5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年11月3日 更新

手フェチ男性をオトす!冬のハンドケア入門

秋冬は空気の乾燥で、お肌がダメージを受けやすい季節。常に外気に触れている手は、特にひび割れやカサつきが気になる箇所です。そこで今回は、寒い時期に実践したいハンドケアの方法をご紹介。指先まで行き届いたケアで、手フェチ男性をドキッとさせましょう!

326 view お気に入り 0

やってはいけない!冬の手洗い習慣

風邪やインフルエンザが流行る冬には、「うがい、手洗い」の習慣が欠かせません。ばい菌やウイルスから身を守るには、ハンドソープを使ってしっかりと手を洗わなくてはなりませんが、水道水が冷たい冬は、ついつい熱めのお湯で手を洗ってしまいがちです。

人間の肌には皮脂の膜がありますが、皮脂は高い温度で溶けやすいので、お湯で手を洗うと手が乾燥してしまいます。手は水とハンドソープで洗うことを基本として、洗った後はすぐにタオルでふき取りましょう。また、過剰な手洗いは皮脂膜のバリア機能を低下させ、悪玉菌を増殖させたり、手荒れの原因になったりすることも。冬場はウエットティッシュやアルコールジェルなどを併用して、風邪対策、乾燥対策を両立しましょう。

ハンドクリームはいつ付け直すのが正解?

乾燥対策のためには、ハンドクリームを塗って手指を保護するのが有効です。指先から第一関節くらいまでの量をとったら、クリームが角質層までしっかりと浸透するよう手によくすりこみましょう。ハンドクリームを塗り直すタイミングは、手を洗った直後がベスト。手荒れがひどいときは、手洗い後に限らず気づいたときに塗り直しましょう。

仕事や家事でクリームをこまめに塗り直すのが難しい方には、寝ている間の集中ケアがおすすめ。入浴後、手をマッサージしながらハンドクリームを塗りこめば、手先の血行が促進され、手荒れの原因のひとつである手の冷えを予防できます。寝るときは、綿素材の手袋をはめて水分の蒸発を徹底的に防ぎましょう。

爪の乾燥にも注意

冬は肌と同じように、爪も乾燥によるダメージを受けています。爪の水分が失われていると、爪切りの衝撃だけで爪が割れてしまうことも。冬は、爪が柔らかくなっているお風呂上がりに爪を切って、爪が割れたり、二枚に剥がれたりするのを防ぎましょう。

また、ネイルをしていると気づきにくいのですが、指と爪の間や、爪の裏は見えない汚れが溜まりやすい箇所です。風邪やインフルエンザの予防のために、意識してよく洗いましょう。手のひらの上にハンドソープの泡を乗せたら、反対側の手の指先を揃え、泡の上で円を描くように洗うと、爪の裏の汚れもしっかり落とせますよ。

美人は指先から

今回は手洗いの方法やハンドクリームの塗り方をご紹介しましたが、乾燥対策だけがハンドケアではありません。ムダ毛処理がおろそかになりがちな冬は、指の毛もほったらかしてしまいがち。週に1度は指毛を剃って、きれいな手を保ちましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

湿度が高い梅雨も大事な肌の保湿!インナードライに注意!

湿度が高い梅雨も大事な肌の保湿!インナードライに注意!

梅雨は湿度も高く肌の乾燥とは無縁の季節のように感じるかもしれませんが、決してそうではありません。湿度が高くなる梅雨から夏にかけては、肌のインナードライに注意する必要があります。では、インナードライとはどういったものなのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 73 view
美容液って必要?何のために使うの?

美容液って必要?何のために使うの?

スキンケアの基本は洗顔後に化粧水+乳液での保湿ケアです。中には、化粧水や乳液に加えて美容液を使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、皆さんは美容液の効果や使い方などをちゃんと知っていますか?「美容ってついているから、肌にいいんだろう」という思いで使っている方も少なくないはず。今回は、美容液の効果や使い方などをご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 312 view
花粉症で顔がかゆい!そんなときの肌の手入れって?

花粉症で顔がかゆい!そんなときの肌の手入れって?

花粉症の季節がやってきて、「なんだか最近顔がかゆい……」という人はいませんか?もしかするとそれは「花粉症皮膚炎」かもしれません。花粉症は鼻水や目がかゆいなどのトラブルを想像しがちですが、実はお肌に症状が出ることも多いんです!花粉症皮膚炎になってしまった場合、どんなお手入れをすればよいのかご紹介していきましょう。
TUNAGARI編集部 | 185 view
春の紫外線量はほぼ夏並み!?今から対策を始めよう!

春の紫外線量はほぼ夏並み!?今から対策を始めよう!

「春の紫外線量はほぼ夏並み」と聞いても、ポカポカな小春日和ではいまいちピンとこない人も多いのではないでしょうか。しかしこれは本当の話!紫外線の一種であるUVAは4~5月にかけて強くなり、シミの原因となるメラニン色素を増やしてしまいます。そのため、紫外線対策は夏になって始めても遅いのです。紫外線対策は早いうちから行っておかなければいけません。
TUNAGARI編集部 | 138 view
知らなきゃ恥!正しいテーブルマナー【和食編】

知らなきゃ恥!正しいテーブルマナー【和食編】

日本に生まれ育っていても、和食のときの正しいテーブルマナー(食事作法)をきちんと知らない人は決して少なくありません。「日本人なら自然に身に付いているはず。自分は特に意識していないけれど大丈夫」という思い込みで、あなたも知らない間に恥をかいているかも……?ぜひここで正しいマナーを確認し、格式高い場所でも恥ずかしくない振る舞いを身に付けておきましょう。
TUNAGARI編集部 | 356 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部