5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア
tunagari.infoTUNAGARI〜つながり、はじまる〜 5分ですぐに試したくなる、心地よい男女関係をキズクための情報メディア☆
2018年6月2日 更新

男を魅了する「ミステリアスな女性」って?

「つかもうとしてもつかみきれない」そんなミステリアス感あふれる女性に惹かれる男性は少なくないようです。一体ミステリアスな女性とは、どのような人のことを指すのでしょうか。今回は「ミステリアスな女性」の魅力と、その特徴に迫りたいと思います。

15,393 view お気に入り 0

ミステリアスな女性の特徴とは?

自分のスタイルを持っている

ミステリアスな女性は、髪形・メイク・服装など流行に飛びつくのではなく、センスの良い自分に似合ったスタイルを持っている方が多いです。「自分の世界観を持っている」「流行は気にしていない」といった雰囲気が、ミステリアスさを醸し出すのかもしれません。

多くを語らない

自分のプライベートなことなど多くを語らず、聞き手にまわるのもミステリアスな女性の特徴です。自分のことをあまり明かさず生活感の感じられない雰囲気が、ミステリアスさに繋がるといえます。

群れて行動しない

適度に話したり付き合いがあったりはするものの、あまり群れて行動することがないのもミステリアスな女性の特徴の一つ。やりたいこと・行きたいところがあれば、一人でも行動できる。そんな捉えどころのない謎めいた部分が、人にはミステリアスに映るのかもしれません。

男性はミステリアスな女性のどこに魅力を感じる?

もっと知りたくなる!

多くを語らず謎が多いミステリアスな女性に、男性は好奇心をくすぐられるようです。「もっとこの人について知りたい」という思いを掻き立てられることが、男性からすると魅力的に感じられるのかもしれません。

知的な雰囲気

何を考えているのかわからないところや、自分のスタイルを持っているミステリアスな女性に、知的さを感じる男性は少なくありません。「自分の知らないことを知っているかも」という独特な雰囲気が、魅力の一つといえるでしょう。

ギャップを多く感じる

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の婚活で相手の“本性”を見極められる?

夏の婚活で相手の“本性”を見極められる?

ついに平成最後の夏がやってきました。「平成のうちになんとかゴールイン(結婚)したい……!」とひそかに野心を燃やしている方も少なくないのではないのでしょうか。ただし、婚活に焦りは禁物!一生を共にする相手ですから、勢いだけで乗り切らずじっくりと相手を見極める必要があります。そんな婚活においては、この“夏”という季節が相手選びの意外なアシストをしてくれる可能性があります。一体どういうことなのでしょうか?
TUNAGARI編集部 | 238 view
豪華な副賞も!ご当地のミス○○を目指してみない?

豪華な副賞も!ご当地のミス○○を目指してみない?

「人前に立つのが好き」「女性アイドルのオーディションを受けにいこうか真剣に悩んだことがある」「今しかできない経験がしたい」という方は、地域のイベントで活躍するミス○○に立候補してみてはいかがでしょうか?ミス○○になれば、地域の顔として活動するうちに運命の出会いを掴めるかも……?
TUNAGARI編集部 | 305 view
婚活で狙うべきは長男?末っ子?一人っ子?

婚活で狙うべきは長男?末っ子?一人っ子?

一般に、性格形成に大きく影響すると言われているきょうだい構成。「末っ子ならこう」と必ず決まっているわけではありませんが、婚活で相手を見極める判断材料のひとつとしては有効です。婚活で狙うべきなのは、長男?末っ子?それとも一人っ子でしょうか?
TUNAGARI編集部 | 3,257 view
男性が思う「性格美人」って?

男性が思う「性格美人」って?

みなさんの周りに「性格美人」を連想させる女性はいますか?性格美人は男性のみならず同性からも人気ですよね。そんな性格美人にはある共通点がありました。「現実的に付き合うならこういう女性がいい!」と男性が望む女性の特徴をみていきましょう!
TUNAGARI編集部 | 10,070 view
自分と価値観の違う相手に出会ったら……

自分と価値観の違う相手に出会ったら……

なかなか良い出会いを見つけるのが難しい世の中で、ようやく見つけた好みの男性。しかし、恋人になるため関係を深めていくにつれ「あれっ、価値観が合わないな」と感じてしまうケースは割とよくあるパターンです。そんなときは、いったいどうするのが正解なのでしょうか。
TUNAGARI編集部 | 1,051 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TUNAGARI編集部 TUNAGARI編集部