5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2017年1月26日 更新

取引先の素敵な彼と恋愛したい!出会いを恋愛にする方法

取引先の人と恋愛をしたいと思っても、なかなか出会いをつくることも恋愛に発展させることも難しいですよね。でも、取引先の男性との恋愛は全くチャンスが無いわけではないのです。では、どうやって出会いをつくって恋愛に発展させていけば良いのでしょうか?

1,303 view お気に入り 0

接触頻度を増やしましょう

人は印象で相手を判断します。会うたびに笑顔で感じの良い挨拶をするのはもちろんの事、彼がオフィスに来るときは進んで顔を合わせるようにしましょう。
何度も笑顔で感じの良い挨拶をすることで、相手に感じの良い素敵な人だなと思って貰えやすくなりますし、心理学の「単純接触効果」という効果を繰り返すことで相手が好きになることも期待できます。
ですので、好印象を与え何度も接触することで彼の好感度を上げていきましょう。

お昼は誘いやすいタイミング

お昼は彼を誘うのにとても誘いやすいタイミングです。社内の人とも一緒にランチに行く感覚で彼を気軽にランチに誘ってみましょう。
一人で誘うのが難しい場合は、まずは何人かで一緒に行くのもおすすめ。
そして、回数を重ねたら2人でランチに出かけましょう。
気軽にランチに誘い、何度か一緒に行っていればどんどん仲良くなっていけるはずです。

彼から誘ってもらえるようにしましょう

こちらから積極的に誘うのではなく、相手から誘ってもらえるようにしましょう。
いつもあなたから誘ってしまうと、恋愛感情を持っていることを感じられて、彼から避けられてしまい関係性が壊れてしまうことも。共通のお店の話題や、行ってみたいところの話題などを出して「行ってみたい」ことを話題にしてみたり、ご飯を食べる時間に「お腹すきましたね~。何か食べました?」と言ったりすることで、相手も自然に誘いやすくなります。
相手から誘ってもらえるように、誘いやすい話題をすることが大切です。

まとめ

取引先の方との恋愛は社内恋愛よりも色々なハードルがあります。そして、恋愛にしていくのも少し工夫が必要になります。それを分かりつつ彼との恋愛を進めていきましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の出会いはリゾートバイトにあり!?

夏の出会いはリゾートバイトにあり!?

夏休みなどを利用し、期間限定で行うリゾートバイト。実は、まとまったお金を稼げるだけでなく、異性との出会いも期待できる絶好の機会なんです♪そんなリゾートバイトの魅力と出会いが多い理由、出会いが多いバイト先の選び方をご紹介します!
TUNAGARI編集部 | 40 view
夏の恋は魔法か幻か……サマーマジックに気を付けて!

夏の恋は魔法か幻か……サマーマジックに気を付けて!

「ひと夏の恋」という言葉もある通り、夏は恋が一気に燃え上がり、すぐに消えてしまう儚い季節。その理由はどうやら、夏のシチュエーションが相手を実際以上に魅力的に見せる「サマーマジック」にあるようです。夏限りで終わる恋で時間を無駄にしないためには、一体どうすればいいのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 94 view
幼馴染が恋愛相手になる可能性ってある?

幼馴染が恋愛相手になる可能性ってある?

なかなか出会いが見つからないと嘆いている方は多いかもしれませんが、「灯台下暗し」ということわざがあるように、運命の相手は意外と身近にいるかもしれません。たとえば、幼馴染。漫画やアニメでは幼馴染から恋愛に発展するケースはよく見ますが、実際のところはどうなのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 132 view
出会った人は「運命の人」かも?出会いを恋愛につなげるための行動とは?

出会った人は「運命の人」かも?出会いを恋愛につなげるための行動とは?

せっかく出会いがあったとしても、それを恋愛につなげることができなければ意味がありません。では、出会いを恋愛につなげるには一体どのような行動をする必要があるのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 1,416 view
フェスは出会いの場!?ゴールデンウィークはフェスへGO!

フェスは出会いの場!?ゴールデンウィークはフェスへGO!

音楽フェスは音楽好きが盛り上がる場であると同時に、出会いの場ともいわれています。出会いを求めているのであれば、今年のゴールデンウィークはフェスに出かけてみてはいかがでしょうか?そこで今回は、フェスでの出会い方やゴールデンウィークに開催されるフェスの情報などをご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 262 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部