5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年10月6日 更新

意外と大切!?知っておきたい離婚のときの慰謝料のコト

よくテレビなどで耳にする離婚の際の慰謝料。知っていても実際にその内容を知っているという方は少ないのではないでしょうか。もちろん慰謝料を請求する・されるようなことが起こらないのが一番ですが、いざというときのために慰謝料について知っておいても損はありません。今回は離婚の慰謝料の基本をご紹介します。

611 view お気に入り 0

離婚慰謝料請求の金額は平均200~300万円

慰謝料には明確な基準がなく、離婚原因となった責任の重さや婚姻期間によって金額は増減します。責任が重度であり婚姻期間が長いほど相場の金額は高くなりますが、一般的な平均請求額は200~300万円ほどになるといわれています。夫婦間で話し合いを行う協議離婚では相場以上の金額を請求することも可能ですが、あまりに法外な金額を請求する場合はその根拠を示す必要があるでしょう。

責任の程度は主に「精神的な苦痛の程度」「金銭的な苦痛の程度」「生活力の低さ」などの要素によって測られることになります。また不貞行為の回数や頻度なども責任の程度を測るうえで重要な要素となります。

離婚慰謝料が請求できる場合・できない場合

離婚するからといって必ずしも慰謝料が請求できるとは限りません。もちろん、不当に慰謝料を請求したり過剰な利益を得たりすることもできません。では、慰謝料を請求できる場合とできない場合を見ていきましょう。

慰謝料を請求できる

・相手が浮気・不倫など不貞行為をしていた
・理由なく同居を拒否している
・健康にもかかわらず働かない
・暴力
・生活費を渡さない
・性交渉の拒否・不能

慰謝料を請求できない

・性格の不一致
・重度の精神障害
・お互いに責任がある場合
・信仰上の問題
・有責行為がない
・すでに夫婦関係が破綻している
・財産分与がすでに行われている(場合によって請求可)

離婚慰謝料の増減は何によって決まる?

慰謝料は以下のポイントによって増減していきます。

・婚姻期間の長さ
婚姻期間が長いほど精神的な苦痛が大きいとされ、慰謝料が高額になる場合が多くなります。目安としては5年以下が短期間、6~10年以下が中期間、10年以上が長期間といわれています。

・離婚前の生活の状況
離婚前の夫婦関係が円満であるほど、夫婦関係へ与えたダメージが大きいとみなされ慰謝料が高くなる傾向にあります。逆に夫婦関係がよくなかった場合は減額されることや、冷え切っていた場合には慰謝料請求が認められない可能性もある点に注意が必要です。

・請求側に問題はないか
請求する側の落ち度の有無も、慰謝料の金額を上下させる要素となります。慰謝料請求する側が浮気をしていたりDVをしていたりする場合は、慰謝料減額の要因となるでしょう。

・頻度や期間
慰謝料請求の原因となる行為の頻度・回数・期間などによって慰謝料の金額も変わってきます。もし一度きりであった場合、「故意ではなかった」と判断されるケースもあります。

・相手の社会的地位
相手の社会的地位や収入などが高い場合は、慰謝料の金額も高くなることが考えられます。慰謝料が低すぎると社会的に許されてしまう、再発の可能性があるためです。

・約束を破っていないか
以前に離婚やDVをしないと約束していたにも関わらず、約束を破って再び不法行為が行われた場合、悪質であると判断され慰謝料の増額要素となるでしょう。

・子供の有無
子どもの有無・人数も慰謝料の金額を変動させる要素となります。

・子供への影響
子供がいる前でDVを行う、育児を放棄して不貞行為を行うなど、子どもへの悪影響を与えるものとして認められた場合は慰謝料が増額される傾向にあります。これは慰謝料だけでなく親権にも関わってくる問題です。

慰謝料について知っておいても損はない……かも?

もちろん慰謝料の話などは出ないに越したことはありませんが、いつ何が起こるかは誰も知ることができません。いざというときに困ってしまうことがないように、少しだけでも知識を入れておいても損ではないのかもしれません。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

離婚の際に慰謝料を請求するにはどうしたらいい?

離婚の際に慰謝料を請求するにはどうしたらいい?

もし離婚になったら……。あまり考えたくないことですが、そうなってしまった時にはその後の生活なども考えなければいけません。その際に重要となってくることの一つが慰謝料です。ただ、その慰謝料について詳しいという人も多くないはず。そこで今回は慰謝料の請求方法などについてご紹介していきます。
TUNAGARI編集部 | 40 view
離婚率が上がる?夫が単身赴任になったときの乗り切り方

離婚率が上がる?夫が単身赴任になったときの乗り切り方

平穏な夫婦生活を送っていたある日、夫が人事異動などを理由に単身赴任となってしまう可能性はゼロではありません。夫が単身赴任となった夫婦は、離婚の確率が上がるともいわれています。では、これまで通り仲のいい夫婦であるためには、どのようなコツがいるのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 247 view
結婚を意識したら。結婚前に確認・注意するべき4つのこと

結婚を意識したら。結婚前に確認・注意するべき4つのこと

今や離婚するカップルは3組に1組という時代。結婚前に確認すべきことを確認しなかったために、こんなはずじゃなかった!と離婚につながることもあるものです。そのようなことを避けるために、結婚前に確認しておきたいことや注意点をまとめてみました。
TUNAGARI編集部 | 1,669 view
結婚生活ってお金がかかる!自分たちに何が必要か見極めましょう

結婚生活ってお金がかかる!自分たちに何が必要か見極めましょう

結婚式をするだけで新婚生活が始まるわけではありません。2人で暮らすために準備することはいろいろあります。結婚して新しい生活を始めるとしたら、一体何を準備して、どれくらいのお金が必要になるのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 749 view
将来貧乏にならないために……夫婦でしておきたいお金の話

将来貧乏にならないために……夫婦でしておきたいお金の話

夫婦でいつまでも幸せに暮らすためには、愛だけでなくそれなりのお金も必要となります。夫婦という関係であっても中々お金の話はしづらいものですが、将来貧乏とならないためにも話は必ずしておき、さまざまな決めごとをしておいた方がいいでしょう。
TUNAGARI編集部 | 106 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部