5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2017年1月26日 更新

取引先の素敵な彼と恋愛したい!出会いを恋愛にする方法

取引先の人と恋愛をしたいと思っても、なかなか出会いをつくることも恋愛に発展させることも難しいですよね。でも、取引先の男性との恋愛は全くチャンスが無いわけではないのです。では、どうやって出会いをつくって恋愛に発展させていけば良いのでしょうか?

1,120 view お気に入り 0

接触頻度を増やしましょう

人は印象で相手を判断します。会うたびに笑顔で感じの良い挨拶をするのはもちろんの事、彼がオフィスに来るときは進んで顔を合わせるようにしましょう。
何度も笑顔で感じの良い挨拶をすることで、相手に感じの良い素敵な人だなと思って貰えやすくなりますし、心理学の「単純接触効果」という効果を繰り返すことで相手が好きになることも期待できます。
ですので、好印象を与え何度も接触することで彼の好感度を上げていきましょう。

お昼は誘いやすいタイミング

お昼は彼を誘うのにとても誘いやすいタイミングです。社内の人とも一緒にランチに行く感覚で彼を気軽にランチに誘ってみましょう。
一人で誘うのが難しい場合は、まずは何人かで一緒に行くのもおすすめ。
そして、回数を重ねたら2人でランチに出かけましょう。
気軽にランチに誘い、何度か一緒に行っていればどんどん仲良くなっていけるはずです。

彼から誘ってもらえるようにしましょう

こちらから積極的に誘うのではなく、相手から誘ってもらえるようにしましょう。
いつもあなたから誘ってしまうと、恋愛感情を持っていることを感じられて、彼から避けられてしまい関係性が壊れてしまうことも。共通のお店の話題や、行ってみたいところの話題などを出して「行ってみたい」ことを話題にしてみたり、ご飯を食べる時間に「お腹すきましたね~。何か食べました?」と言ったりすることで、相手も自然に誘いやすくなります。
相手から誘ってもらえるように、誘いやすい話題をすることが大切です。

まとめ

取引先の方との恋愛は社内恋愛よりも色々なハードルがあります。そして、恋愛にしていくのも少し工夫が必要になります。それを分かりつつ彼との恋愛を進めていきましょう!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

動くなら今でしょ!寒い季節が「出会い」に向いている理由

動くなら今でしょ!寒い季節が「出会い」に向いている理由

日々素敵な出会いを探し求めている人は多いはず。そんな人たちにとって、これからの寒い時期は勝負どころであり、積極的に動くとしたら「今」なのは間違いありません。なぜなら、冬は出会いを得るのになにかと好都合な季節だからです。その理由について、これから説明していきます。
TUNAGARI編集部 | 60 view
女性からの逆ナンが成功しやすいスポットって?

女性からの逆ナンが成功しやすいスポットって?

女性から男性に声をかける逆ナン。自分にはハードルが高い!と考えている女性も多いかもしれませんが、場所や方法を選べば、できる限り自然な流れで初対面の男性と話すきっかけを作ることができます。新しい恋を始めたいなら、これから紹介するスポットでタイプの男性に声をかけてみましょう!
TUNAGARI編集部 | 64 view
気付けばアラサー!20代のうちに結婚するには?

気付けばアラサー!20代のうちに結婚するには?

「結婚したいけれど良縁に恵まれない」というアラサー女性は多いもの。実は、ゴールインのためには、NG行動・心がけたい行動がありました。20代のうちに結婚したいなら、ぜひチェックしてみましょう。
TUNAGARI編集部 | 114 view
出会いを引き寄せる髪型&メイクとは!

出会いを引き寄せる髪型&メイクとは!

「なかなかいい出会いがない!」とお悩みの方はいませんか?もしかしたら、いい出会いがない原因は髪型やメイクにもあるのかもしれません。では、出会いを引き寄せるためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。今回は、“出会いを引き寄せる”といわれているヘアスタイルやメイクを学んでみましょう。
TUNAGARI編集部 | 200 view
年末年始がチャンス!「再会恋愛」をつかむには?

年末年始がチャンス!「再会恋愛」をつかむには?

同級生や昔の同僚など、久々に会った人と恋愛に発展する「再会恋愛」。多くの人が地元に帰省する年末年始は、そのチャンスをつかむ絶好のチャンスです!今回は、恋愛のターゲットとなる知り合いと再会し、デートの約束を取り付けるために実践したい行動をご紹介します。
TUNAGARI編集部 | 57 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部