやめてもいいですか?」と直接相手に確認しましょう。それなりの関係ができていれば、相手も快くOKしてくれるはずです。

自分から提案するのが苦手なら……

もし自分から「敬語をやめませんか」と提案することに抵抗があるのなら、会話が弾んだタイミングでさりげなくタメ口を使い、「あ、ついタメ口になっちゃった。ごめんなさい」と言ってみて。きっと向こうから「大丈夫ですよ。もう敬語使うのやめましょうか」と提案してくれるでしょう。

タメ口への切り替えでグッと親密に

敬語からタメ口にうまく切り替えられれば、相手との距離はぐっと縮まります。最初からタメ口を使うと馴れ馴れしい印象を与えてしまうので、まずは敬語を使い、徐々にタメ口を混ぜていくこと、相手に了承を取ってから完全に切り替えることがポイント。婚活での話し方に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「婚活をしている」と周囲に相談すべき?秘密にすべき?

「婚活をしている」と周囲に相談すべき?秘密にすべき?

婚活を現在続けている人のなかには、婚活中であることを周囲に相談するべきかどうかで悩んでいる人もいるでしょう。婚活中であることを相談するのと秘密にするのでは、いったいどちらの方がメリットを得られるのでしょうか。それぞれのポイントについてご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 623 view
婚活にはパンツスタイルで参加しても大丈夫?

婚活にはパンツスタイルで参加しても大丈夫?

「婚活ではスカートを履いて女性らしさをアピールしよう」と言われることが多いのは事実ですが、パンツスタイルは絶対にNGなのでしょうか?ここでは、パンツスタイルで婚活に参加する是非についてご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 484 view
香りで男性を魅了しよう♡婚活にぴったりの香水の使い方&選び方

香りで男性を魅了しよう♡婚活にぴったりの香水の使い方&選び方

「香り」は女性らしい魅力をアピールしたいとき、自分を相手の記憶に残したいときに大きな役割を果たします。婚活で相手に自分を印象付けたいなら、香水を上手に使うのがポイント。ここでは婚活での香水の効果的な使い方・選び方をご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 659 view
カフェやコーヒー好きな婚活男性とどこで出会える?

カフェやコーヒー好きな婚活男性とどこで出会える?

付き合うならば趣味や好みが合う人がいいというのは誰もが思うことでしょう。では、カフェやコーヒーが好きな人と出会いたい場合は、どのような場所で出会いを探せば良いのでしょうか。今回は、カフェ・コーヒー好きな男性との出会いについて考えていきましょう。
TUNAGARI編集部 | 714 view
実はねらい目!?農業婚活はいかが?

実はねらい目!?農業婚活はいかが?

農作業を通して婚活を行う農業婚活(通称:農コン)は、近年「実はねらい目」と話題になっています。そこで今回は、農コンの内容やねらい目だといわれる理由について紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 538 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部